Unay9sbhoamq3rdotqyo

グルメ

CATEGORY | グルメ

パイ包み焼きの作り方を紹介!シチューと一緒に食べる食べ方は?

2018.12.31

冬になるとパイの包み焼きが食べたくなる季節です。ポットパイのように暖かいシチューとパイ生地を一緒に食べるのもおいしいですよね。この記事ではパイ包み焼きの作り方や、シチューとパイを一緒に食べる食べ方などを紹介しています。早速見て行きましょう。

目次

  1. パイの包み焼きの種類
  2. パイの包み焼きの作り方①牛肉のパイ包み焼き
  3. パイの包み焼きの作り方②鮭とほうれん草のパイ包み焼き
  4. パイとシチューを一緒に食べる食べ方
  5. まとめ

パイの包み焼き・肉類

Vpwi5lqphxl44ret7zbo
引用: https://www.instagram.com/p/BhIMaWOFtd7/

パイの包み焼きと聞くと、肉が具になっているものを想像する方も少なくないかもしれません。例えば鶏肉とキノコを包み焼きしたもの、チキングラタン、ソーセージ、豚肉や牛肉などが具になっているものなど、肉の素材も様々ですし、味付けもトマト風味やバジル風味、塩味、ソース味など、料理の数だけ、作る人の数だけ包み焼きの作り方やレシピ、食べ方もあります。

Jjwg5fhxskov0tq4ebq9
引用: https://www.instagram.com/p/BpZ1NINnFli/

パイの包み焼き・魚貝類

Mdkjgahcj9ni5kr7zeki
引用: https://www.instagram.com/p/BrcQ1-eBo3S/

パイの包み焼きは肉料理ともよく合いますが、魚料理もとても美味しい食べ方ができます。どんなものがあるかと言うと、サーモンを包み焼きしたもの、ツナをパテとしたもの、うなぎ、ニシンなどもパイの具材にピッタリの食材です。魚類のパイ包み焼きはそのままの味付けする作り方でもよいのですが、例えばうなぎなら、うなぎのたれをつけて食べる食べ方でも美味しくいただけます。

パイの包み焼き・その他

Fwldlovsyxdiyleu6fk0
引用: https://www.instagram.com/p/BqOz7HRB3Ep/

肉や魚以外に、野菜類やキノコ類、芋類、オムレツ、明太子と芋、シチューやチーズ、コーンスープなどのスープ類などいろんなものがパイの包み焼きの作り方としてありますし、深い味わいもあります。パイ生地と合わないものを探す方が難しいほど、どんな食材とも作り方の相性がよく、見栄えもし、たくさんの食べ方や作り方が発見できます。

Xs1q8jlxk9wdw4nx3gpd
引用: https://www.instagram.com/p/BpdXiHsgthB/
M9chzgj0ra7znd0n1elr
引用: https://www.instagram.com/p/BqOLW-RHk_5/

パイの包み焼きの作り方1つ目は、牛肉のパイ包み焼きです。フライパンにオイルを引き、ニンニクとローズマリーを各少し入れ、塩コショウした300gの牛肉を入れて強火で焼きます。焼き色がついた時点でアルミホイルに包みしばらく置き、その後肉に生ハムを4~5枚乗せて、皿に穴をあけたパイシートも上からかぶせて全体を巻き、細く切ったパイシートでデコレーションして、生地の表面に卵黄を塗ります。200度のオーブンで15分から20分、肉に火が通ったら出来上がりです。

Ywpphyt5wzm3rg7atrpf
引用: https://www.instagram.com/p/Bpi2PO7n-s7/

食べ方としては、誕生日や記念日などの特別な日のメニューとして作るのがおすすめです。みんなの前で
切り分けるなど、ちょっとしたイベント気分も味わえます。見た目もゴージャスなので何人か人数が集まったときの食べ方としてもよい食卓を飾ってくれます。

1 / 2