Hgn88koi33uupd0rpa3b

健康

CATEGORY | 健康

キャスターオイルの使い方講座!知られざる効果を徹底解説!

2018.10.23

キャスターオイルをご存知ですか?ただのオイルとあなどるなかれ、古くから「神の御手」などと称されるくらいの万能の効果を持ったオイルなのです!数え切れないくらいの効果・効能を持ったキャスターオイルの成分などのご説明と、使い方を徹底解説しちゃいます。

  1. 「キャスターオイル」聞いたことありますか?
  2. キャスターオイルってどんなオイル?
  3. キャスターオイルの効果と効能
  4. キャスターオイルの効能①外科的効果
  5. キャスターオイルの効能②循環器的効果
  6. キャスターオイルの効能③美容効果
  7. キャスターオイルの使い方を徹底解説!
  8. キャスターオイルの使い方①スキンケア
  9. キャスターオイルの使い方②ヘアケア
  10. キャスターオイルの使い方③エイジングケア
  11. キャスターオイルの使い方④痛み止め
  12. キャスターオイルの使い方⑤皮膚疾患治療
  13. キャスターオイルの使い方⑥デトックス
  14. キャスターオイルの使い方⑦その他
  15. キャスターオイルを使う時の注意点
  16. キャスターオイルの使い方と効果まとめ
Pefgqdwdc1fcqrtsnwsu
引用: http://しみを消す.com/2016/03/21/カスターオイル-効果/
美容、健康志向の上昇と共に、様々なオイルにも注目が集まるようになりましたが、その中でも「キャスターオイル」というものをご存知でしょうか?愛好家さんが多数いる一方で、ご存知ない方も多いかもしれません。そんなキャスターオイルについて、使い方など細かくご説明していきたいと思います。
R54mltt0yiydzemp8pm9
引用: https://fun.ibeautystore.com/article/2729

キャスターオイルとは

キャスターオイルとは「ひまし油」という植物性の油です。カスターオイルと呼ばれることもあります。日本ではここ数年でようやく認知され始めてきたという感じですが、その歴史は実に古く、インドでは紀元前からあのアーユルヴェーダにも使われたとされています。昔から万能薬として世界各地で重宝されてきましたが、アメリカ人のエドガー・ケイシーという人物が「ケイシー療法」と呼ばれる民間治療にキャスターオイルを使用したことによって、その効能の認知度が一気に広まっていったと言われています。

キャスターオイルの成分

キャスターオイル主な成分は「リシノール酸」という脂肪酸の一種です。リシノール酸に含まれる「ロリグリセド」という成分は肌の保湿や修復に、それ以外にも多数含まれている脂肪酸は消炎鎮痛に、など実に色々な成分が様々な効能をもたらしているのです。豊かな成分がたっぷり含まれていることがキャスターオイルの大きな特徴です。
Gb9uyrybcpwgjtvvtql9
引用: http://josei-bigaku.jp/kakusensukkiri4658/
キャスターオイルには、その含まれる成分の万能さから、本当に数え切れないほどの効果・効能があるとされています。細かく分けるとその数の多さと多様性は驚かずにはいられませんが、大きく分けた場合にはおおむね3つの効能に分類されます。使い方も紹介していくので、ひとつずつ見ていきましょう。
Kbjevmebmsmd1l0vuhng
引用: http://girl.sugoren.com/report/1960/
まずは外科的な効能です。キャスターオイルの消炎効果を利用した、傷の消毒や修復、鎮痛や作用などです。他にも筋肉や関節の痛み取り、ねんざやアザにも効くとされています。また、皮膚疾患に対しては吹き出物や蕁麻疹、水虫などの治癒、さらにはドライアイや痔にも効果があるとの報告があります。傷や痛み、炎症や痒みなどの外部疾患には直接塗るか、必要に応じて混ぜたり湿布にしたりして塗布することで効果を発揮します。使い方次第で薬のような効果を期待できます。
O2sacz9p3zxvkpetp4tm
引用: http://red-health.ru/spine-as-the-core-of-health/
キャスターオイルには、体の巡りを良くする効果がある成分が多く含まれています。このため、適量を飲んだりオイルマッサージに使う、湿布として貼るなどの使い方で、リンパや血液の流れを良くしたり便秘改善や整腸の効果があります。キャスターオイルといえばデトックスとも良く言われるのはこの成分効果によるものです。新陳代謝が高まるのでアンチエイジングやダイエット効果もあるとされます。
Jsqiqw9t83khurmrncri
引用: http://belta-cafe.jp/687/美容に気を使う女性
キャスターオイルの成分には高い保湿効果があります。保湿は美容にたいへん重要ですので、顔、髪はもちろん全身に使うと効果的です。リップケアやネイルケアにも高い効果を発揮します。特筆すべきは、シミやホクロ取りに効果があると言われていることと、育毛効果です。育毛は、頭髪だけでなくまつ毛や眉毛にも効くと言われており、まつ毛美容液の代わりとしても使われます。使い方は一般的な美容液のようになじませてください。
Xxhozdagtiunmalutcny
引用: http://nachu-bi.com/beauty/7742/
それではいよいよキャスターオイルの使い方講座です!美容に健康に万能薬のキャスターオイルの使い方を是非チェックして、気になるものがあれば是非お試しくださいね。

シミ取りに

Vt8hdmkqc2k6qs3yswll
引用: https://顔のアンチエイジング.xyz/kao-shimi/
キャスターオイルと重曹を1:2の割合で混ぜた「カソーダ」と呼ばれるものをシミやホクロに塗布し、それを根気良く続けると薄くなったりぽろりと取れると評判の使い方です。この時使用する重曹は食用のものを使い、使い切りにするようにしましょう。即効性はそれほどありませんので、最低でも2週間〜1ヶ月は使用を続けることがポイントです。

傷跡治しに

Lflewgljtzsilbhg2pjn
引用: https://yamahack.com/289
キャスターオイルの成分には瘢痕(はんこん)、つまり傷が治った後に残る跡を薄くしたり治癒させる効能があります。傷跡に直接塗り込むか、ガーゼや絆創膏に染み込ませて湿布するのが効果的です。また、治りかけの傷に塗布する使い方で傷跡が残るのを防ぐ効果もあります。

肌の保湿に

Tbrwlf5eu2gni2rdjzpp
引用: https://fu-wari.jp/ceramidecreamerabikata/
キャスターオイルの成分には高い保湿効果があります。お風呂あがりのスキンケアや、美容液などに混ぜてパックするスペシャルケア、また入浴剤としての使い方もよいでしょう。何を使ってもダメだったという超乾燥肌の方にも高く支持されている優秀なオイルです。

育毛促進に

Sqiqddb0otey2wsnh7xi
引用: http://www.ozmall.co.jp/eyelash/feature/228/
キャスターオイルは育毛効果でも有名です。しかも頭髪はもちろん、まつ毛や眉毛の育毛にも効くと評判です。頭髪の育毛に使う場合は、毛根にしっかり働きかけるために頭皮をオイルマッサージする方法がより効果的です。まつ毛や眉毛に使用する場合は綿棒に染み込ませて直接塗布します。べたつきが気になる場合は夜に行うのが良いでしょう。

髪の保湿に

T23t6fv0ku2nj1fqvazs
引用: http://www.mammemo.net/article/442119182.html
キャスターオイルには髪の育毛だけでなく、肌と同じく保湿効果もあります。シャンプー後の髪にトリートメントがわりになじませ、洗い流すのが一番手軽な方法ですが、蒸しタオルで髪をつつんでしばらく置いてから流すヘアパックもおすすめです。

頭皮の健康に

Vjvhh7lldjptxaitijbi
引用: http://durumluyorum.com/archives/293
キャスターオイルには頭皮の汚れを落とし、頭皮をやわらかくする効果があります。育毛と同じく、シャンプー後のオイルマッサージが有効です。頭皮にしっかりオイルをなじませた状態でシャワーキャップなどをかぶるヘアパックも効果的です。べたつきが気になる方はマッサージ後にもう一度シャンプーしてしっかり油分を落としましょう。

白髪対策に

N317o1wgj4xmtztzenem
引用: https://woman.mynavi.jp/article/151112-20/
キャスターオイルを育毛のために使っていたつもりが、気が付いたら白髪も減っていた!という声が多数聞かれます。成分上の因果関係は不明なようですが、頭皮のデトックスにより毛根が健康になり、他にも血流促進など様々な要因が相まって白髪にも効果が見られると考えられています。

シワ・乾燥に

Hz3isqiozyftapgzmrpr
引用: http://目元しわ化粧品口コミ.com/prazenta.html
キャスターオイルの保湿効果は、スキンケアの中でも特にシワや乾燥に高い効果を発揮します。加齢により酷くなった乾燥や、長年をかけて蓄積してしまった頑固な表情シワにもよく効くとエイジング世代から高評価です。肌年齢が気になり始めたら、是非毎日のスキンケアに取り入れたい一品です。

筋肉痛に

Zvqfs5tmwhu2jch7bgq1
引用: https://health-more.jp/column/detail/63/
キャスターオイルに含まれる成分には鎮痛、消炎効果があります。そのため、筋肉の炎症である筋肉痛には非常によく効くとアスリートの間でも愛用者が多いようです。筋肉痛になってしまった場所を優しくオイルマッサージしてあげるのが効果的です。湿布として使ってもよいでしょう。

関節炎に

Krvihklbqvfzeid6ldqc
引用: http://kansetutuu-sinkeituu.com/sentyou-kansetutuu
キャスターオイルは関節などの痛みにもよく効くと言われます。そのため、民間療法として治療院やサロンなどでも取り入れられているほどです。細胞組織に深く浸透する作用があるため、市販の湿布やマッサージでは届かないようなところまで深く作用することも大きく関係していると言われています。痛みのある箇所をオイルマッサージするか、後述する温湿布であたためるのが効果的です。

ニキビ・吹き出物に

Tc289gghz0ghyqsequgr
引用: https://woman.mynavi.jp/article/170623-5/
消毒、消炎作用のあるキャスターオイルは、ニキビや吹き出物には高い効果を発揮します。できかけを抑える、痛みや赤みを伴うニキビを落ち着かせるほか、できてしまったニキビ跡を消すことにも長けています。どの段階であれ、ニキビや吹き出物には非常に効果的です。清潔な指で直接塗り込みましょう。

水虫・たむしに

Agj4vys4i8rvw2aimihd
引用: https://kenko.karada555.info/ashi/mizumushi/
キャスターオイルの成分には抗真菌薬と同等の効果があるとも言われており、そのため感染症である水虫やたむしの治療効果があります。あたためたオイルを患部に塗って寝る、ということを続けると1週間ほどで症状がおさまるとされています。

傷の消毒・修復に

Xu4hpogyozinbpn9hcbc
引用: https://iyuno.biz/category/beauty/
キャスターオイルには抗菌作用がありますので、傷の消毒にもしばしば用いられます。オイルを傷口に塗った上から絆創膏雨やガーゼなどをあてておくことによって、傷の治りが早く、また傷跡が残りにくくなります。ただしあまりに深い傷や深刻な状況の場合は、オイルの塗布はあくまで応急処置に留めて速やかに病院に行きましょう。

便秘改善に

Apedvndbeag5vo8ajqlj
引用: https://puravida-style.jp/articles/1708_15/
キャスターオイルは多めに飲むと下剤として使えると言われるほど、便秘に絶大な効果を発揮します。小さじ一杯程度をそのまま飲んでも構いませんし、味が気になるようであればジュースやヨーグルトに混ぜて飲むのも良いでしょう。過剰摂取は下痢を引き起こしますので、便秘の程度によって調節するようにしてください。

整腸に

Fbo2ckpp3q3owj8wkych
引用: http://beautybook01.com/benpijyosei-124
キャスターオイルは腸内環境を整える効果もあります。腸内バランスは全身に影響すると言われていますので、整腸により免疫力の向上や体質や肌質の改善に繋がります。便秘の場合と同じく少量の摂取が効果的ですが、便秘ぎみでない場合はほんの微量に留めるようにしましょう。また、下腹部への温湿布でも効果があります。

湿布でデトックス

Mwchptkpoyabsxscgmlg
引用: http://blog.masu.us/?eid=326694
これまでにいくつか湿布という方法を挙げてきましたが、キャスターオイルを用いた温湿布というものがたいへん優秀と各方面で話題です。主に用いられるのは毒素の排出、つまりデトックスですが、他にも既出のような様々な場面で活躍します。作り方は色々な方法がありますが、手軽なのはオイルを染み込ませたキッチンペーパーを防水の布やラップでくるみ、温熱ヒーターやくるんだホッカイロで上から温めるものなどです。解毒作用のある肝臓や腸のあたりを湿布するのが最も効果的です。

花粉症に

Y4x9cz32um8t0052iw5d
引用: https://kenko-chokin.com/condition/hayfever-condition/11754
キャスターオイルは花粉症にも効くとされています。最もポピュラーなのは、綿棒にオイルを染み込ませて鼻の粘膜に塗布する方法です。痛くない程度になるべく奥に塗るのがコツです。1日3回の使用で、鼻水、目のかゆみ、頭痛などに効果があるとこの時期、口コミでもしばしば話題になっています。

ドライアイに

Nggtvbvbfb7psjqoxba7
引用: https://iyakku.com/dry-eye-fusegu
キャスターオイルはドライアイにも効果があり、眼科で点眼薬として調合されたものが処方されているほどです。抗菌消炎作用と保湿作用、血流の循環作用によって頑固なドライアイにもたいへんよく効くと評判です。直接点眼するのに抵抗のある人は、市販の目薬との同時点眼を行いましょう。同時点眼をした場合でも効果があります。点眼後に蒸しタオルなどであたためるとより効果が上がります。

リンパ・血液の循環に

Jp7nyztxvyxwghhxybn4
引用: https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_E1416183259135/
キャスターオイルにはリンパや血液の流れを良くする効能もあります。オイルを用いてのリンパマッサージや、お風呂に垂らして半身浴なども効果的ですが、先に書いた温湿布を下腹部に貼るだけでも体内の巡りが良くなります。リンパの流れや血行が良くなることで、冷え性や自律神経失調なども改善されます。

ダイエットに

Rmgyhzp5fiwpqk05j404
引用: http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/0930/010800016/
キャスターオイルを用いた温湿布で体をあたためることにより、代謝や体温が上がってダイエット効果につながるとされています。また、リンパの流れや体内循環を良くする効果が老廃物や毒素、便の排出を促し、痩せやすい体づくりを助けると言われています。実際にこの温湿布を補助的に用いてダイエット指導をしている栄養士さんもいます。
Rjw8f70cqbmvdtiswfbm
引用: http://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/gurashi/sim-note/
このように、まさに万能薬といえるキャスターオイルですが、人によって量や使い方、製品メーカーなどで体質に合わない場合もありますので、パッチテストを行うことをおすすめします。飲用する際はごく少量から様子を見るようにしましょう。いわゆる好転反応のような一時的な症状が現れる人もいますが、アレルギー反応の可能性もありますので、異変を感じたら過信せずに病院に行くようにしてください。また、オイルは必ず使用期限を確認して、古いものは使用しないように気をつけましょう。
Tnyobfvoocbnuojwuqkn
引用: http://www.timeless-edition.com/archives/1852
キャスターオイルの使い方講座、いかがでしたでしょうか。キャスターオイルの持つその効果の数々に驚かれた方も多いかと思います。一家に一本備えていても損はないと言われるキャスターオイル、様々な使い方と効き目がありますので、お悩みに応じて是非お試しください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://fun.ibeautystore.com/article/2729