Amsssuly3mgespzlrw0g

効果

CATEGORY | 効果

涙袋はワセリンで作れる?効果・作り方を解説!【マッサージ・筋トレ】

2018.10.09

涙袋のあるぷっくりとした目元は魅力的ですよね。そんな涙袋はワセリンを使ってマッサージや筋トレをすれば作れるって、知ってましたか?そこで、今回は涙袋のさまざまな作り方の中でも、特にワセリンを使った効果的な作り方ややり方を解説します。

  1. 涙袋の効果
  2. 涙袋はワセリンを使ってマッサージや筋トレをすれば作れる!
  3. 涙袋作りで使うワセリンはプロペトタイプがおすすめ
  4. 涙袋をワセリンを使って作るマッサージのやり方①おでこのマッサージ
  5. 涙袋をワセリンを使って作るマッサージのやり方②こめかみのマッサージ
  6. 涙袋をワセリンを使って作るマッサージのやり方③両目のマッサージ
  7. 涙袋をワセリンを使ったトレーニングで作る
  8. 涙袋をワセリンを使って作るトレーニング方法①ピースサイントレーニング
  9. 涙袋をワセリンを使って作るトレーニング方法②下のまぶたでまばたき
  10. ウィンクで涙袋を作る
  11. まとめ
引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/mst_2796210_151564343120180111130351_cpd.jpg
下のまつげの根元にできる涙袋は、目を大きく見せる効果があります。また、ぷっくりとした涙袋があることによって顔に立体感が出て小顔に見せる効果もあります。
引用: https://bbt-media.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_24e/bbt-media/E383A2E38386E3828BE5A5B34.jpg
涙袋はアイシャドウやアイブロウなどを使ってメイクでも作ることができますが、最も効果的なやり方がワセリンを使ってマッサージや筋トレをする方法です。では、作り方を解説していきます。
引用: https://image.mamapress.jp/wp-content/uploads/2015/05/37125-600x400.jpg
涙袋は、ワセリンを使って目の周りをマッサージや筋トレをすれば作ることができます。涙袋を作るときに使うワセリンは、プロペトタイプがおすすめです。プロペトタイプのワセリンは、不純物が含まれていないので目の周りに塗っても安全だからです。
引用: https://antiaging.akicomp.com/wp-content/uploads/2013/10/pixta_%E3%81%8A%E3%81%A7%E3%81%93%E3%81%AE%E6%A8%AA%E3%81%97%E3%82%8F.jpg
涙袋マッサージを行うときには、指にワセリンを塗って行います。皮膚が傷つかないように滑らかにマッサージできるからです。
涙袋マッサージは、おでこから始めます。人差し指と中指、薬指を使って優しく、大きな円を描くようにマッサージをしてください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS7V3jtqFAvlqtQGBVd1kthMpHn318aJpGZhV3DHx5ZIhRYoUNn6w
次は、こめかみのマッサージです。やり方は、手のひら全体を使ってこめかみを上に持つ上げます。続いて上に持ち上げたまま左回りと右回りでそれぞれ3回ほどゆっくりと回しましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e6/e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_t.jpeg
最後に、両目をマッサージします。やり方は、両方の目を同時に強く閉じて5秒ほどキープします。続いて今度は強く見開いて5秒ほどキープ。このとき、目は正面を見ていてください。
①~③のマッサージを毎日10回程度繰り返していくと、涙袋ができてきます。個人差もありますが、1カ月程度で効果が出てくるようです。
引用: https://images.pexels.com/photos/160699/girl-dandelion-yellow-flowers-160699.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&h=650&w=940
涙袋は、まぶたを閉じたり開いたりするときに使う「眼輪筋」という筋肉の膨らみによってできます。ですから、眼輪筋を鍛えるトレーニングを行えば、ぷっくりとした涙袋を作ることができます。
引用: http://www.casaserrana.net/wp-content/uploads/2016/07/kansouhada62.jpg
まず、ワセリンを人差し指と中指のはらに塗り、両手でそれぞれピースサインを作ります。次に、指を内側に向けてピースサインのままそれぞれの目の両端を軽く押さえてください。中指は目頭の脇に、人差し指は目尻の脇に置きます。
続いて、指に少し力を入れながら両目を細めていってください。ポイントは、下のまぶたを持ち上げるようなイメージで行うこと。このとき、指に細かな震えが感じられたら眼輪筋が鍛えられている証拠です。
ピースサイントレーニングは、10回を1セットとし、毎日5セット程度続けていくことで眼輪筋が発達して涙袋を作ることができます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/37/3700ead70b47e264a0485545b354b7d2_t.jpeg
まず、人差し指か中指にワセリンを塗り、どちらかの指で両方の上まぶたを軽く上に持ち上げてキープします。
次に、上まぶたを軽く持ち上げたままで下まぶただけを使ってまばたきをしてください。
このトレーニングは、まばたき10回を1セットとして毎日2セット程度続けてください。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c0/c035a2710d321a816e2b8ba396cb622f_t.jpeg
涙袋は、ワセリンを使わずにウィンクだけで作ることもできます。やり方はとても簡単。右目と左のそれぞれを交互に力強くウィンクするだけです。ポイントは、頬の筋肉をなるべく使わず、下まぶたの筋肉だけを使ってウィンクすることです。
ウィンクの目安は、1日100回。慣れないうちは大変なので、無理をせずに可能な回数から始めましょう。大切なのは毎日続けて行うことです。回数は少しずつ増やしていけばいいのです。

関連記事

引用: https://ar-mag.jp/wp-content/uploads/2018/03/sghjhjkle.png
ワセリンを使った効果的な涙袋の作り方ややり方を解説してきました。ここでご紹介したマッサージや筋トレは、どこでも簡単にできるものばかりです。隙間時間をうまく活用してぷっくりかわいい涙袋を作ってください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520646738/ep9lnseudcxtzzzxtimk.jpg