Ndsyuocw40txb6zawmxn

ファッション

CATEGORY | ファッション

文化祭の髪型アレンジ例10選!周りと差をつけるおしゃれアレンジ!【2018】

2018.10.27

高校生の楽しみとして「文化祭」がありますが、それを華やかなものにすべく髪型に悩む方も少なくありません。ロングの場合はアクセサリーやバンダナの活用でひと工夫も。そこで今回は、周りと差をつけるおしゃれアレンジなど「文化祭の髪型アレンジ例10選」をまとめています。

  1. 周りと差をつけおしゃれに!2018文化祭の髪型アレンジ例10選を紹介
  2. 文化祭の髪型アレンジ1:ツノヘア
  3. 文化祭の髪型アレンジ2:ハーフアップお団子
  4. 文化祭の髪型アレンジ3:低めお団子
  5. 文化祭の髪型アレンジ4:編み込みヘア
  6. 文化祭の髪型アレンジ5:ボクサーブレイズ
  7. 文化祭の髪型アレンジ6:ポニーテール
  8. 文化祭の髪型アレンジ7:コーンロウ
  9. 文化祭の髪型アレンジ8:バンダナアレンジ
  10. 文化祭の髪型アレンジ9:三つ編みアレンジ
  11. 文化祭の髪型アレンジ10:リボンアレンジ
  12. おしゃれに決めよう!文化祭は特別なアレンジで
高校生の学校生活の中でも、メインイベントとして人気がある文化祭。その文化祭では、目立った髪型アレンジをして特別感を出している方が多いです。バンダナでのアレンジやロングヘアならではのアレンジなど様々な髪型があります。ここからは「2018文化祭の髪型アレンジ例10選」と題して解説していきます。

インパクトのある可愛いアレンジ

まずはじめになる、文化祭の髪型アレンジはツノヘアです。名前の通り、ツノのように見えるところか名ずけられた髪型で、高校生の文化祭では多くに人が行なっています。ヘアアクセサリーとしてリボンやバンダナをつけても可愛く仕上がります。

ヘアバンドでスポーティーに

バンダナやリボンもツノヘアにはよく合いますが、ヘアバンドをつけるのもおすすめです。ヘアアクセサリーとしてアレンジには欠かせないヘアバンドは、安くで購入することもできますので大人数でお揃いのものをつけるとまとまりがあって盛り上がります。

やるすぎないくらいがちょうど良い

そして続いての、文化祭の髪型アレンジはハーフアップお団子です。普段から行なっている人も多い髪型のアレンジで、文化祭だからとそこまで激しくアレンジはしたくないという人に最適です。ロングからミディアムヘアの人は挑戦しやすく、ヘアアクセサリーとしてピンなどを使えばアクセントになります。

誰にでも似合う定番アレンジ

ハーフアップお団子は、誰にでも似合う髪型アレンジとして多くの人が行なっています。お団子の大きさでも印象は変わりますので、ロングの人は大きめのお団子を作るとインパクトが程々にでます。高校生からの人気も高く、文化祭でもおすすめの人気アレンジとして挙げられる髪型です。

大人気アレンジの一つ

そして続いての、文化祭の髪型アレンジは低めお団子です。多くの高校生が普段から行う髪型アレンジでもありますし、文化祭ではヘアアクセサリーを使って変化をつければ特別感も出せます。バンダナを使ったりなどの髪型アレンジが苦手な人に向いています。

団子の作り方に工夫を

低めお団子の髪型アレンジをするときは、ただお団子にするだけではなく少し作り方に変化をつければ特別感が出せます。ヘアアクセサリーとして髪留めを使う人が多く、清楚な雰囲気でありながらこだわりのある特別な髪型アレンジにすることも可能です。

軽めに編み込んだ人気ヘア

そして続いての、文化祭の髪型アレンジは編み込みヘアです。編み込みといっても派手にするのではなく適度に編み込んだ髪型を言います。サイドを少し軽めに編み込んでおき、後ろでラフに丸めたら完成と簡単且つおしゃれなアレンジです。ロングヘアの人は特に挑戦しやすい髪型になります。

文化祭ならではのインパクト

そして続いての、文化祭の髪型アレンジはボクサーブレイズです。編み込みヘアになりますが完全にきつく編み込んでいるわけではなく、地肌は見えない程度に何束かを事前に取ってから編み込んでいる髪型アレンジです。高校生の文化祭では非常に行う人数が多い髪型アレンジで、派手さもあり印象に残ります。

派手さもありつつ可愛さもある編み込み

ボクサーブレイズは名前に似合わず、編み込みヘアでありながら可愛い雰囲気のあるアレンジとして人気があります。バンダナやヘアアクセサリーは特につけなくてもインパクトがありますし、ロングヘアの人であれば挑戦しやすい髪型です。二本か三本の束を取るくらいがバラン良く見えます。

関連記事

大人気の髪型アレンジ

そして続いての、文化祭の髪型アレンジはポニーテールです。一見シンプルなアレンジで定番ですが、高校生の文化祭では多くの人が行うものになります。後ろでの束ね方で雰囲気は大きく変わり、少しアイロンで巻いてから作るとおしゃれにまとめることができます。

シンプルポニーテールも人気

ロングの人であれば、特にヘアアクセサリーもつけずにシンプルにまとめるのがおすすめです。高校生の文化祭ではポニーテールのアレンジは男子生徒から人気が高いものになります。普段は髪を下ろしている人がポニーテールになると、一気に雰囲気も変わり可愛いと高評価です。

ダンスをする人に人気のアレンジ

そして続いての、文化祭の髪型アレンジはコーンロウです。ハードな髪型アレンジで、高校生は美容院で文化祭に合わせて作ってくる人が多いです。ロングヘアの人であれば迫力のある雰囲気が作れますので、ダンスを披露する生徒に多く見られるアレンジになります。バンダナやヘアバンドなどのアクセサリーとも相性が良いです。

定番のおしゃれなアレンジ

そして続いての、文化祭の髪型アレンジはバンダナアレンジです。バンダナによるアレンジは歴史もある定番とも言えるものになります。しかし、最近ではバンダナの使い方も変わってきており、ロングからミディアムヘアの人が髪と共に編み込み風にするスタイルが人気です。華やかさもありますし文化祭にはぴったりなものになります。

バンダナの色で印象が変わる

このようなバンダナによるアレンジは、髪色ももちろんですが合わせるバンダナの色によっても雰囲気は大きく変わります。赤や黄色などのバンダナをつければ派手な髪型アレンジになりますし、ネイビーなど落ち着いた色味であれば、可愛い清楚な雰囲気にできます。アレンジする際は、バンダナのデザインや色選びにもこだわって行うことが大切です。

編み込む位置で印象は変わる

そして続いての、文化祭の髪型アレンジは三つ編みアレンジです。三つ編みといえば小学生の頃から行なっているものというイメージが強くあります。最近の三つ編みは編む位置によって雰囲気を大きく変えるようにしており、前から後頭部斜めに持っていく編み方がおしゃれです。

アナ雪のエルサ風に

そして三つ編みアレンジでは、ディズニー映画の大ヒット作であるアナと雪の女王のプリンス、エルサのような髪型アレンジも大変な人気があります。ロングヘア、もしくはミディアムヘアの人が行いやすい髪型アレンジで、高校生から大人気です。

リボンを使っておしゃれにアレンジ

そして最後になる、文化祭の髪型アレンジはリボンアレンジです。ツインテール風な編み方をした後に、これだけでは普通なのでリボンをつけてアクセントにします。リボンがあるのとないのとでは大違いで、さりげなさの中にもこだわりが出せるアレンジ方法です。

大きめリボンでインパクトを

リボンの大きさによって雰囲気は変わり、普通のポニーテールに変化をつけたい場合はビックサイズのリボンをつければインパクトがあり個性的な髪型になります。
高校生の文化祭では、髪型をアレンジして気合いを入れている人が多くいます。様々なアレンジ方法がありますし、バンダナなどのヘアアクセサリーも大活躍します。一生の思い出にもなる文化祭は、いつもと違い弾けてみるのもありです。

関連記事