Socxn2zda6bn6lntnqt7

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

ライトシェードを自作しよう!ガラスを用いた作り方を紹介!

2019.01.21

ライトシェードは、さまざまな材料を使って簡単に作ることが可能ですが、ガラスを材料にして作ることも可能です。ガラスを用いたライトシェードの作り方とは。本記事では、おしゃれで簡単なライトシェードの自作方法をご紹介していきます。

  1. ガラスを使ったライトシェードの自作方法をご紹介!
  2. そもそもライトシェードって何?
  3. ガラスのライトシェードを作るのに必要な材料は?
  4. ガラスのライトシェードの作り方は?
  5. ガラスを使ったライトシェードの自作方法をご紹介!:まとめ
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51TmumwQ7tL.jpg
ライトシェードはライトの種類ごとにかなり形が変わるため、ライトのデザインやシルエットの造形に大きな役割を果たしています。企業や職人の手作りによるライトシェードを、そのまま購入して使っている方も多いですが、実はライトシェードはさまざまな材料から簡単に自作することが可能なのです。ライトシェードはガラスを使って作ることも可能なのですが、では、ガラスを使ったライトシェードの自作方法は、いったいどのようなものなのでしょうか。
引用: https://tshop.r10s.jp/potafleurs/cabinet/shohin01/shoumei/shade/gshtora1.jpg?fitin=275:275
今回は、ガラスを使ったライトシェードの作り方について、詳しい解説を行っていきます。ガラスのライトシェードを自作すれば、かなり安い価格でライトシェードを手に入れることができますよ。学校の工作などにも活用できると思いますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

ガラスドームの作り方に関しての記事です。興味のある方はぜひ参考にしてみてください。
引用: https://image.rakuten.co.jp/marumitsu/cabinet/5305/5305a.jpg
そもそもライトシェードとは何なのか、良く分かっていない方も多いのではないでしょうか。ライトシェードとは、ライトの先端に付いている傘に似た形の部分のことを指します。ライトシェードは、ライトがむき出しになって光が強くなり過ぎるのを防ぐ役割を果たしており、それと同時にライトのデザインやシルエットに大きな影響を与えています。
引用: https://lamp-shade.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/02/276jalaomori.jpg
ライトシェードがどのような形をしているのかは、メーカーごとのデザインやシルエットによって大きく変わってきます。そのため、光を抑える役割を果たしていれば、ある意味どのような形であっても、それはライトシェードであると言えるのです。
この項目では、ガラスのライトシェードを作るのに必要な材料について、詳しく解説していきます。
引用: https://i1.wp.com/emi.frenchkiss.jp/wp-content/uploads/2017/08/sgt-983.jpg?resize=1024%2C718
ガラスのライトシェードを作るのに必要な材料は、小さめのガラス瓶、おはじきやガラスタイル、小型のライト、SUボンド・木工用ボンド、インスタントセメント、ヘラ、トレー、新聞紙、ドライヤーなどです。これらすべての材料を集めたとしても、かかる費用はせいぜい500円ほどです。市販や通販で販売されているライトシェードと比べても、格安な値段なのではないでしょうか。
引用: https://i0.wp.com/emi.frenchkiss.jp/wp-content/uploads/2017/07/sgt-417.jpg?resize=1024%2C768
次の項目ではいよいよ、これらの材料を使ったガラスのライトシェードの作り方をご紹介していきます。
引用: https://i2.wp.com/emi.frenchkiss.jp/wp-content/uploads/2018/04/sgt-2188.jpg?resize=1024%2C768
まず、小さめのガラス瓶の汚れを落とし、水気を拭き取って乾かした後、ガラス瓶の本体にSUボンドを使って、ペタペタとおはじきやガラスタイルを接着していきます。このとき、なるべく隙間ができないようにできるだけ敷き詰めて、貼り付けていくのがコツです。ガラス瓶本体におはじきやガラスタイルをしっかりと敷き詰めたら、次は隙間に水とインスタントセメントを混ぜ合わせたものを塗っていきます。水とインスタントセメントの分量は、インスタントセメントの袋に書かれているので、参考にしながら良く混ぜ合わせてください。
引用: https://i2.wp.com/emi.frenchkiss.jp/wp-content/uploads/2018/04/sgt-2191.jpg?resize=1024%2C768
ガラス瓶全体に、水とインスタントセメントを混ぜ合わせたものを塗り合わせたら、次は水分を飛ばすためにドライヤーを使ってひたすら乾かしていきます。この間、ヘラを使って表面を均一にしながら乾かしていくと、仕上がりがきれいになります。ガラス瓶本体が乾いたら、本体に貼り付けたおはじきやガラスタイルに付着している汚れを、ウエットティッシュなどを使って良く拭き上げます。きれいに拭き上げたら自作ライトシェードの完成です。
引用: https://i1.wp.com/emi.frenchkiss.jp/wp-content/uploads/2018/04/sgt-2193.jpg?resize=1024%2C768
引用: https://i0.wp.com/emi.frenchkiss.jp/wp-content/uploads/2018/04/sgt-2192.jpg?resize=1024%2C768
ガラスを使った自作ライトシェードの作り方をご紹介しました。中に小型のライトを入れて転倒させると、とてもきれいな光の色彩を楽しむことができますよ。このページでご紹介した作り方を参考にして、ぜひ自作ライトシェードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。