Pauz6rwumdv2hmoevkrr

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

冬のストッキングは寒い?!寒くない暖かいコーデ15選をご紹介!

2018.11.02

冬のストッキングは寒いと感じて、タイツなどを選ぶ女性もいますが、スーツや結婚式などではこういったスタイルは望ましくありません。冬でも寒い感覚を抑える暖かいストッキングコーデがありますので、寒くないスタイルを上手に作っていきましょう。

  1. 冬のストッキングは寒い?
  2. 寒い冬場のストッキングコーデ ①長めスカート×黒ストッキング
  3. 寒い冬場のストッキングコーデ ②全身黒
  4. 寒い冬場のストッキングコーデ ③黒ワンピース×黒ストッキング
  5. 寒い冬場のストッキングコーデ ④黒スカート×黒ストッキング
  6. 寒い冬場のストッキングコーデ ⑤ローカットブーツ×黒ストッキング
  7. 寒い冬場のストッキングコーデ ⑥スーツ×黒ストッキング
  8. 寒い冬場のストッキングコーデ ⑦コート×黒ストッキング
  9. 寒い冬場のストッキングコーデ ⑧結婚式向けストッキングコーデ
  10. 寒い冬場のストッキングコーデ ⑨明るい色のスカート×黒ストッキング
  11. 寒い冬場のストッキングコーデ ➉薄黒ストッキング
  12. 寒い冬場のストッキングコーデ ⑪濃い黒ストッキング
  13. 寒い冬場のストッキングコーデ ⑫明るめジャケット×黒ストッキング
  14. 寒い冬場のストッキングコーデ ⑬シャツ×黒ストッキング
  15. 寒い冬場のストッキングコーデ ⑭明るめコート×黒ストッキング
  16. 寒い冬場のストッキングコーデ ⑮大きめパーカー×黒ストッキング
  17. まとめ
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/hair-richmedia/wp-content/uploads/FASHION/fashion_k_201611_63.jpg
冬のストッキングは、見ているだけで寒い印象を与えてしまいます。しかし、女性であればおしゃれやマナーに気を使ったコーデを行う必要がありますので、どうしてもストッキングを選ばざるおえない場面は多々あります。中でもスーツを着ているときには、安易に黒の厚手のタイツなどは選ぶことは良くありません。
スーツにスカートを選んでいる場合には、黒のタイツなどを選んでしまうことで喪服を連想したりスーツの清楚なイメージからかけ離れてしまいます。また、スーツだけではなく結婚式に出席する衣装などにおいても同じです。
せっかく、自分に合った結婚式陽のドレスを身に付けているのに、寒いからと言ってドレスに合わないストッキングやタイツなどを履いてしまうことで台無しになってしまいます。冬のストッキングでも寒くないコーデを紹介しますので、ぜひ参考にしてみましょう。しっかり考えて暖かいコーデを目指せば、冬場の寒い時期のストッキングも怖くありません。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRJx8wzkmHSYH-28gYNkCCJE2U7niQxql2Ny5CPPpQiAxCPY6FG5Q
引用: https://jury-mode-beaute.com/wp-content/uploads/2015/11/SubstandardFullSizeRender-5.jpg
嫌味のないストッキングコーデです。少し長めのスカートを履くことで暖かいイメージをしっかりと付けています。厚手の靴下と合わせることで寒くない見た目が強くなっています。色のないストッキングでもここまでしっかり他の洋服でカバーすれば、しっかり暖かい印象を与えてくれます。
引用: http://imgs.u-note.me/note/uploadimage/1512619070286.jpg
大人の印象を与えてくれるストッキングコーデです。一見足元が暖かいイメージではないように感じますが、全体を黒のコーデでまとめることで暖かいイメージを与えてくれています。スーツはどうしても足元が寒くなる印象ですが、こうしたスーツカラーを選ぶことでそうしたイメージは払拭されます。
引用: https://i0.wp.com/20daiotonakawaii.com/wp-content/uploads/2015/01/%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%88%E5%86%AC%E3%81%AE%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%80%80%EF%BC%93.jpg?resize=270%2C400&ssl=1
黒のストッキングを利用して可愛くまとめているコーデです。可愛さだけではなく、大人の綺麗な印象もありますので、とてもおすすめのコーデです。寒くない、しっかり暖かい印象が残るコーデなので、冬場のストッキングコーデに迷った場合にはこうしたスタイルをまずは目指してみましょう。
引用: http://hanaco.biz/wp-content/uploads/2015/01/217.jpg
大人の印象を強めてくれる黒のストッキングコーデです。このままのスタイルで、さまざまな場面に出席することができます。スカートの丈や七分袖など、バランスがとても良いので、ぜひ真似をして欲しいコーデです。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20161101%2F76%2F7628226%2F14%2F564x564xe0d280dd0f4e5f78a6ebf62a.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
可愛いの一言に尽きるストッキングコーデです。全体的にまとまりがよく、とくに腰から下を黒でまとめている部分はしっかりとした暖かい印象を与えてくれます。ここまで足を強調していても、黒のストッキングコーデが自然な暖かいイメージを残しています。ローカットのブーツとの相性も抜群です。
引用: http://blog.uktsc.com/data/original/0/73/73eee3131ac191f79529bbf9acd828dd99ea305a.jpg?1512783955
スーツに黒のストッキングは違和感があるという人も多いかもしれませんが、スーツにこだわってコーデを行えば違和感は感じません。スーツの存在をしっかり強調させれば、タブーとも言える黒のストッキングでも綺麗に見えます。また、スーツのカラーは濃い目でありますが、ブラックではありませんので喪服感も出ません。
引用: http://www.sukinano.biz/wp-content/uploads/2015/03/DSC01900.jpg

関連記事

引用: http://kakei-smile.com/wp-content/uploads/2015/09/11_R.jpg
まさに大人のキャリアウーマンの印象を与えてくれるコーデです。コートとの相性がとても良く、寒くない暖かいイメージが残ります。全体的にカラーバランスがばらばらに見えますが、足元が黒で引き締まっていますので、ストッキングの存在で整って見えます。
引用: http://dc-note.com/wp-content/uploads/2015/11/20170221113036287_500.jpg
このまま結婚式に出席しても大丈夫なコーデです。控えめなコーデになっていますので、自分の存在をしっかりアピールしつつ、新郎新婦のイメージも壊さない冬場にベストなコーデだと言えます。寒くない印象はやはり黒のストッキングでしょう。足が見えないほどの黒ではなく、少し素肌が透けて見えるほどが結婚式の出席にはちょうど良い濃さだと言えるでしょう。
引用: https://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/rc/C001/640x960rq60/u/065/0650493520.jpg
どうしても寒い時期には黒のストッキングを選んでしまいがちですが、黒が強調されれば暗い印象になってしまいます。
しかし、そうしたイメージを残さないようにするためには、スカートなどのカラーをあえて明るいカラーにしてみましょう。ピンクと黒の相性は良くないと感じるかもしれませんが、ストッキングが黒の場合には別です。自然なスーツスタイルを生み出すことができます。結婚式にこのまま出席しても違和感はありません。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTwKUzpS4VigCaRoTcUGY8RiJJl_RL6DdA9c6P51Zp4Yv7hMQk9MA
結婚式への出席は、やはり完全に黒のストッキングではなく、少し肌が透けて見えるほどの濃さにしておくことがベストです。こうすることで綺麗に見せることができるだけではなく、寒くない暖かいイメージも与えてくれます。冬場の結婚式にはどのようなコーデで望むべきか悩むでしょうが、こうしたスタイルで出席すれば失敗を防ぐことができます。
引用: https://wedding-note.jp/wp-content/uploads/2015/02/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%93.jpg
少しストッキングが濃く見えますが、足元が引き締まっておりとても綺麗に可愛く見えます。あえて黒で統一感を出せば、女性らしいかっこよさをアピールすることができます。しかし、どうしても喪服のように見えてしまいますので、靴に少し工夫を行えばこれだけで結婚式の出席スタイルにさせることができます。寒くない、そして可愛い大人っぽいコーデの完成です。
引用: https://image.code-file.jp/article/original/54033.jpg?time=1484218680
明るめのジャケットに黒のスカート、そして黒のストッキングのコーデの見本とも言えるスタイルです。大人の印象だけではなく、可愛らしさも表現できています。黒を腰から下に集めることで、引き締まったスリムなスタイルに見せることができます。
引用: https://jury-mode-beaute.com/wp-content/uploads/2016/03/741.jpg
可愛さをアピールしたストッキングコーデになります。寒くないように見せるには、ストッキングを黒にさせることです。黒のストッキングを選ぶだけで、自然な暖かさをアピールすることができるようになります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS_c9mZVEQbdj6EfmRov2Z_iyLTCfY3WUOzDTIloQaUL-dDZ-ju7g
明るめのコートを羽織れば、少し違うカラーのスカートを取り入れても違和感はありません。黒のストッキングをチョイスすることで、足元が暖かく見え、さらに引き締まって見えます。スカートが強調されやすくなりますが、ストッキングでバランスが保たれます。
引用: https://arine.akamaized.net/uploads/photo/external_photo/data/238340/xlarge_a1171167-3a14-4308-848f-b4df627fa6ad.jpg
遊び心を取り入れたコーデです。全体を地味に、黒で統一していますが、ストッキングのカラーを薄めにすることでバランスが良くなっています。可愛さを強調したコーデですが、足元を見せることでセクシーな雰囲気も出せています。若い女性にしかできない、こうしたコーデにも挑戦してみましょう。
引用: https://i.pinimg.com/originals/44/18/fe/4418fefb358a438255af11e8663edb57.jpg
冬場のストッキングコーデは、決して簡単ではありません。とくにフォーマルな場面においては、ストッキングのカラーをどうするかはとても悩むでしょう。しかし、全体的なコーデを考慮して選べば、黒のストッキングでも違和感はありません。
とくにスーツスタイルの場合には、黒のストッキングはタブーと思われていますが、綺麗に着こなすことができれば、違和感綺麗に見せることができます。ただし、状況に応じて使い分けることも大切です。結婚式などの出席の場合には、その結婚式のスタイルや新郎新婦のキャラクターなども考慮して、失礼のないコーデを考えることも大切です。可愛く、そしてかっこいいストッキングコーデを目指していきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRqmb92sYPPSqDzTXGk0NGAxMXX9nbbmm9h58FjDr4_23KHkBFS

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://oggi.jp/wp-content/uploads/2017/10/tights5.jpg