R51gbdqbttggialmsam8

バイク

CATEGORY | バイク

ペダルの外し方がわからない!固い子供用のペダルを外せる工具は?

2018.12.26

子供が成長するとともに、その自転車の形態も変化していきますが、その際にペダルの外し方がわからない人は少なくありません。そこで今回は、固い子供用のペダルを外せる工具を含めた「ペダルの外し方がわからない時のコツ・対処法」についてまとめています。

  1. ペダルの外し方がわからない!固い子供用のペダルを外せる工具を紹介
  2. ペダルの外し方のポイント1:ネジを回す方向
  3. ペダルの外し方のポイント2:面を見つける
  4. ペダルの外し方のポイント3:レンチを握る様にして外す
  5. ペダルの外し方のポイント4:潤滑油を使う
  6. ペダルを外す際の注意点1:怪我の可能性
  7. ペダルを外す際の注意点2:工具の向き
  8. 必要な工具を使ったペダルの外し方1:バイクハンド
  9. 必要な工具を使ったペダルの外し方2:モンキーレンチ
  10. 必要な工具を使ったペダルの外し方3:スパナ
  11. 必要な工具を使ったペダルの外し方4:板スパナ
  12. 必要な工具を使ったペダルの外し方5:六角レンチ
  13. ペダルの外し方がわからない!自転車屋でする時の値段は?
  14. 自転車で変わる?ペダルの外し方の違いとは!
  15. ペダルの外し方がyoutubeに!参考にしてみよう
  16. 外し方はOK!ペダル用の工具はどこで売っている?
  17. 外し方はわかっていても固い!そんな時は錆び取りスプレーを活用しよう
  18. 固い部分を叩く!ハンマーも活用してみよう
  19. ちょっとした疑問!なぜ自転車のペダルを外す?
  20. 大事な子供の自転車!メンテナンスもマメにしよう
  21. ペダルの外し方は簡単!誰でも出来る様にすぐになる
Oa1fv3c18lhegwjeedla
引用: https://www.instagram.com/p/BaoU-CLHF70/
自転車のパーツの取り外しというのは、あまり経験することではないですし慣れていなければうまく出来ないイメージがあります。自分の子供が自転車に乗る様になると、多くの人が行う作業がペダルを外すことです。ここからは、子供の自転車のペダルの外し方や固い時の外し方、さらにペダルを外すときに必要な工具について解説していきます。

まずは頭で覚えよう

Qo1lng9smhg7aamc1o0z
引用: https://www.instagram.com/p/BqjXtq1FWoK/
まずはペダルの外し方のポイントを見ていきます。はじめになるペダルの外し方のポイントはネジを回す方向です。ペダルの外し方の基本となる部分になりますので、まずはしっかりと頭に入れておくことが大切です。ネジを回す方向は簡単で、右のネジは右に回すと締まります。そして、左のネジは左に回すと締まります。

つまり逆に回せばと良いということ

引用: https://soreiinee.com/wp-content/uploads/2014/11/pedarumigi.jpg
ここからわかる様に、右なら左、左なら右にネジを回すのが外し方です。つまり反対方向に回せば良いということになります。このネジを回す方向に関しては、子供用の自転車でも大人用の自転車でも全て同じになりますので、一度覚えてしまえばまず迷わず作業に取りかかれます。

面を見つけよう

引用: https://soreiinee.com/wp-content/uploads/2014/11/pedaruhidari.jpg
そして続いてのペダルの外し方のポイントは面を見つけるというものになります。面というのはペダルの外し方を知る上で必ず知識として持っておかなければならないものです。あとで出てきますが、自転車のペダルをの外し方として、必要な工具はレンチです。面とはそのレンチをかける場所のことを言います。

LRという印を見つけよう

引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20131201/00/top34/a1/4d/j/o0800045012766392525.jpg?caw=800
ペダルにレンチをかける場所には、LRと書かれています。そこにレンチをかけて回すとペダルは外れます。子供用の自転車であれば大抵このLRはついていますのでわかるとは思いますが、種類によってはLRが書かれていないものがあります。スポーツ用の自転車であれば書かれていないものが多いのですが、通常の子供用自転車であれば簡単に見つけられます。

力の加わり方がうまくなる

引用: http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/284/58/N000/000/002/130543531752416102218_110515-1.jpg
そして続いてのペダルの外し方のポイントはレンチを握る様にして外すということです。レンチの使い方として、レンチ単体でペダルのネジを回すのではなく、自転車の部品のどこかを一緒に持って握る様にして回した方が外し方としてうまくいきます。上記の画像はレンチだけで回そうとしていますので、力もうまく加わらずなかなかネジを外すことは出来ないです。

どこでも良いので掴める様なところを探す

引用: https://i1.wp.com/dousuru.info/wp-content/uploads/2017/06/IMG_1603.jpg?fit=1024%2C768&ssl=1
特に場所には決まりがないので、掴みやすいところを持ってペンチを握る様にして回します。子供用の自転車であれば各部品との距離が近いので、すぐに何かを掴んでレンチに力を加えやすくなります。外し方のコツとして力を入れなくても行える方法ですのでチェックしておくべきやり方です。

滑りをよくする

引用: https://www.zitennsha-menntenannsu-mania.site/wp-content/uploads/2018/02/5e283091b1ac153a9e068eac67cd6ce0-680x383.jpg
そして続いてのペダルの外し方のポイントは潤滑油を使うというものです。ペダルの外し方を紹介しているサイトでも多く見られる方法ですし、これは自転車屋でも行われているペダルの外し方になります。潤滑油とは556と呼ばれる油のことで、錆などで固い状態になっているペダルを外すためには必要なアイテムとなります。

事前に吹きかけておくことが大切

引用: https://www.zitennsha-menntenannsu-mania.site/wp-content/uploads/2018/02/22c858738576187a423d943fa6ba26dc-680x383.jpg
うまい外し方として、ペダルを外す作業を行うときに潤滑油を吹きかけるのではなく、だいたい12時間前にはペダル部分に吹きかけておくと作業を行うときには滑りが良くなりネジも回りやすくなります。外し方のコツともいえますし定番の方法でもありますので、子供用に限らずペダルを外すときには持っておきたいアイテムです。

関連記事

怪我に繋がりやすい事象がある

引用: http://www.mira1.jp/staff_blog/bicycle%20005.jpg
次に、子供の自転車のペダルの外し方ではなく注意点を見ていきます。一つ目になるペダルを外す際の注意点は怪我の可能性です。これは良くある怪我のパターンで、固いネジを外すために工具を目一杯力を入れて回します。その際に、一気にネジが緩むことがあります。そうなると重心が前にかかっている分いきなり固いネジが緩むと子供用自転車に突っ込んでしまう形になります。

他の部品で手を切ってしまう可能性も

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81dCtC7W9NL._SL1500_.jpg
固いネジがいきなり緩むと子供用自転車の他の部品で手を切る可能性もありますので、むやみに力を入れない様にする外し方が鉄則です。徐々に固いネジが緩んできたと感じたら、ゆっくりと力を加えていき怪我の防止に努めることが大切になります。

工具の使い方は基本となる

引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/12/1f/058adff364d8fcf0a73b10bebdcb98fe.jpg
続いてのペダルを外す際の注意点は工具の向きになります。当たり前の話ですが、工具は正しい向きで使わなければ固い部品を外すことも出来ませんし、子供用自転車のネジなどを傷つけてしまう可能性もあります。その一つの原因がネジがなめてしまうことです。

間違ったやり方を続けると回らなくなってしまう

引用: http://livedoor.blogimg.jp/kubohareo/imgs/b/b/bbed0aed.jpg
間違った工具の使い方をしていると、子供用自転車の部品を壊してしまうことになります。なめてしまうと工具では回せなくなり、正しい外し方を行なったとしても取れない可能性が高いです。そうなると結局は自転車屋に行くか、別の工具での対応になってしまいますので、工具の正しい使い方は事前に学んでおく必要があります。

自転車用工具として持っておくべき

引用: https://escape.poo.tokyo/wp-content/uploads/2016/12/161228_2.png
ここからは、ペダルの外し方と同じく大切な、必要となる工具について見ていきます。まずはじめになる必要な工具を使ったペダルの外し方はバイクハンドになります。バイクハンドとは自転車用として作られているレンチのことで、あらゆる部品を緩めたり締めたりするときに使う工具になります。

下から上に回す

引用: https://escape.poo.tokyo/wp-content/uploads/2016/12/161228_3.png
使い方として、バイクハンドは下から上に回す様にして使います。このときに回し方を逆にしてしまうとペダルのネジは緩むどころか締まっていく一方になりますので注意が必要です。子供用の自転車でも大人用の自転車でも、ペダル交換などには用いる工具ですので持っておくと役立ちます。

工具の定番アイテム

L1tnrul0u4onbaadpsky
引用: https://www.instagram.com/p/BpjzHUCg6SI/
そして続いての必要な工具を使ったペダルの外し方はモンキーレンチになります。工具として定番のアイテムであるモンキーレンチは、固いペダルのネジを回す上で必須です。必ずペダル部分のネジを回すときは、バイクハンドの時と同様に、下から上へ回す様にして行います。モンキーレンチは力が入れやすいため固いネジも外すことが比較的簡単です。

回す方向だけ間違わない様に

引用: https://www.zitennsha-menntenannsu-mania.site/wp-content/uploads/2018/02/70c8e8566fa9987d204bb1d27927f8c9-1-680x383.jpg
いくらモンキーレンチを使って固いネジを回せる様になったとしても、方向が間違っていては下手をすればさらにきつく締まるだけになります。そして、逆方向にばかり締めているとなめてしまう可能性もありますので、固い上にネジがなめるとペダルを外すことは難しくなりますので注意が必要です。

関連記事

サイズに注意して使用する

Tqsuhvjdplajoiafyrww
引用: https://www.instagram.com/p/Bj6JuZrF9pQ/
そして続いての必要な工具を使ったペダルの外し方はスパナになります。スパナは自転車のメンテナンスをする上でも代表的な工具ですし、多くの人が活用しているものになります。スパナはモンキーレンチの様にサイズを変えることは出来ませんので、はじめにしっかりとペダルを外すためのネジに合ったサイズのものを選ぶことが大切です。

主に15インチが主流となる

引用: https://www.zitennsha-menntenannsu-mania.site/wp-content/uploads/2018/02/1326459bb92faca139ef96ad25e60b9c-680x383.jpg
子供用の自転車も大人用の自転車も、ペダルの外し方として覚えておいて欲しいのは多くのサイズは15インチになるということです。もちろん種類によって変わることもありますが、だいたいの自転車は15インチのスパナを使えばネジは回ります。

細かい作業には必要な場合も

引用: https://jp.images-monotaro.com/Monotaro3/pi/full/mono86322031-160215-02.jpg
そして続いての必要な工具を使ったペダルの外し方は板スパナになります。名前の通りになりますが、非常に薄いスパナのことをい板スパナと呼びます。細かい作業をするときに使うもので、モンキーレンチや通常のスパナでは対応できない場合に使用される工具です。

自転車専用のものもある

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ThDkmUFIL._SY355_.jpg
実は、板スパナには自転車専用のものがあり、普通のものよりも特徴的な形をしております。様々なサイズに合う様になっているスパナで、一つあれば子供用の自転車の部品を外したりする上でだいたい対応することが可能です。

使うことは極稀な工具

引用: https://jp.images-monotaro.com/Monotaro3/pi/full/mono09164014-130918-02.jpg
そして続いての必要な工具を使ったペダルの外し方は六角レンチになります。よく見かける工具ですが、ペダルの外し方としてはあまり紹介はされないものとなっています。だいたい紹介されているペダルの外し方ではモンキーレンチなどを使っていることが多く、ほぼ対応はできます。しかし、中には六角でなければ外せないペダルもあります。

必要であれば揃える様にしよう

引用: https://jp.images-monotaro.com/Monotaro3/pi/full/mono39519505-130712-02.jpg
六角は前もって用意しておくというよりは、必要になれば準備するくらいで良いです。通常の子供用自転車であれば活用することはほとんどないですが、スポーツ系の自転車であれば子供用のものでも、ペダルを外す際に六角でなければ取り外すことができないものもあります。

事前に調査をしておこう

引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/39/d0/ed6306c29d42d412d6f990f55a921d79.jpg
子供用自転車のペダルの外し方を見てきましたが、意外にも簡単な外し方になっていることは何となくわかると思います。しかし、自分では外し方がわからずに自転車屋に頼もうと考える方はもちろんいます。その時に知っておくべきは工賃です。

お店によっては多少変わる

引用: https://cdn.kurashi-no.jp/production/imgs/images/000/186/755/medium.jpg?1532922786
他には、子供用自転車のペダルの外し方がわかっていても、あまりに固い様でしたら結局自転車屋に頼むこともあると思いますが、工賃はおよそ600円から1,000円の間と言われています。そこまで高いものでもないので、自分で無理に外そうとすると危険な可能性もありますし、自転車屋にもっていくという方法も一つです。

使う工具が変わることがある

引用: https://blog.f-c.tokyo/cms_ramu/wp-content/uploads/2018/09/hensshinbike-pedal_01.jpg
自転車のペダルの外し方は、だいたいはモンキーレンチやスパナで行います。しかし、自転車の種類によっては違う工具を使わなければ取り外すことができないものがあります。その一つとしてあるのがスポーツ系の自転車です。これは子供用でも大人用でも同じことが言えます。

特殊になる場合がある

引用: http://livedoor.blogimg.jp/kubohareo/imgs/f/c/fcd0b5a3.jpg
スポーツ系の自転車はペダルの外し方が特殊になることが多くあります。特にマウンテンバイクは通常の自転車とは外し方が違う場合が多く、自分で外すとなると六角を使ったりと少し難しくなりますので、ネットなどで外し方は学んでおく必要があります。

関連記事

映像であるとわかりやすい

引用: https://lh4.googleusercontent.com/-7F_cScJPuN8/UZMGNQNH8DI/AAAAAAAABtY/IUqSiVeI10Q/s640/blogger-image-1883225469.jpg
ペダルを外すという機会はあまりないですし、急に外そうとしても経験がなければ難しいことが多いです。ネットでは画像で外し方の説明は多くされていますが、やはりそれだけではうまく伝わらないことも多くあります。そこで活躍するのがyoutubeです。

見ながらすると簡単に覚えられる

引用: http://lovemo.jp/wp-content/uploads/2015/08/%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%97%E3%82%93%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF.jpg
やはり動画というのは非常にわかりやすくなっており、画像での文字説明に比べると圧倒的にわかりやすいです。今では、何でもネットで調べれる時代なので便利ですが、この様な作業系に関してはネットと同時にyoutubeでの検索もあわせて行うと良いです。

ホームセンターやネットで買える

引用: https://jp.images-monotaro.com/Monotaro3/pi/full/mono37567083-110517-02.jpg
自転車用のペダルを外すための工具というのは、よっぽどストレートに目的がなければ購入する機会はないものです。そのため、どこで売っているのかを知らない人も多いですが、実はその様な工具は多くの場で売られています。身近なところではホームセンターやネット通販です。

通販は特に便利

引用: https://jp.images-monotaro.com/Monotaro3/pi/middle/mono37590892-110623-02.jpg
コーナンなどのホームセンターにも置いていますし、価格も1,000円しないものがほとんどなので比較的購入はしやすくなっています。価格に関しては通販で購入した方が安い場合が多く、やはり時代はネット通販という印象を受けます。

556も活用しよう

引用: https://cdn.kurashi-no.jp/production/imgs/images/000/186/793/medium.?1532926377
いくらペダルの外し方がわかっているとしても、やはり固い場合はどうしようもないです。そんな時には、上記でもあった様に有名なKURE556を使って固い部分に吹きかけて滑りをよくしておく方法が効果的です。あとは、錆び取りスプレーと言われるものがあり、サビ部分に吹きかけることでサビが綺麗になりますので固い部分が回しやすくなります。

556とあわせてチェックしておこう

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Mgjb7-45L._SX342_.jpg
自転車の部品を触る場合に錆び取りスプレーを556と一緒に持っておくと固いので外せないということはほとんどなくなります。こちらの錆び取りスプレーも、556と同じくホームセンターでは多く扱っていますので、簡単に購入することができます。

特殊な工具がある

引用: https://cdn.kurashi-no.jp/production/imgs/images/000/186/785/medium.jpg?1532925617
ペダルのネジ部分が固い場合、潤滑油や錆び取りスプレーを使って対処することが多くあります。しかし、それだけではまだ固いネジが回らない場合は、何か衝撃を与えることができれば回りやすくなる可能性があります。そんな時に使えるのがプラスティックのハンマーです。

固い部分が動きやすくなる

引用: http://port-paradiso.up.n.seesaa.net/port-paradiso/image/E291A6E5AE8CE68890.JPG?d=a58503185
ハンマーの叩く部分がプラスティックになっているためネジ部分を傷つけずに衝撃を与えることができます。そのため、固い部分にも振動を与えることで油が浸透したりサビが崩れたりと、いわゆる固着をしていた部品が回りやすくなることがあります。

自転車に乗るための練習

引用: https://otr.jp/wp-content/uploads/2017/07/be3e57b45cc53656d0bab7f907b87651.png
ここまで、子供用の自転車のペダルの外し方を見てきましたが、一つ疑問としてなぜペダルを外すのかという点があります。実は、これに関しては自転車に乗るための練習が関係しています。

足で漕ぐ方が乗るまでの期間が早い

引用: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/press_component/item_part_images/000/038/358/eec59df65af7490c4b029066329cf64f416fb85c.jpg?ixlib=rails-3.0.1&auto=compress&q=70&lossless=0&w=640&h=640&fit=clip&s=7fb13e4f9a6373abce781576c033b075
最近子供の自転車練習用として販売がされているストライダーやへんしんバイクなどの商品と同じ考えで、ハンドル操作は自分で行い、コマ付きで乗るのではなく地面を自分の足で蹴って進むという練習方法を普通の自転車でも行うためです。そのため、一度ペダルを外して付け直す人が多くなっています。

長持ちさせるには大事なこと

引用: https://oyakosodate.com/wp-content/uploads/2016/08/3cd859bc4772fcc7ef8ce4c03a0262a2_s.jpg
練習用としてももちろんですが、やはり自転車はマメにメンテナンスをすることは非常に大切となります。子供の自転車を長く大切に乗るためには、親として潤滑油をさしてあげたり、ネジをしっかり固定してあげるなどきちんと意識をしてあげることが必要になります。

タイヤの空気チェックも欠かせない

引用: https://ikumen-sim.net/wp-content/uploads/2018/02/henshinbike_after.jpg
部品部分にばかり気が取られてしまいますが、タイヤの空気もチェックをすることが大切です。空気が抜けていると少しの段差でもパンクをしてしまう可能性があります。ネジ部分と同様に空気のチェックもメンテナンスの一つです。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shirofilm/20170219/20170219211834.jpg
子供用自転車のペダルの外し方は簡単です。やり方さえ覚えてしまえば、固い部分の対処なども含めて難しい作業はないため自分で行えます。子供の自転車練習の上達のためにも、付けたり外したりが自分で出来る様になっておく方が何かとスムーズに事が運びます。

関連記事