Pxzazx9becqvu7dafr4v

CATEGORY | 靴

スニーカー紐が長い時の対処法!切る・結び方を工夫など簡単におしゃれにできる!

2019.02.03

スニーカーは靴紐が長いと歩きにくいため結び方を変えたい人は多いでしょう。靴紐が長いと自分で踏んで転ぶ可能性があるため注意が必要です。この記事では、長いスニーカーの紐の簡単でおしゃれな結び方や、紐を切る対処法を紹介します。

目次

  1. スニーカーの紐が長い場合の対処法
  2. 長い靴紐の簡単な結び方
  3. スニーカーの靴紐が長い場合は紐を買い替えよう
  4. スニーカーの紐を切る方法は?
  5. 靴紐がないおしゃれなスニーカーもある
  6. スニーカーの長い紐は早めの対策を!

スニーカーの紐が長いと歩いているときや、ランニング中に気になる人は多いのではないでしょうか。自分で踏んだり、人に踏まれて転んだりしては大変危険です。スニーカーの紐が長いときは、どのような対処法があるのかここから紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

Vlhxf1j5q3e7atlduev3
引用: https://girlydrop.com/fashion/2021

スニーカーの紐の結び方には、いろいろ種類があります。今回は、長い紐を短くできる簡単な結び方を紹介します。

蝶々結びを2回結ぶ

スニーカーの紐を最後の蝶々結びまで結びます。結び終わったら、輪っかと残っている紐の部分を両方持って、もう一度固結びしましょう。そうすると、長かった蝶々結びの部分が短くなって、紐が地面につく心配がありません。

ダブルアイレット

ダブルアイレットは、靴紐が長くないとできないため、紐が長くて悩んでいる人に最適な対処法です。最後の穴まで紐を通します。通し終わったら、反対側の紐を反対側の輪っかの部分に通します。両方同じように交互に輪っかに通し終えたら、最後に蝶々結びで結ぶだけです。この結び方は、足首をしっかり固定することもできるため、ランニングする人やスニーカーのサイズが少し大きい人にはしっかりフィットしてくれるでしょう。

スニーカーの靴紐が長すぎてどうしようもない場合は、紐だけ買い替えるのもひとつの方法です。また長い間スニーカーを履いていると、なんども結び直すことで紐が徐々に伸びてしまうこともあります。靴紐は、足の甲を支える役目があるため、紐がゆるくなったら買い替えるとよいでしょう。

①靴紐の選び方

靴紐を選ぶときは、長さを確認しましょう。紐の一般的な長さは、55cm〜150cmです。スニーカーの穴が2〜3個の場合は55cm、また140cm以上はハイカットのスニーカーに適しています。今持っているスニーカーの紐の長さを測り、それよりも5cm〜10cm短い紐を購入するとよいでしょう。

②靴紐の選び方

紐の形は平紐と丸紐の2種類が一般的です。平紐は、平べったい形状のため解けにくく、カジュアルなスニーカーにはぴったりです。丸紐は、強度がありますが解けやすく、ビジネスシューズやブーツに多くみられます。紐の素材によっても解けやすさが変わってくるため、自分の好みにあった紐を選ぶとよいでしょう。

③靴紐の選び方

長さと形状を決めたら、最後は色で紐を選びましょう。スニーカーの紐の色を変えるだけで、印象もガラリと変わります。靴紐の長さを短くしたい人は、この機会におしゃれなスニーカーに変身させてみてはいかがでしょう。

1 / 2