D4g99mm9x3xmeius2qsa

違い

CATEGORY | 違い

フランス語・ドイツ語の難易度は?大学の第二外国語のおすすめは?

2018.12.20

世界にはさまざまな言語があり、大学では多くの言語を学ぶことができますが、フランス語・ドイツ語・中国語の難易度はいったいどの程度なのでしょうか。こちらの記事では、大学の第二外国語におすすめの、フランス語・ドイツ語・中国語の難易度や需要の違いについて徹底解説!

  1. 大学の第二外国語でのフランス語・ドイツ語・中国語の難易度は?需要の違いについて徹底解説!
  2. 大学の第二外国語でのフランス語・ドイツ語・中国語の難易度は?需要の違いについて徹底解説!:フランス語について
  3. 大学の第二外国語でのフランス語・ドイツ語・中国語の難易度は?需要の違いについて徹底解説!:ドイツ語について
  4. 大学の第二外国語でのフランス語・ドイツ語・中国語の難易度は?需要の違いについて徹底解説!:中国語について
  5. 大学の第二外国語でのフランス語・ドイツ語・中国語の難易度は?需要の違いについて徹底解説!:まとめ
引用: http://livedoor.blogimg.jp/unggoy/imgs/6/7/67938148.jpg
大学の第二外国語の受講で受けるべき、おすすめの外国語はいったいどの言語なのでしょうか。大学生が受講している外国語の中で多くの人気がある言語は、フランス語・ドイツ語・中国語です。この3つの言語の難易度やそれぞれの需要の違いとはいったい何なのでしょうか。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/S/Sakurasaku304/20180321/20180321045159.jpg
今回は、大学の第二外国語の受講で多くの人気があるフランス語・ドイツ語・中国語の難易度や、それぞれの需要の違いについて詳しい解説を行っていきます。大学で外国語を受講したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

フランス語・ドイツ語・中国語などをマスターして、海外で働きたいと思っている方は、国際結婚も視野に入れて将来を考えるべきでしょう。フランス語・ドイツ語・中国語などをマスターしてそれぞれの現地の人と子供を作ると、当然ながらその子供はハーフの子供になります。ハーフの子供にはいったいどのような形で、子育てや教育を行うべきなのでしょうか。こちらの記事では、ハーフの子供が生まれたときの子育てのポイントや注意点、名前の呼び方などについて詳しい解説を行っています。
引用: https://i0.wp.com/wondertrip.jp/img/p/pixta_26764434_M.jpg?w=730
フランス語は大学での受講者が英語に次いで多く、かなり人気が高い言語です。フランス語は発音時の音が流れるように聞こえ、上品で優雅なイメージを感じさせるため、フランス語をマスターして上手に話せるようになりたいという方はかなり多いです。
引用: http://immoue.com/wp-content/uploads/DSC3397-2.jpg
フランス語は英語とほぼ同じ文法をしているので、難易度で考えると他の言語に比べてそれほど高くはないかもしれません。しかし、形容詞の順番が逆になったりと、英語とは違う独特の特徴も見られるので、マスターするには苦労する方も多いでしょう。フランス語は「おしゃれ、上品」といったイメージがあるので、勉強をしておけばビジネスの際にも相手に印象を持ってもらうための良いきっかけになるかもしれません。
引用: https://blog.pokke.in/wp-content/uploads/2018/04/shutterstock_482573056-min-1.jpg
ドイツ語もフランス語や中国語には及びませんが、大学での受講者数が多いと言われている人気のある言語です。ドイツ語はフランス語と比べて英語よりの言語ではなく、単語の馴染みがあまりないため、ドイツ語独特の言語をたくさん覚えなければいけないというネックがあります。
引用: https://1.bp.blogspot.com/-ocxF_q1voQg/WrUYs5qNOeI/AAAAAAAACdw/I4LiHFnpupUn58sTLa25zl0MDmF6dHpZwCLcBGAs/s1600/%25E6%2596%2587%25E6%25B3%2595.jpg
大学でドイツ語を覚えることはかなり需要があることだと言えます。なぜならヨーロッパでもっとも経済が安定している国はドイツであり、ヨーロッパ諸国の人々はドイツで働くことに憧れを抱いているからです。ヨーロッパの経済の中心となっている大国の言語を学べば、外国を相手に仕事をする際、かなりのアドバンテージになるのではないでしょうか。
引用: https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/jp/images/3266495/700/d8d2a8e02b0a39b1553821b179a4d648c6067775_56fce379a6e3a_p.jpeg
中国語は大学の受講者数が英語、フランス語に次いで多く、かなり人気の高い言語です。中国語は難易度が高く、文章がすべて漢字になるため、かなりの量の漢字を勉強しなければいけません。中国語は発音が4つに分かれているため、それぞれの発音の違いをマスターする必要もあります。
引用: http://w.miyuki313.com/l/x/62c2033ef48b_D611/2763dfb04baa.jpg
中国は近年、経済の発展が目まぐるしくアジアの経済大国として世界的に注目されています。なので、将来海外で働くことを考えている方にとって、大学で中国語を勉強しておくことはとても需要のあることだと言えるでしょう。
引用: https://i2.wp.com/aycique.com/wp-content/uploads/2018/06/multilingual_1529564383-e1529564398875.png?fit=640%2C522&ssl=1
引用: https://studyhacker.net/wp/wp-content/uploads/images/2017/08/study-diary-01-640x336.jpeg
大学の第二外国語でのフランス語・ドイツ語・中国語の難易度や、需要の違いについて徹底解説しました。フランス語・ドイツ語・中国語にはそれぞれ別々の魅力があり、難易度もまた違います。ここでご紹介した内容を参考にして、大学の第二外国語の受講でどの言語を選ぶか決めていただけたら幸いです。