Syumxisnwkmuwzs1lamj

DIY・ハウツー

CATEGORY | DIY・ハウツー

プラグ溶接のコツを紹介!スロット溶接との違いやその用途とは?

2018.12.22

プラグ溶接をご存知ですか?今回は溶接とは何か、その中でプラグ溶接とは何か、スロット溶接との違いはあるのか、そしてプラグ溶接のコツについてもご紹介をしていきますので、この記事を読んでいただき、ぜひ溶接に詳しくなってください。

  1. 【プラグ溶接のコツはなに?!用途について、スロット溶接とはどう違うのか?】溶接とは
  2. 【プラグ溶接のコツはなに?!用途について、スロット溶接とはどう違うのか?】プラグ溶接とは
  3. 【プラグ溶接のコツはなに?!】プラグ溶接のコツについて
  4. 【プラグ溶接のコツはなに?!】スロット溶接について&プラグ溶接との違いとは
  5. 【プラグ溶接のコツはなに?!用途について、スロット溶接とはどう違うのか?】まとめ
今回は溶接とは何か、その中でプラグ溶接とは何か、スロット溶接との違いはあるのか、そしてプラグ溶接のコツについてもご紹介をしていきますが、まずは溶接、というものについてご紹介をします。溶接とは、2つ以上の物体を一体化させる行為を指します。溶接は太古の時代からある技術ではありますが、決して古く使えない技術ではなく現在でも建設業、自動車産業、宇宙工学、造船などの先端技術にも利用されている技術となっています。
溶接と似たような技術で、接着、溶着などがありますが、これらはそれぞれの物体をくっつけるために別の物質を間に用います。しかしながら溶接はその物体そのものを溶かしてくっつける、という大きな違いがあります。ですので、接着や溶着よりもくっつけたいもの同士を一体化させることが可能です。そして溶接にも今回ご紹介するプラグ溶接やスロット溶接などの種類があります。

関連記事

引用: https://i.ytimg.com/vi/pfbReNxCLII/maxresdefault.jpg
続いては、プラグ溶接についてご紹介をします。プラグ溶接とは、くっつけたい素材の一部に穴を開け、その穴を埋めていくように溶接をする方法です。溶接の一般的な方法で、電極棒で加圧しつつ電流を流し、抵抗熱によって金属を一時的に溶かし凝固させてくっつけるスポット溶接という方法があるのですが、このスポット溶接をするのには専用の機械が必要で、溶接をしたい箇所によってはスポット溶接用の機械が使用できないケースがあります。
引用: http://w.jisw.com/image/Z3001_2726.jpg
そういった場合にこのプラグ溶接を利用することにより、ピンポイントな箇所でも溶接を行うことができます。ただし、スロット溶接に比べるとどうしても作業効率が低下してしまうので、日常的に利用するのにおすすめの溶接方法というよりかは、サブで利用してほしい溶接の方法と言えるでしょう。
続いては、プラグ溶接のコツについてご紹介をします。プラグ溶接をする際は、くっつけたい素材の片方にしっかりと穴を開けることが重要です。この穴を開けないと溶接がうまくいかない、溶接したとしても不十分になってしまい、劣化がはやまってしまったり、素材の離脱が早まってしまう可能性があります。
続いては、スロット溶接についてやスロット溶接とプラグ溶接との違いについてご紹介をします。スロット溶接とは、溝溶接とも言われる溶接の方法で、重ね合わせた素材の一方にあけた細長い溝に対して溶接を行う手法です。一方に処理をした状態で行うので、プラグ溶接と似たような状況で用いられることが多い、溶接の方法ではあります。
しかしながら、プラグ溶接は素材の一方は穴を開けますが、スロット溶接の場合は穴を開けません。あくまでも溝です。例えば溶接したいところや部品が穴を開けるのが大変な厚いものである場合は、プラグ溶接ではなくスロット溶接のほうが良いでしょう。また、溶接面を広くしたい場合もスロット溶接を利用したほうがより強度が増すでしょう。
溶接とは何か、その中でプラグ溶接とは何か、スロット溶接との違いはあるのか、そしてプラグ溶接のコツについてもご紹介をしていきました。溶接といっても単純にくっつけるだけではなく、それぞれの状況に応じたプラグ溶接やスロット溶接などの方法があることがおわかりいただけたかと思います。プラグ溶接については特にスロット溶接との違いやコツについてもご紹介しましたので、こういう溶接方法があるんだ、と覚えていただければ幸いです。