Wfykjmbb4jbmol0m6w4z

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

IH対応フライパンのおすすめ11選!使いやすい鉄フライパンはある?

2018.12.28

IHは火を使わずに、さまざまな料理を作ることができるおすすめの調理器具です。鉄フライパンでIHに対応しているものはあるのでしょうか。IHに対応しているフライパンのおすすめ11選と、テフロン・鉄のフライパンの違いをご紹介!

目次

  1. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?鉄・テフロンの素材の違いについても徹底解説!
  2. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?鉄・テフロンの素材の違いについても徹底解説!:鉄とテフロンのフライパンの違い
  3. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその① ティファール ファンクション 21cm
  4. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその② マイヤー スターシェフ2 26cm
  5. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその③ マイヤー イタリアンレッド2 24cm
  6. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその④ 京セラ CF-26B-WBU 26cm
  7. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその⑤ リバーライト 極 24cm
  8. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその⑥ 藤田金属 鉄フライパン 26cm
  9. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその⑦ 及源 南部鉄器 フライパン 24cm
  10. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその⑧ ラバーゼ 有元葉子の鉄 フライパン 26cm
  11. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその⑨ 錦見鋳造 魔法のフライパン 28cm
  12. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその⑩ 和平フレイズ 深型 フライパン いため鍋 24cm
  13. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?おすすめフライパンその⑪ タクミジャパン 鉄製フライパン 26cm
  14. IH対応のフライパンでおすすめできる最強のものは?鉄・テフロンの素材の違いについても徹底解説!:まとめ

現代では、料理をするときにIHを使っている家庭もかなり多くなっていますが、IHに対応しているフライパンを使わないと、加熱時のフライパンに熱ムラが起きたり、しっかりと熱が伝わらなくなったりして、調理に時間がかかってしまう場合があります。一般家庭で使われているフライパンは、テフロンで作られているものが多いですが、鉄で作られているフライパンでもIH対応のものはあるのでしょうか。今回は、IH対応の最強フライパン11選と、鉄・テフロンのフライパンの違いについて徹底解説していきます。

関連記事

鉄フライパンはしっかりと手入れをしないと、すぐに劣化して使い物にならなくなってしまいます。しかし、ちゃんと手入れをしていれば鉄フライパンは、どんなに月日が経っても使い続けることが可能な便利アイテムなのです。鉄フライパンの手入れは簡単で手間がかかるようなものではないので、いつまでも使い続けることができるようにしっかり手入れをしましょう。こちらの記事では、鉄フライパンに必要な手入れのやり方について詳しい解説を行っています。このページで鉄フライパンの購入を決めた方は、合わせてチェックしてみることをおすすめします。

817ndsfwibl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/817nDSfwibL._SL1000_.jpg

鉄とテフロンのフライパンにはいったいどのような違いがあるのでしょうか。まず、テフロン加工されているフライパンは、テフロンによってしっかりとした焼き目をつけることができるので、手入れをせずとも簡単に調理することが可能です。しかし、テフロン加工のフライパンは、テフロンが剥がれてしまうと、フライパン自体がダメになって使えなくなってしまうという欠点があります。

716bkxwkrsl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/716bKxwkrsL._SL1500_.jpg

一方、鉄のフライパンはテフロン加工のフライパンとは違い、テフロン加工が施されていません。しかし、鉄のフライパンはテフロン加工のフライパンとは違い、手入れをしていれば劣化することがないので、かなり長い間使い続けることができます。鉄のフライパンはテフロン加工されているフライパンとは違い、重さがかなりあることと、手入れをしなければ劣化してしまうという欠点を持っています。

1 / 4