Gowkta7it8obo6jpviop

暮らし・住まい

CATEGORY | 暮らし・住まい

LED蛍光灯に変えるには工事が必要?工事の内容・費用とは?

2018.12.16

LED蛍光灯は直管形LEDやLEDベースライトなど様々種類がありますが、交換するには工事や費用がかかるものなのでしょうか。今回はLED蛍光灯に変えるには工事が必要なのか、工事の方法や費用がどれくらいかかるのかということをご紹介します。

  1. 【LED蛍光灯に変えるには工事が必要?工事の内容・費用とは?】LED蛍光灯とは
  2. 【LED蛍光灯に変えるには工事が必要?】工事が必要かどうか①直管形LED
  3. 【LED蛍光灯に変えるには工事が必要?】工事が必要かどうか②LEDベースライト
  4. 【LED蛍光灯に変えるには工事が必要?】工事が必要かどうか③外部電源の直管形LED
  5. 【LED蛍光灯に変えるには工事が必要?】工事が必要かどうか④トラストライト
  6. 【LED蛍光灯に変えるには工事が必要?工事の内容・費用とは?】まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41rFHjx9CZL._SY355_.jpg
今回はLED蛍光灯に変えるには工事が必要なのか、工事の方法や費用がどれくらいかかるのかということをご紹介しますが、まずはLEDやLED蛍光灯がどういったものなのかをご紹介します。LEDやLED蛍光灯とは、発光ダイオードと呼ばれる半導体が電気を流すことで発光するもの、またそれを用いた蛍光灯で、従来の白熱電球より大幅に電気を光へ変える効率がよく、長持ちもしますし、本体が高温にならないというメリットがあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51pmgJS54kL._SY355_.jpg
しかしながら従来の蛍光灯をLED蛍光灯へと変更する際には工事が必要で費用がかかってしまうのでしょうか。今回は従来の蛍光灯をLED蛍光灯へ交換するのに工事が必要なのか・費用がかかるのか、どういった方法で交換するのかをLED蛍光灯の種類別にご紹介します。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/512-aSHGDTL._SY355_.jpg
それでは、LED蛍光灯に変えるには工事が必要なのか、工事の方法や費用がどれくらいかかるのかということをご紹介します。最初にご紹介するのは直管形LEDをLED蛍光灯に変えるには工事が必要なのか、工事の方法や費用がどれくらいかかるのかということについてです。直管形LEDは工事不要のものですと簡単に交換ができますが、安定器があるので、実際に交換した節電効果はその安定器次第ということになります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81kHaaSIl7L._SY355_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/21Ri%2BZJO5ZL.jpg
続いてご紹介するのは、LEDベースライトをLED蛍光灯に変えるには工事が必要なのか、工事の方法や費用がどれくらいかかるのかということについてです。LEDベースライトに交換をするには工事が必要で、既存のベースライトごと取り外し、新しいLEDベースライトを付ける必要があります。交換費用は10000円弱程となります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/21FqCxWpRuL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ZDcuyPB%2BL._SY355_.jpg
続いてご紹介するのは、外部電源の直管形LEDをLED蛍光灯に変えるには工事が必要なのか、工事の方法や費用がどれくらいかかるのかということについてです。外部電源の直管形LEDは工事が必要となります。配線の変更工事も行いますので、費用としても10000円以上するところが多いです。しかしながら節電効果は高く、取り付けや交換費用を払っても費用対効果としては従来のをつけるより良くなるのは間違いないでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Or5ugpQzL._SX355_.jpg
続いてご紹介するのは、従来の蛍光灯をトラストライトのLED蛍光灯に変えるには工事が必要なのか、工事の方法や費用がどれくらいかかるのかということについてです。トラストライトという直管形LED蛍光灯が存在します。こちらは電源内蔵・片側給電で既存の蛍光灯器具にバイパス工事をすることにより、導入をすることができます。工事が必要ですが、通常の直管形LEDに比べて節電効果が大きくなります。また次回交換時には、本体だけを交換すれば良いのもポイントです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ojZmli41L._SY355_.jpg
ここまで、LED蛍光灯に変えるには工事が必要なのか、工事の方法や費用がどれくらいかかるのかということをご紹介しました。従来の白熱電球・蛍光灯に比べて、LED蛍光灯のほうが圧倒的に電力の損失が少ない、本体が熱くならない、長持ちするなどコストパフォーマンスも抜群ですし、LED蛍光灯によっては工事も必要なく普通の電球や蛍光灯を交換するように交換もできますので、ぜひLED蛍光灯へと交換できるものは切り替えてみてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51I2fMKUN3L._SY355_.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51aulndIGaL._SY355_.jpg