Wx5nli7jqlvwod3bquuj

ホビー・アウトドア

CATEGORY | ホビー・アウトドア

冬キャンプ快適に!テントorコテージどっち?服装などの装備や寒さ対策も!

2018.11.08

「冬にキャンプをするなら、暖房の効いたコテージのほうがいい?」など、冬にキャンプをする場合、テントにするかコテージにするか悩む人も多いのではないでしょうか?この記事では冬のキャンプを楽しむためのおすすめのテントや服装、寝袋、装備などをご紹介していきます。

  1. 冬こそキャンプを楽しもう!
  2. 冬のキャンプ!コテージとテントどっちがいい?メリット・デメリットは?
  3. 冬のキャンプ!コテージのメリット
  4. 冬のキャンプ!コテージのデメリット
  5. 冬のキャンプ!コテージが向いている人はこんな人!
  6. 冬のキャンプ!テントのメリット
  7. 冬のキャンプ!テントのデメリット
  8. 冬のキャンプ!テントが向いている人はこんな人!
  9. 冬のキャンプ!寒さ対策はどうすればいい?
  10. 冬のキャンプ!寒さ対策①服装
  11. 冬のキャンプ!寒さ対策②装備
  12. 冬のキャンプ!おすすめのテントは?
  13. 冬のキャンプ!おすすめのテント①ノルディスク Alfheim12.6m2
  14. 冬のキャンプ!おすすめのテント②テンティピ ジルコン 7 CP
  15. 冬のキャンプ!おすすめのテント③ベルテント
  16. 冬のキャンプ!おすすめのテント④MSR DRAGONTAIL™
  17. 冬のキャンプ!おすすめのテント⑤snow peak スノーピーク スピアヘッド Pro.L
  18. 【まとめ】冬のキャンプを楽しもう!
引用: https://www.instagram.com/p/Bp1gw05nCIN/
「冬はキャンプのオフシーズン」そんな印象を持っている人も多いと思いますが、「冬こそキャンプをしなければもったいない!」と言われている程、冬のキャンプには魅力がたくさんあります。
しかし、冬のキャンプで気になるはやはり「寒さ対策」ですよね。特にキャンプ初心者はなかなか冬のキャンプはハードルの高い事のように感じてしまいます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bp2z0zkFm-H/
その為「冬はコテージのほうがいいかな?」と考える人も多いと思いますが、コテージにはコテージの良さ、テントにはテントの良さがあります。
そこでこの記事では、テントとコテージの魅力や冬のキャンプにおすすめの装備、服装や寝袋などをご紹介していきます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bp22RbcBGZw/
「コテージとテント、どっちにしようか迷う…」という人は、まずはコテージとテント、それぞれのメリット・デメリットを見て自分に向いている方を選びましょう。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BpyVSW9hhSK/
まずはコテージのメリット・デメリットをご紹介していきます。

メリット①荷物が少なくて済む

引用: https://www.instagram.com/p/BpyrrokBpic/
コテージの魅力と言えばやはり、家具、家電付き、というところではないでしょうか。
その為、コテージで宿泊する場合は装備がしっかりしているため食材だけを持っていけばいいいので寝袋、テントなど大量の荷物を持たなくても済むというメリットがあります。

メリット②冷暖房完備

引用: https://www.instagram.com/p/Bp0lN4GhUJ5/
冬のキャンプで気になるのが寒さですよね。「この寒さも冬のキャンプの醍醐味だ!」なんて思っている人も多いかもしれませんが、小さな子供や女性にとっては辛く感じるかもしれません。
コテージの場合は暖房装備ですので、そういった心配をしなくてすみます。

メリット③風呂・トイレが室内にある

引用: https://www.instagram.com/p/Bp09E_-lX6J/
コテージの場合はトイレ・風呂も完備されていますので、屋外のトイレまで行かなければならないバンガローやテントに比べると特に女性や子供は安心ですよね。
施設によっては温泉付きのコテージもあります。

メリット④広い

引用: https://www.instagram.com/p/Bpx9A9kgRrZ/
場所によって規模は変わりますが、10名以上の宿泊も可能なコテージも多く、「大人数の友達と思い出作りにキャンプに行きたい!」「子供を連れて家族みんなでキャンプを楽しみたい!」なんて人には向いていると思います。
引用: https://www.instagram.com/p/BpwvnkOF_zD/
ここからは、コテージのデメリットをご紹介していきます。

デメリット①費用がかかる

引用: http://gahag.net/img/201605/10s/gahag-0084548231-1.jpg
コテージの場合は、施設のある場所やコテージの広さなどによって費用は変わりますが、約6000円~30000円ほど費用がかかります。

デメリット②アウトドアの気分はあまりなし

引用: https://www.instagram.com/p/BpwvnkOF_zD/
トイレ、風呂、暖房もなど快適にアウトドアをするために必要な装備が事前に全て揃っている為、「自然を感じる!」と思う事はテント程は味わえません。
引用: https://www.instagram.com/p/BpwvEAvHMA_/
コテージが向いている人は、大人数で楽しみたい人、小さな子供がいる家族連れ、子供が大きな声を出したり、走り回ってしまう心配がある人、大量の荷物を持つのが辛い人、キャンプ初心者や女性だけのグループには全ての宿泊設備が整っているコテージは向いていると思います。
引用: https://www.instagram.com/p/Bp2xFTJBSuF/
ここからは、テントのメリットに付いてご紹介します。

テントのメリット①自然を感じられる

引用: http://gahag.net/img/201601/29s/gahag-0050857495-1.jpg
テントの魅力と言えば、コテージやバンガローよりももっと近くで自然を感じられる事ですよね。
虫や動物の声、風の音などをずっと近くで感じられる事で非日常的な感覚を味わう事が出来ます。

テントのメリット②費用を抑えられる

引用: http://gahag.net/img/201605/18s/gahag-0087144133-1.png
テントの購入費用や暖房器具などの装備品を揃えるなど初期費用はかかりますが、その後は使い続ける事が出来るのでコテージなどの施設と比べると、かかる費用はその半額以下になります。

メリット③プライバシーを保てる

引用: https://www.instagram.com/p/Bp26Bm2hg4H/
大きなテントでも仕切りがあって、個室のようになるテントもありますし、各自テントを持ち込めばそこは自分専用のスペースになります。
「○○の寝相が悪くて眠れなかった…」なんて心配もないですね!
引用: https://www.instagram.com/p/Bp2r_cMBJpU/
ここからはテントのデメリットをご紹介します。

デメリット①寒い

引用: http://gahag.net/img/201511/09s/gahag-0023767766-1.jpg
テントの種類や寝袋のを冬用のものに揃えれば、「寒くて眠れない…!」なんて事にはならないとは思いますが、それでも冬ですのである程度の寒さは感じると思います。

デメリット②荷物が多い

引用: https://www.instagram.com/p/Bp37sc9hjYH/
テント、食材など…とにかく荷物が多い!
引用: https://www.instagram.com/p/Bp363Pvhsiy/
キャンプの費用を抑えたい人、寒くても自然を感じていたい人、テントで過ごす事に慣れている人は向いていると思います。
また、小学生くらいの子供でしたら好奇心が旺盛になる頃ですので「テントの方が刺激が多くて喜ぶ!」という場合が多いです。
引用: http://gahag.net/img/201510/12s/gahag-0013541828-1.jpg
「思った以上に夜になると寒くてほとんど眠れなかった…」「あまりの寒さに体調を崩してしまった…」何て事になったら、せっかくの楽しいキャンプが台無しです。
冬のキャンプを全力で楽しむ為に、装備や服装などしっかりと確認しておきましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bn_PxUpFw_g/
冬のキャンプに向いている服装は、スポーツ用品店などに行けば登山用のジャケットなど専用の服が販売されていますので、高い防寒性と見た目のおしゃれさも重視したいのなら登山用の服装で探してみるのがおすすめです。
ただし、専用の服装は値段も高めですし、もちろん汚れる事だってあります。その為、「出来るだけ服装にお金をかけたくない」という人はヒートテックなどを着て自宅にある暖かい服を重ね着…という服装でもOKです。

ベースレイヤー(下着)【メンズ】

(モンベル) mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men's
価格 ¥ 3,758
保温性に優れ、軽量で速乾性に優れている為、冬のキャンプだけでなく夏のキャンプでも活躍します。

ベースレイヤー(下着)【レディース】

(パタゴニア)patagonia アンダーウェア Ws キャプリーンMWクルー 44435 [レディース]
価格 ¥ 7,344 - ¥ 47,649
保湿性、速乾性が抜群で、生地が柔らかい為着心地が非常にいいです。

ミドルレイヤー(中間着)【メンズ】

Mr.Stream メンズ アウトドア ランニング 防風登山軽量保温 秋 冬 フリース ジャケット
価格 ¥ 2,828
「ミドルレイヤー」は、アウターと下着の間に着るウェアの事です。こちらのフリースジャケットは、保温性抜群が抜群で伸縮性もいいためアウトドアに最適です。

ミドルレイヤー(中間着)【レディース】

THE NORTH FACE(ノースフェイス) モコモコ フリース ジャケット メンズ Super Versa Loft Jacket スーパーバーサロフトジャケット s-versa-l
価格
保湿性の高いフリース素材です。長い毛足で空気をため込み、暖かさをキープしつつ静電気の発生も抑えてくれる静電ケアシステムに対応しています。

アウトレイヤー(上着)【メンズ】

(ロラタ) Lorata 秋冬用メンズ 多機能登山服コート 防水防風フリースアノラック アウトドア防寒シャケット
価格 ¥ 4,280
特殊な3層構造で保温性・防風性・ストレッチ性・撥水性・通気性が高く、体にフィットして動きやすいジャケットです。
価格が安いのも嬉しいポイント。

アウトレイヤー(上着)【レディース】

マウンテンパーカー アウトドア ジャケット ウィンドシェルジャケット 登山服 登山 アウター 防風 防寒 メンズ レディース
価格 ¥ 3,199 - ¥ 6,480
軽量でストレッチが入っている為動きやすく、袖口はマジックテープで調整可能です。暖かさを保てるのはもちろん、スッキリとしたシルエットですので「着膨れしているように見られたくない」という人にもおすすめ。

その他

引用: https://www.instagram.com/p/Bp3gr91FA5a/
ここまででご紹介した服装以外に、タイツを履く、ネックウォーマーや帽子を被るなども寒さ対策に有効です。
帽子やネックウォーマーは「絶対に必要!」というほどの装備ではありませんが、あるのとないのでは全然寒さの感じ方が違いますよ!
また、カイロも多めに持っておくと安心です。
引用: https://www.instagram.com/p/Bp33UzWAf9M/
冷暖房がないからこそ、冬のキャンプの装備はしっかりと準備しておきたいものです。ここからは、冬のキャンプに必要な装備品などをご紹介します。

ストーブ

≪IWATANI≫イワタニ カセットガス アウトドア・フィッシング・キャンプ・スポーツヒーター(CB-ODH-1-GR CB-ODH-1-OR)
価格
コンパクトで持ち運びが楽!冬のキャンプではかなり役立つはずです。

寝袋

引用: https://www.instagram.com/p/BmFMsJZlCsa/
冬のキャンプは服装や暖房などの装備も大切ですが、特に気をつけたいのが寝袋です。
寝袋次第で冬のキャンプを楽しめるかどうかが変わってくると言っても過言ではありませんので、寝袋選びは慎重に選びましょう。
寝袋の棉の種類には「ダウンタイプ」「化学繊維タイプがあります。
引用: http://gahag.net/img/201511/14s/gahag-0025329396-1.jpg
ダウンタイプの寝袋は軽くて保温性にも優れているため冬のキャンプにはピッタリですが、湿気に弱いのでキチンと手入れをしなければカビが発生する事もある為、取り扱いに注意しましょう。
化学繊維タイプの寝袋は、汚れに強く価格も安いものが多い為キャンプ初心者は化学繊維タイプの寝袋の方が扱いやすいかもしれません。
ただ、ダウンタイプの寝袋に比べると重いので、持ち運びが不便というデメリットもあります。
次に、寝袋の形にも注目をしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/810xV%2BY5GkL._SL1500_.jpg
寝袋の形には「封筒型」「マミー型」があります。 封筒型は、側面にジッパーが付いているので広げて掛ふとんとしても使えます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61jNKqRvZrL._SL1001_.jpg
マミー型は頭まですっぽり被る事ができる保温性の高い形です。冬のキャンプでは、夜「顔と耳が冷たくて眠れない…」なんて人も多い為、マミー型は冬のキャンプに向いている寝袋と言えます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bp2OTnhHocB/
暖房設備が装備されているテントはないので、「冬でも暖かい冬用のテント」というものは存在しませんが、冬のキャンプに適しているテントはあります。
ここからは、冬のキャンプにおすすめのテントをご紹介していきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41PQ998vqBL.jpg
大人が立ったままでも過ごせるワンポール型のテントです。
ワンポール型テントは換気できるワンポールテントやベンチレーションのしっかりしたテントであれば暖房を使う事もできます。
(ノルディスク) NORDISK Alfheim 12.6m2 アルフェイム 12.6m2 nordisk-020
価格 ¥ 113,400
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31W6wwTuDML.jpg
北欧生まれのティピータイプの大型テントです。 全天候に対応することができ、内部で薪ストーブなどの暖房器具を使うことも可能な為、冬のキャンプに最も向いているテントです。
(テンティピ) Tentipi テント ジルコン 7 CP ベージュ(Light Tan) tntp-0003
価格 ¥ 170,640
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FQMdC9fuL.jpg
値段は高くなりますが、冬のキャンプに最適なテントと言えば「コットンテント」です。
耐久性があり、薪ストーブなどの暖房を使う事もできる為、機能性だけでなくおしゃれにキャンプを満喫する事ができます。
こちらのテントはコットン100%ですので冬は暖かく夏は通気性がいいので快適に過ごせます。
Bell Tent ベルテント特大 ハイクオリティ 100%コットン仕様 防水 ティーピーテント
価格 ¥ 1,999 - ¥ 45,999
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61b4oLxU0uL._SL1500_.jpg
強風や積雪にも耐えられる丈夫な作りと、保温性の高さがあり、軽量なので持ち運びも楽です。
MSR DRAGONTAIL [2人用] 37533 【日本正規品】
価格 ¥ 95,040
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/410wekYqemL.jpg
大人数でキャンプを楽しみたい人におすすめのテントです。ドッキング機能がついている為、必要に応じて2張、3張とつなげていく事が可能です。
snow peak スノーピーク スピアヘッド Pro.L
価格 ¥ 170,640
引用: https://www.instagram.com/p/Bp33GHshhV2/
冬のキャンプを楽しむ為には、事前にしっかりと装必要な装備の確認と暖をとれる寝袋やテント選びなどが重要です。
テント選びの際は、テントの素材を確認するほかに裾の長さも確認してくださいね! 裾が短いテントはすきま風が入ってしまい、「暖房をつけているのに、あまり暖かくならない…」という事になります。
もし、「すでにテントを購入してしまっていて、手持ちのテントの裾が短い…」という場合は、わざわざ買い直さなくてもビニールシートを裾に貼ればすきま風対策ができます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bp31Y3OhE8c/
それでも心配な場合は洋服を多めに持って、テントの床部分に断熱シートやダンボールなどを敷くだけで暖かくなります。
小さな子供がいる場合やテントに慣れていない人、初心者ばかりでキャンプをする場合は無理をせず暖房があるコテージを選んでくださいね。