Sbt0dbnxtf6hc7wjioiq

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

ニット帽のメンズ冬コーデ15選!おしゃれなかぶり方や色の選び方は?

2019.02.02

冬のファッションアイテムとして人気なニット帽ですが、コートなどとのコーデが難しいと感じている人いませんか?そこで、今回はニット帽のメンズ冬コーデを15選ご紹介します。おしゃれなかぶり方や2019年トレンドの赤を含めた色の選び方も解説します!

  1. ニット帽のメンズ冬コーデ色の選び方は?
  2. ニット帽のメンズ冬コーデ例1【ニット帽×ダウンコート】
  3. ニット帽のメンズ冬コーデ例2【ニット帽×丸首ニット】
  4. ニット帽のメンズ冬コーデ例3【ニット帽×ダメージデニム】
  5. ニット帽のメンズ冬コーデ例4【ニット帽×迷彩コート】
  6. ニット帽のメンズ冬コーデ例5【ニット帽×パーカー】
  7. ニット帽のメンズ冬コーデ例6【ニット帽×デニムジャケット】
  8. ニット帽のメンズ冬コーデ例7【ニット帽×モッズコート】
  9. ニット帽のメンズ冬コーデ例8【ニット帽×ライダースジャケット】
  10. ニット帽のメンズ冬コーデ例9【ニット帽×チェスターコート】
  11. ニット帽のメンズ冬コーデ例10【ニット帽×ロングコート】
  12. ニット帽のメンズ冬コーデ例11【ニット帽×スタジャン】
  13. ニット帽のメンズ冬コーデ例12【ニット帽×ダッフルコート】
  14. ニット帽のメンズ冬コーデ例13【ニット帽×テーラードジャケット】
  15. ニット帽のメンズ冬コーデ例14【ニット帽×スウェット】
  16. ニット帽のメンズ冬コーデ例15【ニット帽×チェック柄ジャケット】
  17. ニット帽のおしゃれなかぶり方は?
  18. まとめ:冬はニット帽でカッコいいコーデに!
ニット帽といっても、それぞれデザインも違えば、色も違います。コーデで重要になってくるのは、色ではないでしょうか。どんなニット帽が合わせやすいのか、色の選び方を見てみましょう。

引用: https://www.instagram.com/p/Botm_w0AFQA/
黒は基本的に、どんなコーデにも合わせやすい色であり、普段ニット帽を着用しない人でも、黒のニット帽は使いやすいので、おすすめです。コートやジャケットなど、冬のアウターとも合わせやすいです。また、黒ならかぶり方で、かかじゅあるにもシックにもコーデできます。

ネイビー

引用: https://www.instagram.com/p/BROLRj8jKw2/
ネイビーのニット帽は、黒同様にダークな色なので、メンズファッションにコーデしやすいのが大前提にあります。またダーク色で冬にも取り入れやすく、黒よりもこなれ感が出ます。大人っぽさも出すことができますよ。

引用: https://www.instagram.com/p/BqRvlqhlY1z/
白は寒そうなイメージがありますが、冬のメンズコーデにも、おすすめです。白ニット帽は、黒とのモノトーンコーデにも使えますし、ファッション全体を明るくさせる効果もあります。しかも、素材によっては、冬だけでなく春夏にも着用できるので、一年を通して長く使えるアイテムです。

引用: https://www.instagram.com/p/BplFDkDg4Jz/
2019年は、メンズ・レディースともに、赤がトレンドカラーになっています。差し色として、ファッション小物に赤を取り入れていくのがおすすめなので、赤ニット帽は2019年には活躍できそうなアイテムです。冬のコーデは黒やグレーなど、暗くなりがち。そんな中赤のニット帽を被ればパッと印象が明るくなりますね。

関連記事

冬のコーデに使える、合わせやすいニット帽を知りたいなら、こちらをチェックしましょう。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/kxmui5/20190129075133384/20190129075133384_500.jpg
ダウンコートは、真冬に大活躍するメンズアイテムですね。色々なテイストのダウンコートがありますが、このようなきっちり感も漂うダウンコートも、ニット帽とのコーデに使えます。同系色でまとめると、ニット帽だけが浮いたコーデにならないので、おすすめです。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/a2qlbg/20190126164831990/20190126164831990_500.jpg
ニットセーターはメンズの冬の定番コーデアイテムで、シンプルで使いやすく、着まわしのきくアイテムですね。特に丸首のニットは、1枚使いできる上、冬にはジャケットやコートのインナーとしても合わせやすいです。
そんなシンプルなニットは、ニット帽と合わせると素敵です。画像のように、ネイビーのニット帽をコーデに使うなら、ニットも青系統のものを使用すると、統一感が生まれます。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/5i5oj1/20190129212320453/20190129212320453_500.jpg
白のニット帽は明るい色なので、カジュアルなコーデによく合います。このようなダメージジーンズにニット帽を合わせると、おしゃれ度がアップします。白なので、コーデ全体を明るく見せる効果もあります。重くなりがちな冬のコーデも、白ニット帽が差し色となって、メリハリが生まれます。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/tk6efd/20190128094404629/20190128094404629_500.jpg
赤のニット帽は、それだけで個性を出せるアイテムです。赤は2019年のトレンドカラーでもあるので、ファッションに赤を取り入れているだけで、おしゃれなメンズだと思わせることができますよ。さらに、迷彩のファッショナブルなコートを合わせると、個性あふれるカジュアルコーデになります。差し色の赤がカッコいいですね。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/gaywws/20190127060615947/20190127060615947_500.jpg
パーカーは、アウターとしてもインナーとしても使え、コーデに使用するメンズも多いでしょう。パーカーは冬にインナーとして使用すると、アウターが薄手でも温かくておすすめです。
カジュアルで子供っぽくなりがちなパーカーも、パーカーの色とニット帽の色をグレーで合わせると、大人っぽいメンズコーデになります。2019年冬は、パーカーとニット帽で様々なコーデを楽しむのもいいですね。
引用: https://wear.jp/souma0612/14004775/
カジュアルファッションでおしゃれを楽しみたいときは、ニット帽の色にこだわってみましょう。せっかくデニム素材でカジュアル感が出せているので、黒やグレーなどの暗めのニット帽を使うと重くなってしまい、もったいないです。
2019年トレンドの赤を合わせるのもいいですし、真っ赤ではなくても、オレンジなどの赤系統の暖色系を合わせるのがおすすめです。また、画像のように明るめのブラウンを合わせると、カジュアルさの中にも落ち着きのあるコーデになります。
引用: https://wear.jp/zuma1125/14013770/
モッズコートは、見た目も機能性もメンズ向きのコートで、冬に人気のアイテムですね。デザインが大き目なので、冬にインナーに厚手のものを着用してもゴワゴワした感じに見えません。ミリタリーの要素もあるので、カジュアルテイストのあるコーデできめたいところです。
そこで大活躍するのが、ニット帽です。カーキなら、白にニット帽と合わせれば、全体に明るく若々しいコーデになります。逆に黒やグレーのニット帽を合わせると、シックな大人の雰囲気になります。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/kx5ogy/20190127165838462/20190127165838462_500.jpg
ライダースジャケットは、大人の色気を感じさせながら、カジュアルにコーデできるアイテムです。シックでスタイリッシュなコーデにするためには、黒のニット帽がおすすめです。また、サングラスを使って、おしゃれを演出するのもおすすめです。グリーンのチェックパンツもカッコいいですね。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/c7kqo6/20190128063252180/20190128063252180_500.jpg
チェスターコートはどちらかと言うと、キレイ目コーデに使われがちですが、思い切ってカジュアルに使用するとおしゃれ度がアップします。冬の寒さ対策のためにも、パーカーやジャケットをインナー使いして、きっちり感をあえて崩すとニット帽も映えます。
2019年も引き続き、チェスターコートは定番のメンズアウターとなっているので、時にはカジュアルコーデにチェスターコートを使ってみてはいかがでしょうか。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/gypuqx/20190128222942504/20190128222942504_500.jpg
おしゃれメンズだと思わせるためには、個性を出すことも大切です。こちらは、ロングコートをアウターとしての使い方だけではなくて、コートの上にベストを着て、インナーのような使い方をしています。しっかりとマフラーも巻いて、防寒対策もばっちりなおしゃれコーデです。
それでも違和感を感じないのは、ニット帽とロングコートをグレーにして、ベストやマフラーを白系でまとめているからでしょう。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/yg6u2i/20190126084400700/20190126084400700_500.jpg
スタジャンも、秋冬のカジュアルコーデに人気のアイテムですね。スポーティーなので、デニムやパーカーとの相性が抜群です。もちろん、ニット帽も違和感なく合わせることができます。グレーのニット帽は、どんなスタジャンにも比較的合わせやすいです。

関連記事

スタジャンコーデをもっと知りたい人は、こちらの参考にしましょう。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/2mab9c/20190128090057472/20190128090057472_500.jpg
ダッフルコートにニット帽は、若々しいコーデになります。甘めのコーデにしたいときや、学生さんにもおすすめのコーデ例です。大人の男性が合わせるときは、おでこを出したり、ニット帽のかぶり方で紳士的な雰囲気も作り出すことができます。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/j0w9ab/20190128085159034/20190128085159034_500.jpg
ジャケットの基本アイテムとして、人気が高いテーラードジャケットは、冬はもちろん、春や秋にも使いまわしができるアイテムです。冬は、インナーにタートルニットを着て、ニット帽を合わせるとあったかそうな装いになりますね。カーキやブラウンなど、渋めのニット帽が大人の男性の雰囲気に合います。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/orxjy4/20190123102353463/20190123102353463_500.jpg
冬にスウェットを使いたいメンズも多いと思いますが、カジュアル感の強いスウェットにニット帽が合わないわけありません。重ね着することができる上、楽なスタイルのスウェットは冬に取り入れたいアイテムの一つです。スウェットが白なら、基本的にどんなカラーのニット帽も合います。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/oim3bp/20190120215903096/20190120215903096_500.jpg
チェック柄が流行になり、2019年も引き続き人気が続いています。チェック柄のジャケットは、コーデが難しそうなイメージもありますが、カジュアルにもスタイリッシュなスタイルにも使えるアイテムです。画像のように遊び心のあるコーデにも、ニット帽がかっこよくきまっていますよね。

バランスを意識する

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/v5pvoq/20190124191918644/20190124191918644_500.jpg
ニット帽は、冬の防寒アイテムとして重宝しますが、ファッションアイテムとして、かっこよくかぶりたいですよね。そのためには、バランスを意識したかぶり方をすることが大切です。
バランスを意識したかぶり方というのは、サイドから見たときに、バランスが整っているかどうかが鍵になります。横から見たときに、目の位置からニット帽のまでの距離と、目から顎までの距離がほぼ同じであれば、バランスの整ったかぶり方ができていることになります。

おでこをどうするか

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/opa4lu/20181212165913843/20181212165913843_500.jpg
ニット帽のかぶり方で、迷うことの一つに、おでこを出すかどうかが挙げられるかと思います。また、おでこが出ているかどうかで、見た目にも大きく影響するので、ニット帽のかぶり方では重要な部分になっています。
おでこを出すかどうかに関しては、ニット帽のかぶり方として正解はなく、好みの問題になります。一般的には、おでこを出したほうが、すっきりと清潔感があり、クールな印象になります。一方、おでこを出さずに前髪を出すと、落ち着いた優しい印象になり、甘い雰囲気も出すことができます。

襟足をどうするか

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/nrhipy/20190124072802305/20190124072802305_500.jpg
ロングのメンズの場合は、おのずと後ろ髪がニット帽から出てしまいますが、ショートのメンズの場合、襟足の髪をニット帽に隠れるぐらい深くかぶるのかどうかというところも、気になるでしょう。前からみたバランスは、ほとんどの人が気になりますが、意外と後ろからも見られています。
バランス的な面から考えると、襟足はちらっと見えるぐらいの深さでかぶるのが、かっこいいニット帽のかぶり方と言えます。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/jc6i0z/20181128060052969/20181128060052969_500.jpg
ニット帽のメンズ冬コーデを、15選ご紹介しました。見てきたように、ニット帽は意外とどんなコーデにも馴染みやすく、冬の防寒にも使えるので、おすすめのファッションアイテムです。2019年冬は、是非ニット帽でおしゃれを楽しみましょう。