Wijeyq1vctlhzauepvfr

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

シールのベタベタの取り方!【素材別】跡を残さないためのコツは?

2018.12.31

シールを剥がした後のベタベタは厄介な存在ですね…放置すると跡が残ってしまいますし、見た目も悪くなってしまいます。そこで今回はアルコールなどを使ったシールのベタベタの取り方をご紹介!よく子供がシールを貼ってしまう、壁紙や木材のベタベタの取り方も解説します。

  1. 【素材別!シールのベタベタの取り方】1-金属
  2. 【素材別!シールのベタベタの取り方】2-プラスチック
  3. 【素材別!シールのベタベタの取り方】3-壁紙
  4. 【素材別!シールのベタベタの取り方】4-木材
  5. 《まとめ》
引用: https://www.instagram.com/p/BqvJQDnncNz/
表面がツルツルとした金属は、シールのベタベタの取り方も簡単!使えるアイテムも豊富にあるので、ストレス無くベタベタを取り除くことができるでしょう。
金属に残ったシールのベタベタは、粘着力の強いテープを使う方法がおすすめ!取り方は指先にテープを巻きつけ、ベタベタを押さえテープを剥がす動作を繰り返します。徐々にテープの粘着力が低下してくるので、その場合は新しいテープに交換しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bgm5Xm9h20Q/
金属は酸性の液体をかけるとサビやすくなってしまうため、お酢を使ったシールのベタベタの取り方はおすすめできません。ドライヤーの温風でベタベタを温めて取る方法も、やけどや金属の変形のリスクがあります。まずは手軽なテープを使った取り方や、アルコールを使う取り方を選びましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BpuD389HUWl/
プラスチックもシールのベタベタの取り方が簡単な素材!様々な取り方がありますが、今回は一番時短になるベタベタの取り方をご紹介します。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/21/212fd11a9a92ba1196a3b6bebbd9b724_t.jpeg
プラスチックに残るシールのベタベタは、アルコールで取りましょう。アルコールスプレーをベタベタしている部分に吹きかけ、定規やプラスチックカードでこすると跡も残りません。最後に乾拭きを行い、残ったアルコールを取り除いてください。
アルコールで浮いたベタベタを爪でこすってしまうと、プラスチックに跡が残りやすくなります。力を入れてこするとプラスチックにキズがついてしまうので、やさしくベタベタだけを取り除くようにしましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BWeeXMdgZLv/
壁紙についたシールのベタベタは取り方も難易度がアップ…跡が残らないように、ゆっくりベタベタを取り除いていきましょう。
まずは壁紙の素材をチェックしましょう。ビニール素材であれば、アルコールや中性洗剤を使った取り方もできます。見ただけでは壁紙の素材がわからない…という方は、紙に使えるベタベタの取り方を実践してください。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5f/5fb5515e78953c09abb8bc263279f579_t.jpeg
紙に残ったシールのベタベタは、熱で柔らかくして取り除きます。ドライヤーの温風をベタベタに吹きかけ、指先でやさしくこすってみましょう。ベタベタが伸びてしまう場合は、薄い紙を一枚重ねてからゆっくり剥がしてください。
ドライヤーのコードが届かない!という場合は、ベタベタの上にラップを貼り、その上から温めたカイロをあてましょう。カイロはゆっくり紙に熱を伝えるので、壁紙が剥がれてしまう心配もありません。
引用: https://www.instagram.com/p/BpO1Nv6lH0q/
家具の中には、素材が木材というものも多いですね。表面に凹凸がある木材は、シールのベタベタが残ると厄介…木材を傷めないように、シールのベタベタを取り除いていきましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BkANy9FFoH5/
木材に残ったシールのベタベタは、ドライヤーの熱やアルコールを使った取り方が効果的です。もし木材の表面に塗装が施されているのであれば、目立たない部分にアルコールをつけ、塗装が剥がれないか確認してください。長時間アルコールをつけたままにすると塗装が剥がれてしまうため、すぐに拭き取るようにしましょう。
木材は水分を吸収しやすい素材ですが、アルコールは揮発性の優れた液体であるため、木材への影響を少なくすることができます。お酢や中性洗剤は染みになってしまうので、使わないようにしましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BVR9kaEAcGU/
ドライヤーの熱によって、木材の表面の塗装が変色してしまう恐れもあります。高温になるのを避けるために、ドライヤーの温風をあてる時間を短くするなどして対策をしましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/bf/bf893caaf7b0eb42dc0f09ba657161af_t.jpeg
シールのベタベタの取り方を素材別にご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?シールのベタベタは無理に取ってしまうと、跡が残ることも…仕上がりをきれいに見せるためにも、素材に適した取り方を選びましょう。

関連記事