Y0jpqljucbfh7fudjy63

健康

CATEGORY | 健康

クエン酸の摂取量の正解は?正しい摂取量で疲労回復・美肌へ!

2018.10.23

疲労回復・美肌効果が期待できるクエン酸の正しい摂取量をご存知ですか?今回は美容にも健康にも良いクエン酸の1日の目安摂取量から飲みやすい方法、注意点までを徹底的に解説していきます。正しく取り入れて、効率よく美しく健康な身体づくりを目指してください。

  1. 【クエン酸】摂取するといい理由
  2. 【クエン酸】正しい摂取量とは?
  3. 【クエン酸の効果①】正しい摂取量でミネラルの吸収UP!
  4. 【クエン酸の効果②】正しい摂取量で疲労回復!
  5. 【クエン酸の効果③】正しい摂取量で美肌効果!
  6. 【クエン酸の効果④】正しい摂取量で血液サラサラに!
  7. 【クエン酸】摂取量を満たすための方法
  8. 【クエン酸】注意すること
  9. 【クエン酸】おすすめ
  10. 【まとめ】正しい摂取量を継続しよう
Mimhkppmalx5macz7g4q
クエン酸は手軽に摂取できるうえに、美肌効果や疲労回復効果をもたらしてくれます。最近、疲れが溜まりやすいと感じていたりしませんか?肌の乾燥やたるみが気になり始めていませんか?そんな悩みを解決してくれるとっても優秀なクエン酸の効果と、その正しい摂取量を徹底的に解説していきます!クエン酸の積雪な摂取量を知って、美容にも疲労回復にも役立ててください。
Famd8kvqn0vauxa9uvxx
クエン酸は、1日に5gを目安に摂取するのが良いとされています。疲れやすい方や運動後に摂取する方は、10g程度までは摂取しても疲労回復に問題ありません。ただし体内に留まれるのが約2時間程なので、食後や運動の前後など1日の中で数回に分けて摂取するのがおすすめです。またクエン酸の吸収率を高めるビタミンBと一緒に摂取することで、さらに疲労回復や美肌効果を高めることができます。
Vlgcd97vsc7gc9h5awte
クエン酸には、ミネラルの吸収を促進する効果があります。ミネラルには抗酸化作用があり、美肌や健康に欠かせない栄養素の1つです。美しく若々しい身体を保つためには欠かせない存在ですよね。ただし体内では生成されませんので、クエン酸と一緒に摂取することで効率よく体内に取り入れるように心掛けましょう。
Vim19xawwwwljx70hkqy
クエン酸には、肉体的な疲労を回復してくれる効果があります。筋肉が疲れてしまった状態を修復する作用があるためです。このときにタンパク質・脂質・炭水化物の三大栄養素も併せて摂取することで、さらなる疲労回復の効果が期待できます。疲れがたまっている時には、バランスの良い食事にクエン酸をプラスしてみましょう。
Sqngmvk4z0fy2ryp4lwt
クエン酸によってミネラルの吸収率を上げることで、美肌効果を得ることができます。ミネラル(カルシウム・鉄・マグネシウム・亜鉛)には肌のターンオーバーを促進する効果や肌の乾燥を防ぐ効果などがあります。若々しく潤いのある肌を目指す方には、クエン酸とミネラルを併せて摂取することをおすすめします。クエン酸は美肌効果もあるんです!
Fptu18e13rbbhcxubcll
血がドロドロだと肩こりや頭痛などの体の不調や、動脈硬化や心筋梗塞などの深刻な病気を引き起こす原因にもなりかねません。クエン酸には血液をサラサラにし、血行を促進する効果が期待できます。日頃からクエン酸を取り入れることで、病気を防止して健康な身体づくりを目指しましょう。
Ose8t750yokjqsrhkyq7
クエン酸を毎日摂取しようと思っても、その酸っぱさから続けるのは難しいという方も多いのではないでしょうか。クエン酸の摂取方法をいくつかご紹介しますので、自分に合いそうなものをぜひ試してみてください。無理なく続けることによって、その効果が実感できるようになるはずです。

①クエン酸+水

Kkqucbmgvwliimoghgzi
クエン酸をただ水に溶かして飲むという、一番簡単な方法です。100mlの水に対してクエン酸を1gを溶かすだけなので、とても簡単に作ることができます。酸っぱすぎると感じる方は、クエン酸の量を調節してください。酸っぱさが苦手な方は、砂糖やはちみつを少し加えると飲みやすくなります。

②クエン酸+ジュース

Hkoayfn9erbs9yvqyvlb
酸っぱいクエン酸は、柑橘系のジュースに溶かして飲むのもおすすめです。酸っぱさが増幅されることはなく、もともとのジュースの味に馴染んで飲みやすくなります。こちらも100mlに対してクエン酸を1g溶かすだけです。オレンジジュースやグレープフルーツジュースに溶かすことで、ビタミンも同時に摂取できるのでより美肌効果が期待できますね。

③クエン酸+スムージー

Pqbtzfgdh4ftzq0lmte5
スムージーをよく飲む方には、そこにクエン酸を加える飲み方をおすすめします。野菜や果物をミキサーにかけることで、ビタミン類は酸化しやすくなってしまいます。スムージーを作る際にスプーン1杯のクエン酸を加えることで酸化を防ぎ、ビタミンをしっかりと吸収することができるので効率的です。

④食べ物から摂取する

Z8kskaqqioqmpppmudle
クエン酸は普段口にする食べ物にも多く含まれていますので、飽きずに摂取するため食事から取り入れるのもおすすめです。レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果物は1個、いちごは6粒程度、梅干しは2~3個程度が1日の目安摂取量となります。特に梅干しは、塩分の摂りすぎにならないように注意してください。
またお酢を料理に使用したり、そのまま飲むのもおすすめです。特にクエン酸が多く含まれるのは黒酢ともろみ酢で、1日の目安摂取量は大さじ1~2杯程度とされています。クエン酸は熱に強いので、様々な料理にお酢やレモンなどを活用してみてください。
Sexzwf9sh7a2kp0twyhg
クエン酸は食品ですので、薬や他の健康食品と併せて摂取しても問題ありません。ただし注意点がいくつかありますので、それらを守って摂取するようにしましょう。

①摂取量を守る

Wqi0t4cinehmbspvf7se
クエン酸には美肌や疲労回復など多くの効果が期待できますが、過剰摂取はしないように注意しましょう。胃腸が弱い方や酸っぱいものが苦手な方は、刺激を和らげるように摂取量を調整してください。また胃が荒れてしまう恐れがありますので空腹時に摂取することは控え、粉のままではなくしっかりと溶かすように心掛けましょう。

②お手洗いが近くなることも

Bpprqnvai0ctaxyqmqm4
クエン酸には代謝促進や血行促進効果があるため、利尿作用が働きます。クエン酸は1日に数回摂取するのが良いと前述しましたが、長時間お手洗いに行けない状況の際には摂取を控えた方がいいかもしれません。

③保存方法と容器

I8m2rzmzteepqmg4e5xs
クエン酸は酸性なので、金属の容器に入れてしまうと錆びさせてしまう恐れがありますので注意してください。また湿気などを吸収すると固まってしまいますので、直射日光や高温多湿を避けて冷暗所に保管するようにしましょう。
Gvqmv6bwaqfr2mkptpx2
「クエン酸」には「結晶クエン酸」と「無水クエン酸」があります。一般的に結晶クエン酸100gにはクエン酸が約91gと少量の水分が含まれおり、無水クエン酸100gにはクエン酸100gが含まれています。そのため無水クエン酸の方がサラサラとしており、水に溶かしたり料理に使用したりしやすいのでおすすめです。

無水クエン酸(食品添加物グレード) NICHIGA

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/412qq9ZQzdL.jpg
NICHIGA無水クエン酸は、無色透明の結晶粉末で純度99.5%以上の食品添加物グレードの無水クエン酸です。原料にはとうもろこしを使用しています。チャック付スタンド袋を採用しており、防湿性や遮光性にも優れているので保存に便利な点もおすすめです。
無水クエン酸(食品添加物グレード)1kg [01] NICHIGA(ニチガ)
価格 ¥ 522

大洋製薬 食添クエン酸(無水)

引用: https://photo.kenko.com/E176121H_L.jpg
サツマイモなど植物性のデンプンを発酵させて作られた無水クエン酸です。ボトル容器なのでクエン酸が取り出しやすく、保存もしやすいのでおすすめです。原産国が日本であり、安心して摂取できるという点でも人気のようです。
大洋製薬 食添クエン酸 500g
価格 ¥ 603

ファイン クエン酸スティック

引用: http://www.fine-kagaku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2011/03/4976652002937.jpg
持ち運びに便利な個包装のスティックタイプです。1包2.5gで1日2包が目安とわかりやすく、手軽に摂取しやすいのではないでしょうか。オフィスやジムなど外出先での疲労回復におすすめのタイプです。
ファイン クエン酸スティック 10日分(1日2包/20包入)
価格 ¥ 972

関連記事

Zi6syfnknheahqh0c9qz
クエン酸の疲労回復や美肌効果についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?ミネラルの吸収率がアップしたり、血液がサラサラになったりと健康に良い効果がたくさんあります。水に溶かしたり料理に加えたりと、毎日の食事にも取り入れやすいですよね。正しい摂取量を守りながら継続して、美しく健康な身体づくりを始めてみませんか?