Tyxqnf7hgytce0ymsgii

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

ベッドのセミシングル、サイズは結構狭い?実際の寝心地はどう?

2019.02.14

寝具にベッドの購入を検討しているときに、シングルかセミシングルかで迷ってしまいます。ベッドのセミシングルはサイズは狭いのか、寝心地はどうかなど気になる点がいくつかあります。そこで今回は、ベッドのセミシングルのサイズや寝心地などを紹介していきたいと思います。

  1. セミシングルのベッド
  2. セミシングルのベッドサイズ
  3. セミシングルベッドの寝心地
  4. ベッドを選ぶときのポイント
  5. セミシングル以外のベッドサイズその①シングルサイズ
  6. セミシングル以外のベッドサイズその②セミダブルベッド
  7. セミシングル以外のベッドサイズその③ダブルベッド
  8. セミシングル以外のベッドサイズその④クイーンベッド
  9. セミシングル以外のベッドサイズその⑤キングベッド
  10. セミシングルベッドは少し小さいかも!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQnEccfRNBpUFiUqVDjjApdv6YUv4ZYwzO8xp_iwt66H2Jh9flh
寝室にベッドを配置しようと考えている時に、重要になってくるのがベッドのサイズとベッドでの寝心地になってきます。ベッドにはいくつかの種類があり、良く耳にする名前にシングルベッドとダブルベッドとありますが、シングルベッドだから一人用、ダブルベッドだから二人で使うベッドと簡単に考えていると、ベッドのサイズが想像していたサイズりも、広く感じたり狭いと感じたりしてしまいます。また、ベッドによって寝心地も変わってきますので、せっかく疲れを癒すために購入したベッドでも、逆に肩こりや腰痛などの原因になってしまうことがあります。そこで今回は、ベッドのサイズの中でも特にセミシングルのベッドの実際のサイズや、寝てみたときの寝心地などを中心に様々なベッドの種類を紹介していきたいと思います。
引用: https://www.feliciabed.com/upload/save_image/T040109146_500.jpg
引用: https://www.craftia.jp/images/original/common/size_banner_ss.png
まずベッドのサイズの種類とその大きさについて紹介していきたいと思います。まず最初に紹介するベッドのサイズは、セミシングルサイズのベッドです。セミシングルサイズのベッドは、ベッドサイズの中でも最も狭いサイズになっていて、ワンルームなどの一人暮らし用の住宅に向いているベッドになっています。また、子どもにもちょうどいいサイズになっているので、子ども部屋に使っている人も多くいます。
また80cmのセミシングルのベッドは、スモールシングルサイズ呼ばれることもあり、長さも他のベッドよりも少し狭い180bmのベッドもあります。このベッドはより子供向きに製作されたベッドです。
引用: https://www.craftia.jp/images/original/common/size_banner_ss90.png
引用: https://www.dinos.co.jp/kp/defaultMall/images/goods/C19/0153/etc/624808c1.jpg?Mode=main1s
セミシングルサイズのベッドの寝心地ですが、幅が狭いベッドということで直立で寝て、寝相が悪い人には向かないベッドになっています。寝相が悪い人は、少しの寝返りなどでも転落してしまう可能性がありますので、怪我などのリスクもありおすすめできる寝心地ではありません。また、セミシングルサイズでも長さが狭いサイズのベッドでは、成人男性であれば、寝たときに足がはみ出てしまいますので、こういった点からも成人男性むけではないベッドと言えます。
引用: https://www.silhouette-illust.com/wp-content/uploads/2016/12/20835-300x300.jpg
次にベッドを選ぶときのポイントについて紹介していきたいと思います。まずベッドを選ぶときに重要なのが大きさになりますが、ベッドの大きさを選ぶときには最低でも自身の肩幅よりも40cmは広いベッドを選ぶことです。これは寝相が悪くベッドから落ちない最低限の広さで、寝相が悪いのであればもっと広いサイズを選ぶことで寝心地もよく寝ることができます。また部屋が狭いのに大きなベッドを置いてしまうとスペースがなくなってしまいます。ですので、ベッドのサイズだけでなく部屋全体のコーディネートも重要になってきます。狭い部屋であれば仕方なくセミシングルサイズを選ぶなど柔軟な考え方が必要になってきます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTgwptHXgyqPTT97J1nB_rayzkdEKwl7AZKz0vBf-Mbc2QulbnbMw
引用: https://www.craftia.jp/images/original/common/size_banner_s.png
ここからはセミシングルベッド以外のサイズや寝心地などを紹介していきたいと思います。まず最初に紹介するセミシングルサイズ以外のサイズはシングルサイズのベッドです。ほとんどの人が耳にしたことのあるシングルサイズベッドですが、横幅が1mで長さが195cmありますので、成人男性でもゆったりと寝ることのできるサイズになっていて、寝ていても狭いと感じない程度の広さになっています。また、部屋の間取りの中で最も多いのが6畳間ですが、シングルサイズベッドはこの6畳間にちょうどいいサイズになっています。また、一番多く使われているベッドですので、ベッドに乗せるマットレスの種類も豊富で、自分に合ったマットレスを選びやすいベッドになっています。
引用: https://image.biccamera.com/img/00000001898370_A01.jpg?sr.dw=320&sr.dh=320&sr.jqh=60&sr.mat=1
引用: https://www.craftia.jp/images/original/common/size_banner_sd.png
次に紹介するセミシングルサイズ以外のサイズはセミダブルサイズのベッドです。このベッドはシングルサイズよりも広いベッドになっているので、シングルサイズベッドでは狭いと感じてしまう人でも快適に感じることができるベッドになっています。幅は120cmとシングルベッドサイズよりも広くなっていて、ビジネスホテルなどで寝ると広く感じられるかと思いますが、ビジネスホテルの多くではこのセミダブルサイズを使っています。ダブルサイズよりも狭いベッドですので、二人で使うには狭いと感じてしまいますので、基本的には一人で豪華な寝室にしたい人や、寝相が悪くてシングルサイズでは狭いと感じている人向けのベッドになっています。
引用: https://www.bedroom.co.jp/contents/howto2/size/images/rank-bed4.jpg
引用: https://www.craftia.jp/images/original/common/size_banner_d.png
次に紹介するセミシングルサイズ以外のサイズはダブルベッドです。このベッドは、名前がダブルベッドと2人で使うことを連想させてしまうので、ほとんどの人が二人で寝るときのベストサイズと勘違いしていますが、横幅は140cmとセミダブルサイズの少し広い程度になっていますので、二人で寝るには狭いベッドになっています。仮に二人でダブルベッドを使うと隣に寝息が当たったりとかなり密着してしまいます。それでも気にしない二人であれば二人でダブルベッドを使うことに苦は感じませんが、ほとんどの人がお互いのことが気になってしまい寝心地が良いとは感じられません。ですので、ダブルベッドの使い道としては親と子供二人での使用をオススメします。
引用: https://image.rakuten.co.jp/innovation-life/cabinet/dr/dr-001_18.jpg
引用: https://www.craftia.jp/images/original/common/size_banner_q1.png
次に紹介するセミシングルサイズ以外のサイズはクイーンサイズのベッドです。このベッドはセミシングルサイズでもより小さなベッドを並べたときと同じ大きさになり、横幅は160cmになりますので一人でも二人でも快適な寝心地を体験することができます。ただし快適に寝る広さがあるということはそれだけベッドが大きくなってしまいますので、配置するスペースやベッドを配置するときの導線が重要になってきます。部屋や廊下が広くクイーンベッドを置いても狭いと感じない広さがあるのであれば、二人で寝るようにクイーンベッドがあってもいいかもしれません。
引用: https://img11.shop-pro.jp/PA01144/991/product/91216339.jpg?cmsp_timestamp=20150701213349
またベッドに敷くマットレスですが、クイーンベッド以上の大きさになるとマットレスがセミシングルサイズの2つに分かれるのも特徴の一つで、同じベッドにマットレスがそれぞれにあることで、よりお互いの動作が気にならなくなり快適な睡眠をすることができるようになります。ただし、マットレス同士に隙間ができてしまいますので、マットレスの隙間が気になる人は、ベッドマットを分厚いものにするなどで対応すると気にならなくなります。
引用: https://www.craftia.jp/images/original/common/size_banner_k.png
次に紹介するセミシングルサイズ以外のサイズはキングサイズのベッドです。このベッドは名前が示す通りベッドの中でも一番の大きさのベッドで、その広さはセミシングルサイズのベッドを2つ合わせた180cmとなっています。ただし、キングサイズは中々市場に出回っている大きさのベッドではないので、購入するのに少々探す時間が必要になってきます。その手間を差し引いたとしてもキングサイズのベッドは、広く寝やすくなっているだけでなく豪華なベッドになっています。ただし、キングサイズと明記して販売している中で、セミシングルを2枚合わせただけのものもありますので注意が必要です。
引用: http://img20.shop-pro.jp/PA01321/313/product/100824292_th.jpg?cmsp_timestamp=20160404174504
そして、キングサイズはどのベッドよりも大きくなっているので、設置場所や搬入ルートの確保も重要になってきます。キングサイズが欲しいけれど搬入ルートが問題になってくるのであれば、セミシングルを2つ購入して並べる方が効率はいいかもしれません。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/O/OKP/20140521/20140521103633.jpg
引用: https://romapri.fs-storage.jp/fs2cabinet/258/25889-15/25889-15-m-01-dl.jpg
いかがでしたでしょうか。今回はセミシングルサイズのベッドを中心に、様々なベッドのサイズや寝心地などについて紹介してきました。セミシングルは、一人暮らしのワンルーム向けのサイズになっていて、自宅などで使うのには子供用でない限り中々おすすめできるサイズではありません。もしベッドの購入を検討しているのであれば、今回の記事を参考にしていただき、購入されてみてはいかがでしょうか。
引用: https://www.dinos.co.jp/defaultMall/images/goods/C19/0151/etc/543004c1.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.feliciabed.com/upload/save_image/T040109264_500.jpg