// FourM
F5j8wpuae7qnejcwt5cz

雑貨

CATEGORY | 雑貨

書きやすいボールペンは?おしゃれなおすすめ高級ボールペン特集!

2018.04.04

学業や仕事、日常生活で数多くしようするボールペン。自分に合った書きやすいボールペンがどのようなものなのか気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、特徴別に書きやすいおしゃれなおすすめ高級ボールペンを紹介します。ぜひ、読んでみてください。

  1. 書きやすいボールペンとは?
  2. インクの種類で選ぶ書きやすいボールペン
  3. ペンの太さで選ぶ書きやすいボールペン
  4. 芯の太さで選ぶ書きやすいボールペン
  5. 自分に合った書きやすいボールペンを探そう!
Bofwaxsu2uw766ffkhlo
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1521883686/bofwaxsu2uw766ffkhlo.jpg
書きやすいボールペンとはライフスタイルや自分に合ったボールペンのことを言います。それぞれの特徴に合わせて解説をしていきますので、インクの種類・ペンの太さ・芯の太さを組み合わせて、書きやすいボールペンを探してみましょう。また、参考として、おしゃれなおすすめ高級ボールペンを各項目で紹介していきます。

書きやすい油性ボールペン:PAKER(パーカー)のSONNET(ソネット)

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/hougado/cabinet/parker/parker285_2.jpg
油性ボールペンは水で文字が流れにくいだけではなく、裏うつり、にじみ、色あせなどがしにくいメリットがあります。そのため、勉強や仕事などボールペンの使用頻度が多い場合に向いています。油性インクのおしゃれなおすすめ高級ボールペンはPAKER(パーカー)のSONNET(ソネット)です。

書きやすい水性ボールペン:LAMY(ラミー)のswift(スイフト)

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/desklabo/cabinet/swift/swift-bk2.jpg
水性ボールペンは書き味がなめらかで発光が良いため、見栄えが美しくなるメリットがあります。そのため、サインや年賀状、手紙などを書く場合に向いています。水性インクのおしゃれなおすすめ高級ボールペンはLAMY(ラミー)のswift(スイフト)です。

書きやすいゲルボールペン:PILOT(パイロット)のGRANCE(グランセ)

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/e-stationery/cabinet/400x300x01/s_pilot_366_s1.jpg
ゲルボールペンは油性と水性の両方のメリットを兼ねそろえており、勉強や仕事、プライベートでも使いやすい優れものです。ただし、どちらのメリットも油性と水性におよばず、また、インクの減りが早いというデメリットもあります。ゲルインクのおしゃれなおすすめ高級ボールペンはPILOT(パイロット)のGRANCE(グランセ)です。

ペンの細い書きやすいボールペン:WATERMAN(ウォーターマン)のMetropolitan(メトロポリタン)

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/penroom/cabinet/waterman/18039_2.jpg
ペンの細いボールペンはコンパクトに持ち運びできるだけでなく、質量が軽いものが多いため、女性や指が細い人、器用な人に向いています。また、ペンの細いボールペンは知的なイメージや女性的なイメージがあると言われています。ペンの細いおしゃれなおすすめ高級ボールペンはWATERMAN(ウォーターマン)のMetropolitan(メトロポリタン)です。

ペン太い書きやすいボールペン:WATERMAN(ウォーターマン)のExpert(エキスパート)

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/penroom/cabinet/waterman/20133_2.jpg
ペンの太いボールペンは質量が重いものが多いですが、指が太い人や不器用な人には握りやすく、書きやすいようになっています。また、ペンの太いボールペンは力強く男性的なイメージがあると言われています。ペンの太いおしゃれなおすすめ高級ボールペンはWATERMAN(ウォーターマン)のExpert(エキスパート)です。

芯の細い書きやすいボールペン:Pelikan(ペリカン)のSouveran(スーベレーン)

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/penroom/cabinet/pelikan2/35219_top.jpg
芯の細いボールペンは一般的に0.3mmから0.5mmと言われており、付箋や小さな書類に文字を書くような細かい作業に使用されることが多く、若い人や女性、筆圧の弱い人に向いています。芯の細いおしゃれなおすすめ高級ボールペンはPelikan(ペリカン)のSouveran(スーベレーン)です。

芯の太い書きやすいボールペン:FABER CASTELL(ファーバーカステル)のエモーションウッド&クローム

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/bunguya/cabinet/faber93-r1.jpg
芯の太いボールペンは一般的に0.7mmから1.0mmと言われており、図形を書く場合や文字を他者に見せる場合などに使用されることが多く、年配や男性、筆圧の強い人に向いています。芯の太いおしゃれなおすすめ高級ボールペンはFABER CASTELL(ファーバーカステル)のエモーションウッド&クロームです。

書きやすい芯のボールペン:MONBLANC(モンブラン)のMeisterstuck(マイスターシュテュック)

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/hougado/cabinet/montblanc/05-mo-140-006-1.jpg
一般的に0.5mmから0.7mmの芯の太さが汎用性が高く、さまざまなシーンで書きやすいと言われています。普通サイズの芯のおしゃれなおすすめ高級ボールペンはMONBLANC(モンブラン)のMeisterstuck(マイスターシュテュック)です。
Doewigvwujdzf5dxf3fv
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1521883703/doewigvwujdzf5dxf3fv.jpg
今回はインクの種類、ペンの太さ、芯の太さの特徴別に、おしゃれな高級ボールペンを紹介しました。現在は多くのメーカーで、芯の交換をすることができるため、さまざまな組み合わせが可能になっています。ぜひ、この機会にライフスタイルや自分に合った書きやすいボールペンを探してみてはいかがでしょうか。

関連記事