Scf0eysaxqedzvtjcvdd

CATEGORY | 車

プリウスを中古で買うときの注意とは?年式選びで気をつけるべき点とおすすめ!

2018.11.12

プリウスは現在、4代目が現行車種として販売されていますが、1つ前の3代目も高い人気があります。中古のプリウスを購入するときに年式選びなどで注意することはあるのでしょうか。本記事ではプリウスを中古で買うときの注意点やおすすめをご紹介!

  1. プリウスを中古で購入するときに注意するべきことやおすすめポイントは?年式選びなどで気をつけるべき点をご紹介!
  2. プリウスとはどんな車?
  3. プリウスは現行モデルよりも3代目の方が人気!?
  4. プリウスを中古で購入するときの注意点をご紹介!
  5. プリウスを中古で購入するときの注意点その① バッテリーの寿命に注意する
  6. プリウスを中古で購入するときの注意点その② 維持費はどれくらいかかるのかを把握しておく
  7. プリウスを中古で購入するときの注意点その③ 前期型と後期型の年式選びに注意する
  8. プリウスを中古で購入するときの注意点その④ プリウスのブレーキには多少の癖があることを把握しておく
  9. プリウスを中古で購入するときの注意点その⑤ 走行距離をしっかりと確認しておく
  10. プリウスを中古で購入するときのおすすめポイントは?
  11. プリウスを中古で購入するときに注意するべきことやおすすめポイントは?年式選びなどで気をつけるべき点をご紹介!:まとめ
引用: https://picture1.goo-net.com/7000707046/30170712/J/70007070463017071200200.jpg
プリウスはトヨタが販売している車種の中でもっとも高い人気と知名度を誇る車です。プリウスは現在、4代目が現行モデルとして販売されていますが、安く手に入れることができる中古車の購入を検討している方も多いのではないでしょうか。
引用: https://picture1.goo-net.com/7001300204/30171202/J/70013002043017120200100.jpg
今回は中古のプリウスを購入するときに注意するべき点や、プリウスを中古で購入するときのおすすめポイントについて詳しく解説していきます。年式や部品の寿命など、注意しておかなければいけないことはたくさんあるので、プリウスの中古車を買う前にどこを注意しておくべきかしっかり把握しておきましょう。中古車を買うときは注意する点があります。

関連記事

国産車よりも外車に魅力を感じて、外車を購入することを検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、外車は国産車と比べて車の維持費が高いというデメリットがあります。なぜ外車は国産車よりも維持費が高いのでしょうか。こちらの記事では、外車の維持費が高い理由と維持費を安く抑える方法について詳しく解説しています。将来、外車を購入しようと思っている方は必見です。
引用: https://www.gtnet.co.jp/gtimg/CarImage/7/00510000221000860091.01
プリウスはトヨタが1997年から開発・販売を行っているハイブリッドカーです。燃費が非常に良いことが特徴で、販売当初は性能についての批判もありましたが、現行モデルの4代目は走ることの楽しさを追求して作られているため非常に乗り心地が良く、世界中のセレブが愛用していることでも知られています。
引用: https://media.221616.com/car-i/img/thumb/0800x0600/2262/20130921A0002262/50489468SP019.JPG
プリウスは環境問題にも配慮して作られており、自然界に負担をかけないよう排気ガスの排出量が極力少なめになっています。環境問題に熱心に取り組んでいるレオナルド・ディカプリオはプリウスを愛用しており、数台購入していると言われています。
引用: https://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/cat/TO/S220/TO_S220_F001_M004_1_L.jpg
プリウスは現行モデルである4代目のデザインがあまりにも先を行き過ぎているとして、評価が賛否両論となっています。馴染み深い3代目のモデルはスタイリッシュな外観と長年愛され続けてきたこともあって、未だに根強い人気を獲得しています。
引用: https://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/770524526.jpg
このように、金銭的な問題でプリウスの中古車の購入を検討する方の他に、デザインが気に入っているからという理由で、中古車である3代目プリウスの購入を検討している方も多いのです。古い車種が未だに根強い人気を持っているというケースは珍しく、プリウスは特異な車であると言えます。
ここからはプリウスを中古で購入するときの注意点をご紹介していきます。車の年式や部品の寿命、プリウスの特徴について解説しているので、中古車を購入するときの参考にしていただければ幸いです。
引用: http://kyoei-auto-service.com/wp/wp-content/uploads/2016/06/IMG_0078.jpg
プリウスを中古で購入するときの注意点その①はバッテリーの寿命です。車の年式が古ければ古いほどバッテリーも劣化が進んでいるということになります。プリウスのバッテリーの交換目安は一般的に20万kmであると言われているため、走行距離も合わせてしっかりと確認しておくことをおすすめします。
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/K0000287148.jpg
もし購入後にバッテリーを交換するのであれば、ハイブリッド車特有のバッテリーに交換する必要があるため約15万円前後の費用がかかります。なるべくなら、しばらくはバッテリーを交換する必要がない年式の車種を選ぶことをおすすめします。中古のプリウス購入の際はバッテリーに注意してください。
引用: https://cobby.jp/wp-content/uploads/2017/06/170609_prius-annualcost1.jpg
プリウスを中古で購入するときの注意点その②は維持費のチェックです。車には維持費がかかりますが、プリウスを購入した後はいったいどれぐらいの維持費がかかるのかを計算しておくことで、事前にお金を準備しておくことができます。
引用: https://i0.wp.com/xn--x8jk1c0d.com/wp-content/uploads/2018/03/money.jpg?ssl=1
年式により費用の額は上限しますがプリウスの場合、車の維持費は3年車検で8万円ほど、5年車検でも9万円ほどと、かなり安めの金額です。プリウスは部品の性能がとても優れているので、メンテナンスの費用がそれほどかからないのです。プリウスに限らず、維持費に関しては注意する必要があります。
引用: https://jidoushaguide.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/toyota-prius-red-front.jpg
プリウスを中古で購入するときの注意点その③は、年式選びに注意することです。プリウスの3代目は前期型と後期型に分かれており、前期型は2011年12月にマイナーチェンジされる前の車種、後期型はマイナーチェンジされてからの車種を指します。
引用: https://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/bkkn/562/457/U00023562457/U00023562457_002L.JPG
前期型と後期型では乗り心地の機能性に大きな違いがあり、後期型の方が乗り心地は格段に優れています。登録された年月をしっかりと注意して、年式を把握してから購入することをおすすめします。
引用: https://www.gtnet.co.jp/car_info/impression/prius_alpha/img/main2.jpg
プリウスを中古で購入するときの注意点その④は、プリウスのブレーキの癖を把握しておくことです。中古車のプリウスが初めての車であるという方は特に注意しなくても良いのですが、車の買い替えでプリウスを検討している方はブレーキの癖に注意する必要があります。
引用: http://gazoo.com/my/sites/0000015840/T2524618/Lists/GazooAssetLibrary/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E5%86%85%E9%83%A8.jpg?1441777167743
プリウスは濡れたマンホールの上などの滑りやすい路面では、ブレーキをしっかり踏み込まないと効きが悪くなるという特徴があります。他にも、プリウスはブレーキをかけてから緩やかに速度が落ちるのではなく、ブレーキをかけてからすぐに速度が落ちるという特徴があります。これらの癖を事前に把握しておけば、運転してから戸惑うことはなくなるでしょう。
引用: https://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/bkkn/289/071/U00023289071/U00023289071_001L.JPG
プリウスを中古で購入するときの注意点その⑤は、走行距離をしっかりと確認しておくことです。バッテリーの注意点の欄でも前述しましたが、ハイブリッドカーは走行すればするほど、車全体の劣化が激しくなっていきます。
引用: https://i.ytimg.com/vi/9pqZkfikraM/maxresdefault.jpg
このため、できるなら走行距離がなるべく少なく、登録されてから5年以内の年式のプリウスを購入することをおすすめします。車の劣化が進んでいない年式の車種であるほど、長い間運転し続けることができます。
引用: https://gazoo.com/pages/contents/impression/report/160414/main.jpg
ここまで中古のプリウスを購入する前に注意しておくべきことをご紹介してきました。プリウスを中古で購入するときのおすすめポイントは、車の劣化が進んでいない走行距離が少なめのもの、そして後期型のものを選ぶようにすることです。
引用: https://a248.e.akamai.net/autoc-one.jp/image/images/1087081/003_o.jpg
おすすめポイントはいかに「劣化が進んでいないか」ということです。劣化が進んでいるものは当然おすすめできないので、走行距離や年式をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。
引用: https://www.carsensor.net/contents/article_images/_62448/PHV00.jpg
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/12535/01.jpg
プリウスを中古で購入するときに注意するべきことやおすすめポイントについて詳しくご紹介しました。プリウスはとても人気のある機種ですが、劣化した中古車を購入してしまうと後から後悔することになってしまいます。ここでご紹介した注意点を参考にして、性能が劣化していないプリウスをできるだけ安い値段で手に入れることを心がけましょう!

関連記事

車のバッテリー交換は業者にお願いするとそれなりの金額を取られてしまいますが、自分で交換してしまえば出費をかなり浮かすことができます。どのような手順を踏めば、自分だけで安全にバッテリー交換を行うことができるのでしょうか。こちらの記事では、車のバッテリー交換を自分で行うときに必要な工具や手順を詳しく解説しています。車のバッテリーが劣化してきている方は必見です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/ll/K0000318875.jpg