Bwj85ogvw9edik5hxlug

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

ベッドの台(フレーム)はDIYで自作しよう!すのこを用いた作り方を紹介!

2019.02.02

ベッドの台をDIYで自作したいという人はすのこを使うのがおすすめです。すのこのベッドの台は、既製品を買うよりも安くすることができるのにプラスして見た目も素朴な仕上がりになります。今回は、すのこを用いた作り方を紹介します。

  1. ベッドの台をすのこを使って作ろう!
  2. 収納もできる!すのこを使ったベッドの台の作り方①:カラーボックスを並べる
  3. 収納もできる!すのこを使ったベッドの台の作り方②:自作するベッドの台のサイズを決める
  4. 収納もできる!すのこを使ったベッドの台の作り方③:カラーボックスの上にすのこを乗せる
  5. 参考にしたい自作のベッド台①:パレットを使ってローベッドに
  6. 参考にしたい自作のベッド台②:大人っぽい雰囲気をすのこベッドで演出
  7. 個性を生かしたすのこのベッド台作りを楽しもう
ベッドの台をすのこを使って自作したいという人は、カラーボックスを使った収納力のあるベッド台がおすすめです。今までDIYにあまりチャレンジしたことが無いという人も、すのこを使ったベッド台であればハードルも低いはずです。
カラーボックスを使ったベッドだと高い収納力も期待できておすすめです。特に、一人暮らしの新居にはすのこを使ったDIYのベッドの台がピッタリです。荷物が多いという人は、実用性の高さを重視したカラーボックスをすのこと一緒に使ってみるのもいいでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BniktO8gb6d/
すのことカラーボックスを使ったベッドの台の作り方を紹介していきます。まず、市販のカラーボックスを購入して、ベッドを設置したい場所に並べていきます。カラーボックスは、ホームセンターやネット通販で気軽に購入することができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51v-t8gTFqL._SL1200_.jpg
カラーボックスは2段や3段、そして4段と種類があるので一番ベストなベッド台の横幅を探してみるのも楽しいでしょう。どうしても、ベッドを買いたいけど費用を節約したいという人はカラーボックスを使ってDIYを楽しむのがおすすめです。ちなみに、3段のカラーボックスの場合は2000円以下でもたくさん種類もあって手軽に購入することができます。
山善(YAMAZEN) 3段カラーボックス ダークブラウン GCB-3(DBR)
価格 ¥ 1,650
引用: https://www.instagram.com/p/BFT-MQPrLZt/
カラーボックスを買うと決めたら、次は理想のベッドのサイズを決めましょう。ちなみに、一人暮らしでシングルベッドの台を自作するということであれば3段ボックスを5個購入するのがちょうといいでしょう。それと合わせて、カラーボックスをホームセンターで購入する場合はすのこも一緒に購入すると効率よく品物を揃えることができます。
仕上げに、すのこをカラーボックスの上に乗せます。カラーボックスの幅のサイズに合わせてすのこを購入しておけば、失敗も防ぐことができます。シンプルな手順でベッドの台を作ることができるので、DIY初心者にもおすすめです。
すのこの上にマットレスを乗せることで、簡単に出来上がります。すのこを使ってベッドの台を作る場合は、通気性が悪いデメリットも頭に入れておくといいでしょう。定期的にすのこだけをベランダなどで干しておくと、カビも生えにくくなるのでおすすめです。
引用: https://www.instagram.com/p/BQJ6OVxFcYc/
参考にしたい自作のベッド台の1つ目は、パレットを使ったこちらのベッドフレームです。手軽なローベッドが欲しいという人にはおすすめです。パレットの上にすのこを置いて、その上にマットレスを乗せることで快適な睡眠を期待することができます。
引用: https://www.instagram.com/p/BmTbTNtBjBA/
参考にしたい自作のベッド台の2つ目は、ムーディーな雰囲気に仕上げたこちらのすのこベッドです。少し高さを加えて、ゆったりと寛げる空間にすることで睡眠の質の向上も期待することができます。DIYをするにしても、ある程度見た目にこだわりたいという人にはおすすめです。
ベッドの台を自作したいという時は、1つの選択肢としてカラーボックスとすのこを使ってDIYするというのも頭に入れておくといいでしょう。自作で何か作ってみたいという時は、気軽に作れるものから始めてみるのがおすすめです。

関連記事