Fqsrcyrhaqiqnmkez23z

便利

CATEGORY | 便利

ケープは飛行機に持ち込み可能?スプレーや化粧品の機内持ち込みルールチェック!

2019.05.08

飛行機に乗る際、何気なく持ち込みした荷物が没収されてしまった経験のある方も多いハズ。いつも使っているケープや化粧品、スプレーなどは問題なく持ち込めるか、ご存知ない方も多いのでは。ケープなどのスプレーは飛行機内に持ち込みできるのか、航空会社別に調べてみました。

  1. ケープは飛行機に持ち込めるのか?
  2. 【ケープは飛行機に持ち込めるのか】JAL編
  3. 【ケープは飛行機に持ち込めるのか】ANA編
  4. 【ケープは飛行機に持ち込めるのか】成田空港編
  5. ケープは飛行機で運ぶことはできるけど…
Hupnlm4isbhopdwtrhxn

花王の公式サイトのQ&Aには、ケープを飛行機に手荷物として持ち込めるのかという質問が載っています。

Kao common header ci
引用: http://www.kao.com/common/jp/ja/imgs/kao_common_header_ci.gif
Cpe naturalkeep 02 img l
引用: http://www.kao.com/jp/kao_imgs/cape/cpe_naturalkeep_02_img_l.jpg
航空機内は、地上とほぼ同じ気圧や温度に保たれているため、エアゾール容器の中身が噴出したり、品質が劣化したりすることはありせん。 ただし、国内線・国際線を問わず乗客の安全確保の目的で、航空機の客室内だけでなく貨物室への持ち込みが制限される場合があります。 ご利用の航空会社や旅行会社にあらかじめお問い合わせされることをおすすめします

製品的には大丈夫だそうです!しかしケープを飛行機に持ち込む場合、航空会社や旅行会社に問い合わせることが推奨されています。いくら花王が大丈夫だといっても空港で没収されたら悲しいですよね。

ケープなどヘアスプレーは飛行機の中に持ち込みできるのか、JALのサイトにもQ&Aがあります。親切です。

Aircraft 3165785  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/02/19/18/29/aircraft-3165785__340.jpg
へアスプレーや虫除けスプレーなどは、以下制限量内(※)で機内持ち込み、お預けともに可能です。 (※)1容器0.5kgまたは0.5リットル以下で、お一人様2kgまたは2リットルまで ただし、害虫駆除目的の殺虫剤はお預け、ならびに機内へのお持ち込みはできませんのでご注意ください

ヘアスプレーは飛行機に「持ち込み、お預けともに可能です!」とのことです。ただし、1容器0.5kgまたは0.5リットル以下で、お一人様2kgまたは2リットルまでとあります。しかし、ケープ1つの容量ははたったの180gなので大丈夫ですね!

関連記事

続いてANAのサイトではケープの飛行機内への持ち込みどういう規定なのでしょう。ケープなどヘアスプレーの飛行機持込みに関するQ&Aは…ありました!誰もが同じ疑問を持っているのですね。

Uibpft64qvtroacbmhyb
ヘアスプレーや制汗スプレーなどは、1容器あたり0.5Lまたは0.5kg、1人あたり合計2Lまたは2kgまで機内持ち込み・お預かりともに可能です。

JALと同じくヘアスプレーは「持ち込み、お預けともに可能」。但し書きも同じですね。

最後は成田空港のサイトで、ケープを飛行機にも持ち込めるか確認したいと思います。

Airplane 3149285  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/02/12/22/28/airplane-3149285__340.jpg
ヘアスプレーにつきましては、1容器あたり0.5kg以下又は0.5L以下のものであれば、スーツケースなどに入れていただき預け入れが可能です。

こちらも容量についての表記は同じですが2ℓと2㎏の表記がありません。注目したいのがお預入れのみ可能のような書き方です。

さらにサイトを見てみると液体物の飛行機の中への持ち込みについては「量的制限の対象となる液体物のリスト」(国土交通省)の中にヘアスプレーの項目がありました。ヘアスプレーは化粧品などと同じ液体類にカテゴライズされていました。

Makeup brush 1768790  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/10/25/12/53/makeup-brush-1768790__340.jpg

成田空港のサイトでは国土交通省の規定を採用しているのですね。ちなみに花王のサイトでも国土交通省のリンクが貼ってありました。国の決まりと航空会社の決まりが違う…?

液体物には、「液体」に加え「ジェル類」及び「エアゾール(煙霧質)」が含まれ、半液体状物(容器に入れ ないとその形状を保てない物)も量的制限の対象となります。

ケープのようなスプレー缶はエアゾールに含まれます。

Reehzyam38ct2iet3gh6
引用: https://www.instagram.com/p/Bpt-yJ8ntWY/

そして飛行機の中への持ち込みはできるのかというと…

可能(ただし、100ml 以下の個々の容器で、それ らの容器を1リットル以下 のジッパー付き透明プラス チック袋に入れてくださ い。)

100ml以下の容器、これだとケープはサイズ的に無理そうです。

国土交通省の規定ではケープのようなスプレー類も化粧品に含まれるということがわかりました。化粧品の機内持ち込みのルールは①100ml以下の個々の容器で②1ℓ以下のジッパー付き無色透明プラスチック袋(縦横合計40㎝以内が目安)に③一人一袋までです。手荷物チェックのときは検査トレーに出しましょう。

1 / 2