// FourM
Lhgpza2xaoplliyz8qyk

住宅

CATEGORY | 住宅

LED電球の選び方!トイレやリビング・部屋によって変わる?

2018.12.17

白熱電球と同じくらいのワット数でもより省エネなLED電球はどのような選び方をすればよいでしょうか。今回はLED電球の白熱電球と比較したメリットやトイレ・リビング向けの選び方についてご紹介をしますので、より良いLED電球を利用してください。

  1. 【LED電球の選び方!トイレやリビング・部屋によって変わる?】LED電球とは
  2. 【LED電球の選び方!】LED電球のメリット①コスト面が強い
  3. 【LED電球の選び方!】LED電球のメリット②長寿命
  4. 【LED電球の選び方!】トイレに向いている電球の種類やワット数の選び方
  5. 【LED電球の選び方!】リビングに向いている電球の種類やワット数
  6. 【LED電球の選び方!トイレやリビング・部屋によって変わる?】まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/716AoUGC6lL._SY550_.jpg
今回はLED電球の白熱電球と比較したメリットやトイレ・リビング向けの大きさやワット数の選び方についてご紹介をしますが、LED電球とはどういったものなのでしょうか。LED電球とは、発光ダイオードを使った電球で、今まで普及をしていた白熱電球に変わる電球として期待されており、実際に白熱電球から取って代わる存在になっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51S2h9%2BSyxL._SY355_.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91mlr1S8xJL._SY450_.jpg
具体的なLED電球の選び方をご紹介する前に、まずはLED電球のメリットをご紹介します。最初にご紹介するLED電球を使用するメリットは、コスト面が強いという点です。LED電球は電気代の消費が従来の白熱電球に比べても圧倒的に少なく、料金としては1/4~1/5になります。白熱電球が140円ほどだとすると、LED電球の場合は30円ほどになり、コストカットができていますね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81QmoJL7txL._SY450_.jpg
また、登場当初はLED電球のほうが本体価格が高かったのですが、今ではLED電球と白熱電球の価格差がほとんどなくなり、場合によってはLED電球のほうが安いケースも出てきているので、初期費用という面でもLED電球のデメリットがなくなり、純粋にランニングコストの差が出やすくなっているという面もあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/812r1XsNk9L._SY450_.jpg
続いてご紹介するLED電球を使用するメリットは、長寿命です。LED電球は節電につながるだけでなく、寿命についても長いという特徴があります。LED電球は白熱電球と比較して寿命が40倍ほどあるとされています。これにより、白熱電球より40回分取り替える必要もなくなり、買い替え費用や取り付けをする時間、そして取り付けをする際のリスクも大幅に軽減することができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/610AB1gU-yL._SY355_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61yjGX-g9iL._SY355_.jpg
ここからは、実際のお部屋に合わせたLED電球の選び方をご紹介していきます。まずはトイレに向いている電球の種類やワット数の選び方についてです。トイレはお家の中のお部屋や空間の中では狭い部類であることがほとんどかと思います。そんなトイレに向いているLED電球は、まずワット数としては40ワットほどのものが良いでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/516jWheYnoL._SY355_.jpg
トイレ等の狭い空間ですとあまり明るさの強すぎるLED電球を選ぶのは選び方として適切ではないですし、無駄に明るすぎても電気代がかさんでしまうだけです。また、電球の形としては上向きではなく下向きに光が広がる下方向形の商品が良いでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61TYajeCtnL._SY355_.jpg
続いては、リビングに向いている電球の種類やワット数の選び方についてです。まず、リビングは家の中でも広い方のお部屋になると思うますし、部屋全体を明るくしたいですよね。ですので、白熱電球と同様に周囲すべての方向に光が広がる全方向形のLED電球を洗濯するのが選び方としてベストでしょう。また、ワット数については100ワット、1520ルーメン以上の機器を選ぶと良いでしょう。勿論明るいことに越したことはないですが、この数値を一つの目安としてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51AXoPRgUxL._SY355_.jpg
ここまで、LED電球の白熱電球と比較したメリットやトイレ・リビング向けの大きさやワット数の選び方についてご紹介をしました。LED電球は従来の白熱電球と比べても良い点が沢山あることがおわかりいただけたかと思いますし、LED電球を取り付ける場所・部屋によっておすすめのLED電球の選び方も変わってきますので、ぜひ適切なLED電球の選び方をしていただき、快適な空間にしてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61gM3KVDTvL._SY355_.jpg