Ynihaze4xtsj7r2xerkb

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

ベッドの引き取りを無料で!いらないベッドを無料のサービスで処分しよう!

2019.01.19

いらなくなったベッドを無料引き取りしてもえらるサービスがあるのをご存知でしょうか?お金を払ってでも処分してほしい気持ちは誰も同じ。お得なことを考えると、無料で引き取り処分してもらえるサービスが一番。今回は、いらないベッドの無料サービスや処分方法をお伝えします。

  1. いらなくなったベッドの処分、どうしてる?
  2. ベッドの処分方法①:無料の引き取りサービスを利用する
  3. ベッドの処分方法②:有料の処分方法で処分する
  4. いらなくベッドはお得に処分できる引き取りサービスとは?
  5. ベッドをお得に処分できる引き取りサービス①:家具の買い替えで活用できるサービス
  6. ベッドをお得に処分できる引き取りサービス①-1:dinosの大物家具引き取りサービス
  7. ベッドをお得に処分できる引き取りサービス①-2:無印良品の引き取りサービス
  8. ベッドをお得に処分できる引き取りサービス②:ヤマトホームコンビニエンスの不用品買取サービス
  9. ベッドの引き取りサービスを活用しなくても処分できる?
  10. ベッドの引き取りサービスを活用せずに処分する方法①:市町村の粗大ごみとして処分
  11. ベッドの引き取りサービスを活用せずに処分する方法②:掲示板で必要としている人を募集する
  12. ベッドの引き取りサービスを活用せずに処分する方法③:リサイクルショップに相談
  13. ベッドの引き取りサービスを活用せずに処分する方法④:ごみ処理場に持ち込みする
  14. ベッドの引き取りサービスを活用せずに処分する方法⑤:自分で解体してごみ回収日に出す
  15. ベッドの引き取りサービスは最大限に活用しよう
子供が成長したからもういらなくなったベッドや老朽化により新しいものを買い替えることでいらなくなったベッド。その処分はどうすればいいのと困っている人もいるでしょう。最近は、ベッドをスムーズに処分してくれる業者も増えてベッドの引き取りができるサービスも充実しています。
まずは、ベッドの処分方法について大きく分けるとどんなものがあるのかを紹介していきます。初めて、ベッドの引き取りサービスや処分サービスをチェックするという人はこの機会にしっかりとチェックしておきましょう。
いらなくなったベッドの処分方法の1つ目は、無料の引き取りサービスを利用するということです。無料の引き取りサービスにもいくつか種類があるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。ただ、無料でベッドの引き取りをしてくれるサービスを利用する場合は条件があることもあります。
無料でベッドの引き取りをしてもらうことを決める前に、事前に諸条件に目を通しておくとサービスを利用する時もスムーズに手続きを進めることができます。ベッドはサイズも大きく場所も取るので、念入りに無料引き取りのサービスを利用する場合はチェックしましょう。
いらなくなったベッドの処分方法の2つ目は、有料で処分してもらうということです。無料引き取りサービスを利用しようと思ったけど、処分しようと思っているベッドの条件が当てはまらなかったということもあるでしょう。
そんな時は、処分してもらうという結果は同じ事なので、有料のサービスを利用するのもおすすめです。こちらもいくつか種類があるので、気になる人は後程詳しく紹介するので1つの選択肢としてチェックしてみるといいでしょう。

関連記事

ここからは、いらなくなったベッドをお得に無料で処分できる引き取りサービスにはどんなものがあるのか紹介します。身近にそして気軽に利用できるサービスばかりなので、自分が処分したいと思うベッドに条件が当てはまる場合は利用を検討してみるのもいいでしょう。
少しでも、いらなくなったベッドの処分の費用を節約したいという人は有料の処分サービスより先にこちらの無料の引き取りサービスをチェックしましょう。
ベッドをお得に処分できる引き取りサービスの1つ目は、家具の買い替えをするということで無料で引き取りしてもらえるサービスです。諸条件はありますが、新しいベッドに買い替えたいと思っている人にはかなり嬉しい引き取りサービスであると言えるでしょう。
無料でいらなくなったベッドを引き取りしてもらえて、新しい自分が気に入ったベッドを配送してもらえるというのはかなりお得です。代表的なものをいくつかこれから紹介していきます。
まず1つ目は、カタログ通販サイトでも有名なdinosの大型家具無料引き取りサービスです。ベッドの買い替えをしたいと検討している人にとっては嬉しい引き取りサービスであると言えるでしょう。ただし、こちらは諸条件があり該当する人に限って利用できるようです。
具体的には、dinosのカタログまたはオンラインショップで購入したものに限るというのが第一条件としてあります。そして、送料マークの部分が大物配送大、特大物配送大が付いている商品をdinosで購入していることも条件とされています。さらに、1点につき税抜き38,000円以上のものを買っているということも条件にされています。
インターネットで無料引き取りサービスの利用の申し込みも気軽にできるので、初めてこのサービスを活用するという人も安心です。こちらの無料引き取りサービスは、初めは関東や関西エリアの一部だけだったようですが最近では全国に広まって多くの人が活用しています。
引用: https://www.instagram.com/p/Bst2inDlk4b/
2つ目は、無印良品の無料引き取りサービスです。こちらはベッドの無料引き取りの条件が厳しく、同種や同数のものに限って引き取りをしてもらえるサービスになります。そのため、ここはきちんとチェックしておかないと実際に新しいベッドを買い替えてから何でも無料引き取りしてもらえると思い込んでいたとトラブルになりやすいです。
また、こちらは公式サイトにきちんと記載されていますが不用品のみの回収サービスもしていません。きちんとそこも目を通してから自分が持っているベッドに条件があっているのかをチェックしておきましょう。また、その他にも規定がいくつかあるので利用を検討する人は細部まで目を通しておくこが大切です。
※不用品引き取りのみの承りはできません。

引用: https://pictogram-free.com/material/357-pictogram-free.jpg
ベッドをお得に処分できる引き取りサービスの2つ目は、ヤマホトームコンビニエンスのサービスを利用するということです。引っ越しと一緒にいらなくなったベッドを処分したいという時も、電話をかけるだけで申し込みができるので非常に便利です。また、引っ越しと同時の申し込みでなくても利用できるのも嬉しいところです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d5/d54d08445641f019e0f6837172865dec_t.jpeg
ただし、こちらの引き取りサービスは廃棄のみの受付はされておらず買取を前提にして利用することができるものになります。無料引き取りという感覚ではなく、自治体で処分してもらうと手数料がかかるからそれを節約するために活用するというスタンスで申し込みをするのがいいでしょう。
※不用品買取りサービスのみのご利用も承ります。 ※不用品の廃棄のみはお受けできません。

関連記事

ベッドの無料の引き取りサービスを活用しようと思ったら、自分の持っているベッドだと活用できないみたいということもあります。そんな時は、無料ではなく有料にはなりますがいらなくなったベッドの処分もすることが可能です。最終手段の1つとして知っておくと、何かとベッドの処分に困らずに選択肢を検討することができます。
ベッドの引き取りサービスを活用せずに処分する方法の1つ目が、市町村の粗大ごみとして処分してしまう方法です。住んでいる地域によって、いらなくなったベッドを処分してもらうステップは大きく変わるのでまずは役所のホームページをチェックしてみるといいでしょう。
市町村に粗大ごみとして廃棄してもらうことを決めたら準備を始めましょう。自治体によっても違いますが、粗大ごみを処理する手数料としての券を購入する必要があるケースも多いです。予め、ネット上でベッドなどの粗大ごみを回収してもらう日にちを予約するステップがある自治体もあります。
もちろん、ベッドがどれくらいのサイズかによって必要な手数料も変わってきます。細かな決まりもあったりするので、市町村の粗大ごみで処分する時はしっかりとチェックするようにしましょう。
ベッドの引き取りサービスを活用せずに処分する方法の2つ目は、ネット上の掲示板でベッドを必要としている人を募集することです。ただし、こちらはベッドの状態によって募集できるかどうかは違ってきます。
明らかに老朽化しているようなベッドは、ベッドを必要としている人からすると不快に思われる可能性もあります。常識の範囲内でこのベッドは人の手に渡っても活用できるレベルのものなのかを判断するようにしましょう。
不要な人と必要な人がバランスよく需要供給を保つためにも、その線引きはきちんとしておくことが望ましいです。もちろん、掲示板で声掛けしてみても引き取ってもらえそうでない場合は知り合いなどにもベッドが必要ないか聞いてみるといいでしょう。
ベッドの引き取りサービスを活用せずに処分する方法の3つ目は、リサイクルショップに相談してみるということです。いらなくなったベッドはもちろん、その他の家具も引き取りしてくれるリサイクルショップはネットで検索してもたくさん存在します。状態が良いものであれば、査定もその分高い状態で引き取りしてくれます。
ベッドの引き取りサービスを活用せずに処分する方法の4つ目は、ごみ処理場へ持ち込むという方法です。市町村によっては、いらなくなったベッドなど大きなものを持ち込む時はいつ持ち込むか事前に連絡する必要がある場合もあります。また、どれくらいの重さのものを持ち込むかでかかる料金も変わってきます。
他にもいくつか不用品があるという場合は、まとめてごみ処理場へ持ち込むと部屋の中もすっきりしておすすめです。大掃除をした後や引っ越しをする時の片づけなどで、不用品が無いか確認してみるといいでしょう。
引用: https://www.silhouette-illust.com/wp-content/uploads/2016/08/6873-300x300.jpg
ベッドの引き取りサービスを活用せずに処分する方法の5つ目は、ベッドを自分で解体してゴミ回収日に出すというものです。燃えるゴミと燃えないゴミにまずはベッドを解体して部品ごとに細かく分けていきましょう。そして、住んでいる自治体の分別方法を詳しくチェックしながらゴミの出し方を再確認しましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b6/b64d878b637f8c7f8573590218daa674_t.jpeg
ベッドのサイズによっては自分で解体するのはひと手間かかりますが、無料引き取りサービスを活用できないことを考えると安く終わることもあります。もちろん、ベッドの解体が初めてという人は予想以上に時間がかかることもあるでしょう。自分のペースで空き時間を見つけて解体作業をしていきましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81QO9CRdpoL._SL1200_.jpg
ベッドを自分で解体するという時は、作業がしやすいようにこちらの手袋なども用意しておくと便利です。デザインもシンプルなので、男女兼用で使うのも問題ありません。
軍手 防刃手袋 防刃 グローブ 手袋 作業 耐切創手袋 切れない手袋 1双 Sサイズ
価格 ¥ 880
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71K8RIbmkaL._SL1024_.jpg
そして工具セットも一式置いてあると、ホームセンターでまとめて工具を購入する必要も無いのでおすすめです。4000円程度で購入できるものもあるので、購入を検討してみるのもいいでしょう。
FLOUREON ホームツールセット 作業工具セット ガレージツール メンテナンス用 家庭修理&日曜大工&DIY (82PCS)
価格 ¥ 3,180
今回は、いらなくなったベッドの処分方法についてお得なものや有料なものの代表的なサービスを紹介しました。ベッドは長年使うものではありますが、何らかの理由で買い替えや処分をする時期は誰でも1度はやってくるものです。その時に、ベッドの処分方法について少しでもお得なものがあることを知っていれば引き取りサービスの選択肢も増えます。そして、気持ちに余裕もできます。今回の情報を参考にしておくといいでしょう。

関連記事