Ai9xw5wawucs6pei57nz

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

ベッドのマットレスの捨て方を紹介!実際の処分の価格相場は?

2019.01.13

ベッドのマットレスの捨て方に悩んでいる人は多いでしょう。処分方法だけではなく、処分にかかる費用の相場も気になってくるポイントのはずです。ベッドのマットレスの上手で賢い捨て方をご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. ベッドのマットレスの捨て方
  2. ベッドのマットレスの捨て方 ①廃棄物処理業者への依頼
  3. ベッドのマットレスの捨て方 ②自治体で処理する
  4. ベッドのマットレスの捨て方 ③マットレス購入時に引き取ってもらう
  5. ベッドのマットレスの捨て方 ④リサイクルショップの利用
  6. まとめ
引用: https://www.nishikawasangyo.co.jp/categories/product_file/file/HFB1404601.jpg
ベッドを処分する場合、処分方法に悩んでしまいますよね。ベッドは粗大ごみなので、捨て方が分からないという人は間違いなく多いはずです。中でもベッドのマットレスの処分方法は困ってしまいでしょう。寿命を迎えたべッドのマットレスを処分する方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS0fKsGpsA1wFZPHStO0uE0WKTz2Z2SpVMXCi_QemEBnAzFRNMN
引用: https://www.jrits.or.jp/2r-info/wp-content/uploads/2018/01/pixta_22223518_M-500x375.jpg
ベッドのマットレスの捨て方には、さまざまな方法がありますが、最も一般的な捨て方としては廃棄物処理業者へ依頼する方法でしょう。専門業者へ依頼をした場合、部屋からの持ち出しまで一手に引き受けてくれますので、処分方法としては一番楽な方法です。マットレスは意外に重たいので、自分では外に出せないという人には有効な捨て方です。
しかし、ベッドのマットレスを廃棄物処理業者へ依頼をした場合には、その処分費用は高くなってしまいます。相場としては10000万円ほどになってしまいますので、この相場を目安にさまざまな廃棄物処理業者へ事前に価格の確認をしてみることをおすすめします。
引用: http://www.tcreate.com/wp/wp-content/uploads/2015/05/img_sangyo_haiki_butsu_unpan_2.jpg
引用: http://www.tomakomai-seisousya.co.jp/img.php?k=g&i=3
自治体では、年に数回程度、粗大ごみの処分が行える日があります。ほとんどの自治体で行われていますので、事前に確認をしてベッドのマットレスを処分してみましょう。自治体で処分した場合の費用の相場はおおよそ1000円ほどです。とても安い費用で処分できますので、自治体での処理はとても有利だと言えるでしょう。
しかし、捨て方としては当然、自分でその粗大ごみ収集場所まで持っていく必要があります。粗大ごみ取集場所が遠い場合には、とても大変な作業になってしまいますが、それでもこれほどまでに安い費用で処分できますので、利用しない手はないでしょう。
引用: http://kyoeisigen.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/05/822.jpg
引用: https://gomiguide.net/wp-content/uploads/2016/05/bed.jpg
また、新しいマットレスを購入したときに、古いマットレスを引き取ってもらえるサービスも活用してみましょう。新しいマットレスを購入するときに、古いマットレスを処分してくれるかどうかを確認すれば良いでしょう。捨て方はとても簡単で、新しいマットレスを持ってきてくれたときに、古いマットレスを持って帰ってもらうだけです。
手間のかからない捨て方ができますので、とてもおすすめです。相場として3000円ほどになります。新しいマットレスの価格や交渉次第では、さらに安く処分してくれるかもしれませんので、じっくりと相談してみましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQcGwnuJVrXWGgFL4WjGuMCSFLTYOmT0T3NlzpoeoHfR0awdW9M
引用: https://epotoku.eposcard.co.jp/image.jsp?id=20664
人気で高価なマットレスの場合には、物によってはリサイクルショップで引き取ってくれるかもしれません。状態が良ければ、相場以上の価格で引き取ってもらえることもありますので、まずはリサイクルショップで査定をしてもらう方がお得です。もし、値段が付かない物であっても、無料で引き取ってもらえることもあります。
リサイクルショップの査定については、実際に現品を確認することが基本となります。リサイクルショップに持ち込まなくても、無料で出張査定を行ってくれる店舗もありますので、まずは相談をしてみましょう。
引用: https://epotoku.eposcard.co.jp/epos_images/img-treasure-factory-machida.jpg?180621140350
引用: https://image.biccamera.com/img/00000003640243_A01.jpg?sr.dw=320&sr.dh=320&sr.jqh=60&sr.mat=1
ベッドのマットレスの捨て方は、誰でも悩むことです。ベッドだけでも捨て方が大変なのに、マットレスまで付いてくると、新しいベッドを購入するべきか迷ってしまうことになるでしょう。
しかし、べッドのマットレスの捨て方はしっかり事前に調べておくと、それほど難しいことではありません。重要なポイントは、ベッドのマットレスを捨てるときの手間と、費用のバランスです。このバランスを考慮して捨て方を選んでいけば、ストレスなく処分することができるでしょう。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61IGtzy0MdL._SY355_.jpg