Rhunpnwkyl9c3myk2ckq

お酒

CATEGORY | お酒

バーボンの種類・銘柄を一覧で紹介!プレゼントにもおすすめ高級銘柄も!

2018.12.07

芳醇な香りが楽しめる銘柄も多いバーボンですが、バーボンの種類や銘柄によって香りや味わいに違いがあります。バーボンの酒類や銘柄、名前からバーボンが好きな人へのプレゼントとしておすすめの種類や銘柄などを一覧でご紹介していきます。

  1. バーボンの種類・銘柄を一覧でご紹介!
  2. バーボンの種類・銘柄①:「ジムビーム」
  3. バーボンの種類・銘柄②:「I.W.ハーパー12年」
  4. バーボンの種類・銘柄③:「フォアローゼズ」
  5. バーボンの種類・銘柄④:「ブラントン」
  6. バーボンの種類・銘柄⑤:「ウッドフォードリザーブ」
  7. まとめ
Uws7p1irljtiuthqkqbu
アメリカで製造されているウイスキーのバーボンという種類は他とは違い、原料にトウモロコシを51%が使用され、定められた条件のもと、蒸留して樽詰め、熟成されたウイスキーのみがバーボンという種類になります。そんなバーボンには、香りや味わいに違いがある銘柄が多く存在しています。プレゼントにもおすすめ高級銘柄などの名前を一覧でご紹介します。
Rw9gfanoyxqd4gtw3q42
引用: https://www.instagram.com/p/BqhgfKhB47W/
まずご紹介するバーボンの種類・銘柄は、「ジムビーム」です。1795年から造られているジムビームは、世界120ヶ国以上で名前の知られるバーボンで、200年以上ビームという名前の家系で受け継がれており、世界で一番売上げを上げているおすすめの銘柄です。

名門の定番バーボン

Bks0qgjkc067wsfwiyff
引用: https://www.instagram.com/p/BqcpYl4nHNt/
世界中で名前の知られるジムビームは、世界中でシェア率41%を占めるなど人気が高い種類のバーボンで、質の高いトウモロコシや大麦など、厳選された原材料が使われ長年の技術力により、トウモロコシの香ばしさや甘み、優しい口当たりが他とは違い、バーボンに慣れていない初心者の方にもおすすめです。
O8d83x36pn3hwqqbdd8p
引用: https://www.instagram.com/p/BjNfDMtBkf1/
続いてご紹介するバーボンの種類・銘柄は、「I.W.ハーパー12年」です。1877年に誕生したこちらの銘柄は、10年以下と短い期間の熟成が一般的なバーボンの種類でも珍しく、12年熟成された世界初のプレミアムバーボンで、香水のようなデキャンタボトルに入ったプレゼントにおすすめの銘柄です。

世界初の12年熟成

Ri7307x3x98k4n8vwzsr
引用: https://www.instagram.com/p/Bo5_2JggsTK/
従来バーボンは熟成しても美味しくはならないと言われていましたが、こちらの銘柄は他とは違い12年熟成されたことで、独特なアルコール臭が少なく、甘く優しい口当たりになっており、熟成されたスムースなコクのある味わいが楽しめるバーボンは、プレゼントにもおすすめの銘柄です。
Xd7spgclep0dzjjmhk6o
引用: https://www.instagram.com/p/BqXUGyrA11C/
続いてご紹介するバーボンの種類・銘柄は、「フォアローゼズ」です。こちらの銘柄は、香りの異なった複数の原酒がバランスよくブレンドされたバーボンで、原料や酵母にこだわりが強く、複雑で特徴的な味わいのある、他との違いが明確なおすすめのバーボンです。

女性人気の高い種類

Qvezcxkvwktbzgdxudtb
引用: https://www.instagram.com/p/BqXUA-yAACA/
「フォアローゼズ」という名前には由来があり、このバーボンの生みの親が一目惚れした相手にプロポーズをして、相手が受諾の証として4輪のバラのコサージュを付け舞踏会に現れたことが名前の由来となっており、ロマンチックな名前の由来から女性からの人気が高い銘柄です。
味わいは名前のように他のバーボンとは違い、お花の柔らかい果実のような優しい香りと、滑らかな味わいの感じられ、ちょっとした女性へのプレゼントにもおすすめです。
P000h6m6fdozim9koy2j
引用: https://www.instagram.com/p/BlZ_wggAa0P/
続いてご紹介するバーボンの種類・銘柄は、「ブラントン」です。キャップにはダービーの馬とジョッキーがあしらわれた、特徴的なデザインになっているバーボンで、特徴的なボトルデザインだけでなく、上級者向けの味わいはプレゼントとしてもおすすめの種類です。

本格派の限定品

N7z9wfreriikgkyoipdd
引用: https://www.instagram.com/p/BnEwjCGnLvF/
ブラントンはアルコール度数が51.5度と高めになっていますが、厳選された樽の中で熟成されており、フルーティーでスパイシーな味わいは奥深い芳醇なバーボンです。他との違いがあるプレミアムウイスキーの限定品で、バーボン好きへのプレゼントとしてもおすすめです。
Zhbgw1h0rae8dfpi4th1
引用: https://www.instagram.com/p/BnbExgJBkYr/
続いてご紹介するバーボンの種類・銘柄は、「ウッドフォードリザーブ」です。ケンタッキー州で最古となる蒸溜所が製造するこちらのバーボンは、アルコール度数が43度の少量生産のものになり、バーボン好きへのプレゼントとしてもおすすめです。

人気のバーボン

Lqlcur4glmca19winjib
引用: https://www.instagram.com/p/Bpflm4OA7gl/
こちらの銘柄のバーボンは熟成を終えたものを、オリジナルのホワイトオーク樽で再度熟成させており、まろやかな口当たりが特徴的で魅力のある、おすすめのバーボンです。

「関連記事」

バーボンの種類・銘柄を一覧で紹介!ということで、プレゼントにもおすすめ高級銘柄など、さまざまな種類のバーボンをご紹介していきました。種類の多いバーボンは銘柄によって、味わいや香りが違い、好みによって選ぶこともおすすめです。ご紹介した情報が皆さんの参考になれば幸いです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/09/26/07/19/whisky-461872_960_720.jpg