Hnxgmwjo9hm1qqsdasyn

住宅

CATEGORY | 住宅

zero-cubeとはどんな住宅?価格や評判についてまとめ!

2018.11.07

人生における三大買い物のひとつに「住宅の購入」がありますが、CMでもお馴染みの「zero-cube」はどのようなものなのでしょうか。そこで今回は、オプションやさまざまな評判を比較しながら「zero-cubeの価格・評判」についてまとめています。

  1. 話題のzero-cubeはどのような家?
  2. zero-cube住宅の特徴とは?
  3. zero-cube住宅の特徴1:価格
  4. zero-cube住宅の特徴2:セミオーダー住宅
  5. zero-cube住宅の特徴3:見た目
  6. zero-cube住宅の特徴4:オプションでカスタマイズ
  7. zero-cube住宅の特徴5:間取り
  8. zero-cube住宅の特徴6:カラーが豊富
  9. zero-cube住宅の特徴7:家族の距離が近い
  10. zero-cube住宅の特徴8:素材を選べる
  11. zero-cube住宅の特徴9:お洒落な住宅
  12. +FUNというオプションがある
  13. zero-cubeのオプションと価格1:+BOX
  14. zero-cubeのオプションと価格2:+BOX2
  15. zero-cubeのオプションと価格3:+SKY BALCONY
  16. zero-cubeのオプションと価格4:+GARAGE
  17. zero-cubeのオプションと価格5:+PENT HOUSE
  18. zero-cubeの良い評判比較とは?
  19. zero-cubeの良い評判比較1:理想の家ができる
  20. zero-cubeの良い評判比較2:融通がききやすい
  21. zero-cubeの良い評判比較3:個性が出せる
  22. zero-cubeの良い評判比較4:お洒落で自慢したくなる
  23. zero-cubeの良い評判比較5:後からプラスできる
  24. zero-cubeの悪い評判比較とは?
  25. zero-cubeの悪い評判比較1:収納が少ない
  26. zero-cubeの悪い評判比較2:生活音が響く
  27. zero-cubeの悪い評判比較3:お洒落が追い付かない
  28. zero-cubeの悪い評判比較4:間取りを使いこなせない
  29. zero-cubeの悪い評判比較5:電気使いこなせない
  30. 選択肢として知っておいた方が良い!
「マイホーム」を持つということを人生の目標にしている方も少なくありませんが、やはり家を建てることは非常にお金がかかるため、人生の中でも大きな選択になります。その中で、最近人気があるのは、比較的低価格でお洒落な家を建てることができる「zero-cube」という住宅です。ここからはzero-cubeとはどんな住宅か紹介していきます。
マイホームを建てるときの価格の相場は3,000万円といわれており、ほとんどの方がローンを支払い家を購入します。金額が大きいため、人生の大半を使ってローンを返済していくため、「安くて良い家に住みたい」というのが本音です。その願いを叶えた家が「zero-cube」です。ここからはzero-cube住宅の特徴について紹介していきます。
まず始めのzero-cube住宅の特徴は「価格」です。zero-cubeのコンセプトは「1,000万円から始める家づくり」です。マイホームを1,000万円で建てることができるため、比較的低価格であり、ローン返済の負担も軽くなります。「マイホームを持つ」という夢を叶えやすくなったため人気があります。
そして続いてのzero-cube住宅の特徴は「セミオーダー住宅」です。zero-cubeはセミオーダーの住宅です。そのため、ある程度パッケージとして決まっていることは多いものの、その中で自分の好きなようにカスタマイズできます。意外にも全て自分で決められるフルオーダーは自分で決めにくいため、セミオーダーの方が人気があります。
そして続いてのzero-cube住宅の特徴は「見た目」です。zero-cubeの最大の特徴は見た目です。実際にzero-cubeの外観は正方形に近い四角形をしているため、均整の取れたデザインであり、非常にスタイリッシュです。衣・食・住の中でも最も重要な「住」にこだわりを持つ方が多いですが、zero-cubeの見た目は多くの人達が気に入っています。
そして続いてのzero-cube住宅の特徴は「オプションでカスタマイズ」です。セミオーダーであるzero-cubeは豊富なオプションを追加することで大幅なカスタマイズが可能です。オプションを使ったとしても平均的なマイホームよりは安くなるためお得感が高いです。
そして続いてのzero-cube住宅の特徴は「間取り」です。住宅の縦・横・高さは全て正方形になるように作られており、それに合わせた間取りになっています。実際に各部屋の作りも正方形になっており、自分で決めることができる間取りも設計しやすいです。
そして続いてのzero-cube住宅の特徴は「カラーが豊富」です。zero-cubeの特徴は自分で家の色を決めることができることです。実際にカラーを選んだ後に具体的にどのような外観になるかシミュレーションを行うことができ、カラーも豊富なため、自分好みの住宅を作ることができます。
そして続いてのzero-cube住宅の特徴は「家族の距離が近い」です。価格が価格なため、zero-cubeはそこまで広いというわけではありません。しかし、正方形を活用した間取りにより、無駄がなくなり、スペースを有効活用できます。スペースを有効活用しても狭いため、家族との距離を適切に保つことができます。
そして続いてのzero-cube住宅の特徴は「素材を選べる」です。オプションの内容になりますが、外壁やフローリングを天然素材にすることが可能です。健康に気を遣う方が増えてきているため、家族が住みやすい家を作るために、生活空間に天然素材を使えることは好評です。
そして続いてのzero-cube住宅の特徴は「お洒落な住宅」です。セミオーダーのデメリットは「大枠のデザインを自分で選べない」ということです。しかし、zero-cubeは外観がお洒落なため、「大枠のデザイン」を気に入る人が多く、zero-cubeの外観を気に入って購入する人がほとんどです。

関連記事

このようにzero-cubeは個性的な住宅ですが、お洒落で低価格なこともあり人気があります。また、人気の理由は先程にもあったように、ある程度決まったオプションを使うことで、ニーズに合わせてカスタマイズできることです。ここからはzero-cubeのオプションと価格について紹介していきます。
まず始めのzero-cubeのオプションと価格は「+BOX」です。このオプションは名前の通り「箱」、つまり1部屋追加できるものです。部屋が1つ追加になるだけでなく、外から入れるようにウッドデッキが付き、2階はルーフバルコニーとしてスペースを利用できます。価格は200万円になります。
そして続いてのzero-cubeのオプションと価格は「+BOX2」です。このオプションは2部屋追加になります。+BOXと同様にウッドデッキが付き、上下に2部屋追加されるため、ルーフバルコニーがなくなり、2階が拡張されるイメージです。オプション価格は300万円です。
そして続いてのzero-cubeのオプションと価格は「+SKY BALCONY」です。このオプションは名前の通り、屋上をテラススペースにするものです。ホームパティやBBQなどを簡単に行えるため人気があります。オプション価格は300万円です。
そして続いてのzero-cubeのオプションと価格は「+GARAGE」です。車を持っている人が必見なには、ガレージを作るオプションです。ガレージスペースの2階部分は屋上スペースとして活用できます。オプション価格は400万円です。
そして続いてのzero-cubeのオプションと価格は「+PENT HOUSE」です。このオプションは屋上に繋がる部屋を1つ増やすというものです。部屋はそこまで広くありませんが、家の中で最も贅沢な空間として活用できます。オプション価格は400万円です。

関連記事

このようにオプションを利用することで、自分が思い描いていた家に近づけることができます。zero-cubeはマイホームが欲しい人にとって、非常に魅力的な住宅で「ある」のではなく「なる」ことができます。ここからはzero-cubeの良い評判比較を紹介していきます。
まず始めのzero-cubeの良い評判比較は「理想の家ができる」です。zero-cubeの最大の魅力なのが、自分が住みたい家を自分で決めて作ることができる点です。暮らしてみても満足度が高く、何か不具合があっても価格が安いため、気にならないという評判が多いです。
そして続いてのzero-cubeの良い評判比較は「融通がききやすい」です。zero-cubeの家はある程度決まっているもの(各部屋や間取りが正方形である)の、自分で選択できる幅が広いため、融通が聞きやすく、ワガママが通りやすいです。
そして続いてのzero-cubeの良い評判比較は「個性が出せる」です。セミオーダーだと自分の個性が出せないと懸念する人も多いですが、間取りのカスタマイズは自由度が高く、オプションを使うことで個性を出した家を作ることができます。
そして続いてのzero-cubeの良い評判比較は「お洒落で自慢したくなる」です。外観からお洒落な家のため、友達を誘いやすいという評判が多いです。実際に自慢したくなる家になりますし、価格は比較的安いため自分の夢を叶えやすいです。
そして続いてのzero-cubeの良い評判比較は「後からプラスできる」です。オプションはある程度着工したタイミングでも後付けできます。基本的に最初に決めた内容から変えることができませんが、zero-cubeはある程度なら大丈夫です。
このように自分の理想の家が建てられるため、非常に満足度が高く、良い評判が多いです。しかし、「安い」ということが逆に不安になる方もいます。実際に悪い評判も存在するため、悪い評判の内容を確認することも大切です。ここからはzero-cubeの悪い評判比較を紹介していきます。
まず始めのzero-cubeの悪い評判比較は「収納が少ない」です。zero-cubeは限定された間取りになり、収納が少ないです。収納スペースを確保しつつ、自分で収納用品を購入する必要があります。
そして続いてのzero-cubeの悪い評判比較は「生活音が響く」です。zero-cubeはそこまで広くないため、生活音が響くといわれています。実際に小さい子供が夜2階で走ると非常に響きます。
そして続いてのzero-cubeの悪い評判比較は「お洒落が追い付かない」です。zero-cubeは外観や間取りが非常にお洒落です。そのため、元々のお洒落さに相応しいコーディネートをするためにはスキルが必要になります。そのため、お洒落な外観とは裏腹に地味な内装になりやすく、逆に友達を呼べないと思う人が多いです。
そして続いてのzero-cubeの悪い評判比較は「間取りを使いこなせない」です。zero-cubeの特徴的な四角形の間取りはスペースを有効活用できるものではありますが、工夫しないとデッドスペースが生まれやすいです。そのため、使いこなせない人も多くいます。
そして続いてのzero-cubeの悪い評判比較は「電気使いこなせない」です。間取りで決まっているものの中に、「コンセント」があります。コンセントは動かすことができず、間取りを使いこなせない人が多いため、死んだコンセントが多くなるという評判もあります。
今回はzero-cubeとはどんな住宅か紹介してきました。実際にzero-cubeはお洒落で建てやすい家として評判が良いです。自分が家を購入するときは選択肢の1つにすることがおすすめです。

関連記事