Vcugil0xdxzjydaw4s1s

無料

CATEGORY | 無料

ベッドの廃棄を無料でやってくれるところってある?業者に頼んだ時の料金は?

2019.01.06

ベッドの廃棄料金は、決して安くはありません。粗大ゴミサイズになりますので、どうしても高くなってしまうのです。ベッドの廃棄を無料で廃棄する方法などをご紹介しますので、ぜひ活用してみましょう。業者によっても料金は異なりますので、しっかりチェックしましょう。

  1. ベッドの廃棄はいくらかかる?
  2. ベッドの廃棄を無料で行う方法 ①買取サービスの利用
  3. ベッドの廃棄を無料で行う方法 ②粗大ゴミとして引き取ってもらう
  4. ベッドの廃棄を無料で行う方法 ③自分で解体をする
  5. ベッドの一般的な廃棄料
  6. ベッドの廃棄を少しでも安くするには
  7. まとめ
引用: http://www.cleanworks.jp/blog/wp-content/uploads/2013/04/%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E8%A7%A3%E4%BD%93%E5%87%A6%E5%88%86%E3%80%80%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%80%80%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E3%80%80%E6%B8%AF%E5%8D%97%E3%80%80%E4%B8%8D%E7%94%A8%E5%93%81%E5%9B%9E%E5%8F%8E%E3%80%80%E4%B8%8D%E8%A6%81%E5%93%81%E5%87%A6%E5%88%86%E3%80%80%E4%B8%8D%E7%94%A8%E5%93%81%E5%87%A6%E5%88%86%E3%80%80%E4%B8%8D%E8%A6%81%E5%93%81%E5%9B%9E%E5%8F%8E%E3%80%80%E5%BB%83%E5%93%81%E5%9B%9E%E5%8F%8E%E3%80%80%E7%B2%97%E5%A4%A7%E3%81%94%E3%81%BF%E5%9B%9E%E5%8F%8E%E3%80%80%E7%B2%97%E5%A4%A7%E3%81%94%E3%81%BF%E5%87%A6%E5%88%86%E3%80%80%E5%AE%B6%E5%85%B7%E5%9B%9E%E5%8F%8E%E3%80%80%E5%AE%B6%E5%85%B7%E5%87%A6%E5%88%86.jpg
ベッドを廃棄したことがありますか。実は、ベッドの廃棄にはお金がかかります。自治体によって若干の差はありますが、どうしても費用がかかってしまうのです。また、専門の業者に依頼をしてもシングルベッドであれば1000円ほど、そしてダブルベッドなどのサイズになれば1500円ほどがかかってしまいます。
せっかく新しいベッドを購入しても、古いベッドの廃棄料がかかってしまえばがっかりしてしまうでしょう。しかし、無料で古いベッドを廃棄させる方法はあるのです。上手に活用して、無駄な出費を抑えてみましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRrLp_kRAyvpRniQbnJdnOd4OKBrUwn3dVF9WO0oBkLHls_iphI
もし、まだ使えるベッドであれば買取をして廃棄する方法もあります。当然、買取をしてもらえるので廃棄は無料で行ってくれるだけではなく、高価なベッドであれば買取料金ももらえるでしょう。買取ってもらえる金額は買取専門業者によって料金は大きくことなりますが、廃棄料金がかかりませんので、少額でも業者に依頼して買取をしてもらいましょう。
引用: https://www.homes.co.jp/hikkoshi/cont/wp-content/uploads/2015/11/img_prepare_dispose_furniture1.png
引用: https://p.limia.jp/resize/o4/image/26483/gallery/17449/b312d4d3213de9e50e4c8a69a0f7a144.jpg
自治体によっては、年に数回ある無料で粗大ゴミを引き取ってもらえるサービスがあります。この方法を利用すれば、完全無料で引き取ってくれます。しかし、多くの自治体では粗大ゴミの回収は年に数回程度なので、自分が新しいベッドを購入したときのタイミングが悪ければいつまでも古いベッドを持っておかなければいけません。こうしたリスクはありますが、ちょうど良いタイミングで新しいベッドを購入することができれば、無料で粗大ゴミとして引き取ってくれるでしょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTmoYj6ZBNZoFnYCbKAqF8DWujCyEfUpEKjCcP-N9RWP0EQO084ng
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT7bhFZJsj7TwII-TBw5WcxCgp3cxmq1TPrUadDfEg--BDBnMZH
粗大ゴミの定義は、サイズによって決まっています。つまり、この決まったサイズよりも小さくすれば粗大ゴミではなく一般のゴミとして処分することができるのです。つまり、自分でベッドの解体を行えば廃棄料金をかけることなく廃棄させることができるということです。ただし、ベッドを自分で解体することは簡単ではありません。専用の器具なども必要になりますので、もし環境が整っていれば自分で解体してみましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSrpKiQ5wZmswygpakXkhZgWo2nC_Y1K-jpTg1QYH8q9vWmSGQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRrO5FYH3_fHgg4t0uBJvxWCkunNeQ3aQF6eSG_3KEZaetxvn8E
自治体でかかるベッドの廃棄料は先に記載しましたが、一般的な業者や店舗に依頼をした場合には、どのくらいの廃棄料金がかかるでしょうか。例えば、ベッド専門店などで新しいベッドを購入した場合には3000円ほどの廃棄料金がかかります。また、不用品の回収業者に自宅まで来てもらい廃棄するときには、5000円ほどの廃棄料金がかかってしまうのです。意外に高額になってしまいますので、ベッドを廃棄するときには、しっかり検討する必要があります。
引用: https://mansion-market.com/sapuri/wp-content/uploads/2016/03/hikooshi.jpg
引用: https://www.syaken-signpost.com/wp/wp-content/uploads/2015/07/%E8%BB%8A%E6%A4%9C%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%82%92%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AB%E5%AE%89%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95.jpg
少しでもベッドにかかる廃棄料金を安くさせるには、やはり交渉をすることが一番です。電話でベッドサイズを伝えれば、比較的簡単に廃棄料金は確認できますので、少しでも安い料金で廃棄してくれる業者を探しましょう。また、新しいベッドを購入するときには、その購入したお店で廃棄してもらうことが一番安いはずです。購入するときに廃棄料金を確認して、そのときにも少しでも安くなるように交渉してみましょう。意外に交渉すれば安くしてもらえることが多いです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTGHyTDbJsKksOqc9GP01FVkjZwhL_DEfdCAT9YpN0MEt2HpJbVJQ
引用: http://www.takada-bed.co.jp/wp/wp-content/uploads/blog/2015030402.jpg
ベッドの廃棄料金は、けっして馬鹿にできません。少しでもベッドの廃棄料金を安くさせるには、やはり専門業者との交渉が一番です。交渉をすれば意外に安くしてもらえることもありますので試してみてください。また、一つの廃棄専門業者だけに絞るのではなく、複数の廃棄専門業者から廃棄料金の確認をすることも試してみてください。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://ii-hikkoshi.com/wp-content/uploads/pixta_18526301_M-720x480.jpg