B2jmo2evspny8dv2f3nd

CATEGORY | 靴

パンプスが脱げるときの応急処置6選!外でもできる大きいパンプス対策!

2019.07.26

外出時にやたらパンプスが脱げる時がありませんか?大きいサイズだったり、かかとがうまくはまっていないなどの原因でパンプスが脱げてしまう場合、コンビニで買えるもので応急処置ができる場合があります。この記事では脱げる時の応急処置の方法から防止方法まで紹介します。

  1. パンプスが脱げる!応急処置法①ばんそうこうで隙間を埋める
  2. パンプスが脱げる!応急処置法②テーピングを貼る
  3. パンプスが脱げる!応急処置法③パンストを詰める
  4. パンプスが脱げる!応急処置法④シューズバンドを買う
  5. まとめ:パンプスが脱げるときは布ものを詰める!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSG50mmzPxqrenMjsKdFyAPG8_jcqt1t_oLoxUNqNxZjU7rkUz5

まずパンプスが脱げる場合の応急処置法一つ目です。パンプスのかかとのサイズが大きすぎることが原因で脱げる場合、ばんそうこうでかかとの隙間を埋めるのが一番足に優しくておすすめです。ばんそうこうはコンビニでも購入できますし、駅にもドラッグストアがよく入っているので買える場所が多いですよ。簡単にできる応急処置法と言えるでしょう。

紙系のものを詰める場合は他にもティッシュ、新聞紙などがありますが、ティッシュは汗の湿気などでボロボロになってきますし、新聞紙は靴の裏に色移りすることがありあまり推奨できません。特にトイレットペーパーは、ティッシュペーパーよりさらに湿気に弱いので、できれば使用しないようにしましょう。

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRU7jcV83ASNvB4W2AMoTKP74jXr0XXZdTb0Qa2XOwLMkciLL2w

ばんそうこうはストッキングやパンストの上からつけるとすぐにはがれてきてしまうため、がっつり歩きたい場合は足ではなく靴に貼る方法がおすすめです。ばんそうこうで厚みが足りずパンプスが脱げる場合は重ね貼り、次項で紹介するテーピングなどがおすすめの応急処置法です。

参考記事

引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/loveberry/SL0013352/0013352_00_MAIN.jpg

パンプスが脱げる場合の応急処置法2つ目は、テーピングをかかとに貼るのも、靴のかかとが大きいことが原因で脱げるときにおすすめの方法です。テーピングなので肌に優しく、さらに厚みもあるためばんそうこうよりもさらに大きいパンプスに対応できる応急処置法です。

引用: https://store.wacoal.jp/contents/chiebukuro/files/20170919_b_thumb_640px_1.jpg

テーピングのデメリットはコンビニで売っていないときがあることや、ばんそうこうよりも目立つため見た目が気になる場合におすすめできないことです。マツモトキヨシなどのドラッグストア・ドンキホーテなどが近くにある場合は、もこもこしたインソールなどを買うのもアリです。

引用: https://www.cosme.net/clipkit_uploads/item_images/images/000/067/960/medium/26abc58a-907c-4615-a5bf-10f43342d120.jpg?1435628028

何も詰めるものがないというときや、パンプスの縦幅が大きくて脱げるという場合は、つまさきにパンストを詰める応急処置法も有効です。ばんそうこうやテーピングでは横幅の調整はききやすいですが、縦幅が大きいことが原因の時はつまさきに詰め物をするほうがパンプスが脱げることなくしっかり履けるようになる時があります。

引用: https://stat.ameba.jp/news_images/20170222/15/ab/0U/j/o06400427tbm_20170221143137.jpg

パンストはクッション性があり、指先にも優しいので詰め物にするにはとてもよいです。布類を使って防止する場合はハンカチやフェルトなどを詰める方法もありますが、いずれも長く履いていると指が痛くなってきやすいです。スポンジもあまりよい素材ではありませんが、紙よりは楽かと思います。

ストッキング類はコンビニでよく売られていますし、女性なら予備を持っていることも多いと思います。そのため、こちらも脱げる場合に簡単にできる応急処置法と言えるでしょう。ハサミを持っていない場合はセパレートタイプを使わないと困ることになるので注意してくださいね。

参考記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTXS2mVzyTz8guRqWIQsNCrIx23ekh_LHXN2c0EKgssnWmBOiPO

パンプスが脱げる場合の応急処置法4つ目です。近くにドラッグストアやドンキホーテ、靴屋さんがある場合は、思い切ってシューズバンドを購入するのがよいと思います。シューズバンドは足の甲とパンプスを留めてくれるバンドで、これがあるととても歩きやすくなります。

引用: https://image.t-fashion.jp/adametrope/images/goods/1708-GAA2705/z-1708-GAA2705_54.jpg

シューズバンドは、売っている場所が比較的限られていますが、カパカパを防止するなら一番確実で、かかとが小さくても、足の大きさ自体が小さくても大丈夫です。価格も1000円前後でお手頃な応急処置法です。

引用: https://cdn.locari.jp/web/images/p/post_element/picture/586306/w621_GettyImages-649654548.jpg

黒いものや透明なものならあまり目立たずにつけることができるので、カパカパ防止に常備しておくのもおすすめです。最近ではあまり光らないようなマット素材のものも販売されているようなので、お好みのものを探してみてください。

引用: https://cdn.super-groupies.com/images/products/5132/76542208-2b8f-4cf7-9f70-6c7cca8bbdb5.JPG

いかがでしたでしょうか。パンプスが脱げると、本当に歩きにくくて危なくて困りますよね。すぐに紙を詰めたくなるかもしれませんが、実は紙は弾性がないので少しの圧力ですぐに硬くなってしまいます。応急処置で詰めるなら布を、できればストッキングなどを使うようにしてくださいね。

日頃から歩きやすいパンプスを探しておくのもよいと思いますので、ぜひ自分にあった靴を探してみてください。