Mlpu9gtijfgjumhqdl0v

グルメ

CATEGORY | グルメ

甘酒を飲んだら運転できる?アルコール入りの食べ物と飲酒運転の関係は?

2018.12.27

甘酒を飲んだ場合、運転はできるのでしょうか。甘酒と呼ぶくらなので、甘酒にはアルコールが含まれているはずです。また、食べ物の中にも、アルコールが含まれているものがありますが、こうしたものを食べても運転は避けるべきなのでしょうか。

  1. 甘酒を飲んだら運転はできるのか
  2. 運転をする場合には甘酒は米麹を選ぶ
  3. 甘酒以外の食べ物の場合は運転ができるのか
  4. 販売されている甘酒の場合は運転ができるのか
  5. 飲酒運転の最低基準も知っておく
  6. まとめ
Images?q=tbn:and9gcqqwmrc8pgn2b7qhb64u0hufxcfzx2 mxqqcwcucds 0festztywq
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQqWmRc8PGN2B7QHB64U0HufxcFZx2_MXQqCWCUcDS-0fesTZtywQ
甘酒はとても美味しく、体に良い飲み物として昔から知られています。しかし、甘酒を飲んだ場合、アルコールを摂取したことになるので、運転ができないと考えている人も多いようです。確かに甘酒は酒という名前になっていますので、運転はできないように感じてしまいます。もし、お酒であれば運転ができないので、運転をすることがあれば、甘酒は飲めないと考えてしまうでしょう。
A2b6cf95f8e9ae0f3fa77f2c72335f45
引用: https://www.sozailab.jp/db_img/sozai/12254/a2b6cf95f8e9ae0f3fa77f2c72335f45.png
Amazake7
引用: https://blogge.net/wp-content/uploads/2014/10/amazake7.jpg
実は一般的に販売されている甘酒には2種類あります。あまり知られていませんが、米麹を使用した甘酒と酒粕を使用した甘酒に分けることができるのです。そして、米麹を使用した甘酒はアルコール度数がほぼ0パーセントなのです。微量ですが、アルコールが含まれているいるタイプもありますが、限りなく0パーセントなので米麹を使用した甘酒についてはアルコールを摂取したレベルではありませんので、運転をしても問題はありません。
しかし、酒粕を使用した甘酒については注意が必要です。酒粕の場合には多い場合にはなんと8パーセントものアルコールが含まれていますので、必ず運転は避けるようにしましょう。酒粕はその名の通り、酒を絞った粕なので日本酒のタイプによってはさらにアルコールが強い場合がありますので、要注意です。
Pixta 3433996 l
引用: http://blog.gino-miso.co.jp/wp-content/uploads/2017/08/pixta_3433996_L.jpg
D7b61a696e60fd1bccb072a85483319a
引用: https://basic-base.s3.amazonaws.com/contents/d7b61a696e60fd1bccb072a85483319a.jpeg
甘酒に限らず、一般的に販売されているお菓子などにもお酒が含まれている食べ物はたくさんあります。中でも洋菓子の中にブランデーなどが含まれているタイプの場合、アルコール度数が3パーセント以上のものもあります。こうしたお菓子の場合には、運転は避けるべきです。これくらいのアルコール度数であれば、運転はできると考えて食べる人も多いかもしれませんが、人によっては過敏に反応する人もいますので、運転は控えておく方が間違いありません。
こうした食べ物には、必ずアルコール度数が記載されていますので、コンビニなどで手軽に購入できるお菓子でもしっかり確認をしておくことをおすすめします。
76614750bfd9ce7b97c4d4cca7b78692
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/78/b6/76614750bfd9ce7b97c4d4cca7b78692.jpg
Img 97a6b7905d07c7f726f75d0bcbd2a07c1188710
引用: https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/9/7/1140/img_97a6b7905d07c7f726f75d0bcbd2a07c1188710.jpg
コンビニなどでも手軽に購入できる甘酒として、森永製菓の甘酒があります。よく目にする甘酒ですが、この森永製菓の甘酒はアルコール度数は1パーセント未満になっています。
ごく微量のアルコール度数のため、清涼飲料水に分類されていますが、メーカーとしてはアルコールに過敏に反応する人もいるので、運転をすることは控えるようにとしています。つまり、アルコールが含まれている飲み物や食べ物については、運転は避けるべきということになりますので、必ず意識をして摂取するように心がけましょう。
1 / 2