Nuaqkiyjo4xok19qgs4z

釣り

CATEGORY | 釣り

ライトロックフィッシュにおすすめのロッドは?おすすめの仕掛けや道具も!

2018.12.21

ライトロックフィッシュは、比較的手軽な仕掛けで堤防などから、根魚などを狙える、初心者にもおすすめできる釣りです。今回は、ライトロックフィッシュ初心者向けに、使用するロッドやリールなどの道具の選び方と、仕掛けを紹介します。

  1. ライトロックフィッシュで使用する道具や仕掛けを紹介します。
  2. ライトロックフィッシュで使用する道具① ロッド
  3. ライトロックフィッシュで使用する道具② リール
  4. ライトロックフィッシュで使用する道具③ ライン
  5. ライトロックフィッシュにおすすめの時間帯。
  6. ライトロックフィッシュで使用する道具や仕掛け まとめ。
引用: https://umiduri-startguide.net/wp-content/uploads/lurerod.jpg
ライトロックフィッシュは磯などに行かなくても、防波堤などから手軽に狙える、初心者にもおすすめの釣りです。主に根魚を狙えます。小さいながらも手ごたえのある引きを楽しめるのが人気です。
ライトロックフィッシュゲームで釣れる魚ですが、身近なところでいうと「ガシラ(カサゴ)」「メバル」「キジハタ(アコウ)」が釣れますし、もちろんオオモンハタだったりクエの子供だったり、アカハタもマハタも・・・ とにかく、ロックフィッシュ!と呼ばれている魚であれば何でもターゲットになることもライトロックフィッシュゲームの魅力ですね。

今回は、そんなライトロックフィッシュで使用するロッドやリールなどの道具、仕掛けを紹介します。ライトロックフィッシュに興味のある人はぜひ参考にしてみてください。
引用: https://5v0amqxf.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2017/12/6afb3247e0caf67c6267ea96023e31d8.jpg
引用: https://tsuriho.com/wp-content/uploads/2016/03/IMG_9468kai.jpg
ロッドとは、日本語で言えば、釣り竿本体です。ライトロックフィッシュのロッドは、本格的なロックフィッシュ用のロッドは必要ありません。ライトゲーム用のロッドがあれば十分対応できます。メバル用の「メバリングロッド」や、アジ用のアジングロッドなどでいいでしょう。もともとライトゲーム用のロッドを持っている人は、ライトロックフィッシュにも流用できるため、費用も抑えられます。
長さは7ft〜8ftの比較的短いレングスをセレクトし、投げられるルアーウエイトは「3g〜5g」程度あれば十分です。場所によっては10g前後のルアーを使うこともあるので、その辺りは自分の釣りスタイルに合わせてお選び下さい。

引用: https://d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net/f/16782878/rc/2017/07/13/2804eb8d64013d538ffad2e90109094e06ec0b18_xlarge.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/2017/sports/Other/ContentGrid/Wear_chinuReels_440x300.png
続いての仕掛けの道具は、リールです。ロッドもライトゲーム用のロッドを使用しましたが、リールも小さめのロッドで十分です。ロッドは、大きさに番号が付けられていますが、ライトロックフィッシュ用のリールは、2000番台あたりのロッドが適切です。
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 セオリー 2506 (2500サイズ)
価格 ¥ 21,000
引用: https://5v0amqxf.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2017/08/20-340x260.jpg
ラインとは、釣り糸のことです。ライトロックフィッシュで使用するラインは、フロロカーボンラインをおすすめします。フロロカーボンラインは、他のラインよりも、耐摩耗性が高く、潮の流れにも強いというメリットがあります。ライトロックフィッシュは根が多い場所が釣り場になる場合が多く、根にラインが触れていると、ライン断裂の可能性があります。そして、根魚はサイズは小型でも、どんどん根の間に潜っていく特徴があるため、サイズに対して強度の強いラインが必要なのです。
また比重が重いため、水中に沈みやすく、潮の流れが複雑な沖磯などでも潮に流されず、素直に水中に沈みます。コンディションに左右されずに釣りが楽しめるのもフロロカーボンの強みです。
引用: http://www.duel.co.jp/column/img/fluoro.jpg
引用: https://turiiko.com/wp-content/uploads/2017/07/sunset-2419503_960_720.jpg
釣りは基本的に1日中できますが、釣りには釣果が期待できる時間帯があります。俗に「朝まずめ」、「夕まずめ」と呼ばれる時間帯です。基本的には昼間は魚の動きが鈍いためあまりつれません。
引用: https://turiiko.com/wp-content/uploads/2017/07/IMG_4220.png
朝まずめのタイミングですが、夏であれば4時〜6時、冬であれば6時〜8時を目安に考えておいて下さい。

夕まずめの時間帯ですが、夏であれば18時〜20時、冬であれば16時〜18時を目安に考えておきましょう。

引用: https://turiiko.com/wp-content/uploads/2017/07/IMG_4221.png
タイミングがドンピシャで合えば入れ食い状態になるケースもあります。しかし面白いのが、どれだけ入れ食い状態でもまずめの時間帯を過ぎるとピタッと当たりが止まってしまう点です。なぜ朝夕のまずめの時間帯によく釣れるのかという明確なメカニズムは判明していませんが、えさとなる魚が大量にまずめの時間帯に移動するからなどの説が提唱されています。
引用: https://cdn.joetsutj.com/storage/11,2245bb5f6bd6
今回はライトな道具や仕掛けで楽しめるライトロックフィッシュについて紹介しました。釣り初心者にもそろえやすい道具と仕掛けで、手軽に磯釣りが楽しめます。レベルアップしてきたら、ロックフィッシュゲームという本格的な磯釣りにチャレンジしてもいいでしょう。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://turiiko.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_0289-e1527659977312-1024x695.jpg