Usbxeccbfgrsunufxbwe

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

ベッドと布団は結局どっちがいいの?違いや気になるダニの問題も解説!

2019.01.29

ベッドと布団と、どちらが睡眠に有利なのでしょうか。どっちがいいかは睡眠だけではなく、ダニなどの害虫が発生してしまうことやインテリアなどの総合的に考えて決めてみましょう。ベッドと布団との違いをご説明しますので、じっくりと検討してみましょう。

  1. ベッドと布団はどちらが有利?
  2. ベッドと布団のそれぞれのメリット ベッド①インテリアが有利
  3. ベッドと布団のそれぞれのメリット ベッド②片付けが楽
  4. ベッドと布団のそれぞれのメリット ベッド③湿気が溜まりにくい
  5. ベッドと布団のそれぞれのメリット ベッド④ソファーとしても活用できる
  6. ベッドと布団のそれぞれのメリット ベッド⑤ベッドの下を活用できる
  7. ベッドと布団のそれぞれのメリット 布団①部屋のスペースが広くなる
  8. ベッドと布団のそれぞれのメリット 布団②掃除がしやすい
  9. ベッドと布団のそれぞれのメリット 布団③天日干ししやすい
  10. ベッドと布団のそれぞれのメリット 布団④引越しがしやすい
  11. ベッドと布団のそれぞれのメリット 布団⑤落ちるような心配がない
  12. ベッドと布団とでは結局どっちが有利?
  13. 布団よりもベッドが有利になる場面
  14. ベッドよりも布団が有利になる場面
  15. おすすめのベッドと布団 ベッド①東京ベッド
  16. おすすめのベッドと布団 ベッド②無印良品
  17. おすすめのベッドと布団 ベッド③ニトリ
  18. おすすめのベッドと布団 布団①西川産業
  19. おすすめのベッドと布団 布団②ニトリ
  20. おすすめのベッドと布団 布団③イッティ
  21. おすすめのベッドと布団 布団④エアウィーヴ
  22. ベッドと布団は結局とちらが有利?
引用: http://www10.plala.or.jp/shop-ai/DSC_0566-11.jpg
インテリアでは欠かせない寝具ですが、ベッドにするべきか、布団にするべきか悩むことはありませんか。それぞれにメリットがあり、結局どちらの方がメリットが大きいのか分からないという人は多いはずです。どっちがいいかは、その人の生活スタイルなどに大きく影響してきます。また、掃除のしやすさなども含めてベッドと布団のどっちがいいのかを決めていくことが重要です。
一度決めてしまえば、そのスタイルで長く愛用していくことになりますので、じっくりとそれぞれのメリットを検証して決めていくいことをおすすめします。また、どっちがいいかを決めることが難しいというときには、両方のメリットとデメリットを整理して考えてみましょう。それぞれのメリットとデメリットが理解できれば、自然とどっちがいいのかが分かってくるはずです。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20160630%2F18%2F1311138%2F34%2F350x450x33ef11f93c3ad3edab5d83e3.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
引用: https://www.muji.com/jp/img/store/panel/storagebedaw_640.jpg
ベッドのメリットは、なんと言ってもインテリアで有利なことです。おしゃれな部屋のイメージには、必ずベッドが含まれてきます。もちろん、布団でもインテリア次第でおしゃれな雰囲気にさせることができますが、ベッドの方が手軽にインテリアを楽しむことができます。
とりあえずベッドを置いておくだけでも、ベッドの素材やデザインによってはインテリアとして活躍させることができます。ベッドと布団とどっちがいいのか難しいときには、インテリアという視点からも考えてみましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRfDR4MC_QaqnDbhjNro8jQ9VdnHmmADMEYOGdyeqvcoNKy9M2F
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51z2rru7GrL.jpg
また、ベッドは布団に比べて片付けが楽だというメリットがあります。ベッドに敷いている布団は、そのままにしておいても部屋が乱れるような雰囲気にはなりません。ベッドの布団を敷いたままにしておいても、とくに違和感は感じられないのです。直に敷く布団の場合には、起きる度に片づけておかなければ見た目が悪くなります。
毎日の手間いらずという部分でも、ベッドの方が布団よりも有利だと感じるでしょう。こうした違いを知れば、ベッドを選ぶ人の方が増えるでしょう。どっちがいいかは、片付けが楽がどうかも選ぶ視点になるはずです。
引用: https://d2exlhxexa20oo.cloudfront.net/img/goods/084422-2100001152659-00/1.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSAeoZkYHNM0WLrqSegM5l_OQvBsLM0uqKlNCTnMxJp2BFgQfAl
そして、ベッドは布団自体に湿気が溜まりにくいというメリットもあります。布団の場合には床にそのまま敷くことになりますので、どうしても布団の裏側に湿気が溜まりやすくなってしまうのです。ベッドは床から少し浮かせた状態になっていますので、湿気が溜まる前に湿気が逃げていきます。
湿気は結果的にカビを発生させてしまう原因になります。また、湿気が溜まりやすいということは、ダニなどが発生してしまいやすい環境になってしまいます。湿気が溜まりにくいベッドは、ダニなどの害虫予防にも繋がるのです。
引用: https://www.feliciabed.com/upload/save_image/T500026682_500.jpg

関連記事

引用: https://shopping.c.yimg.jp/lib/petkan/536306-scn03-e.jpg
べッドはただ寝るスペースというだけではなく、ソファーのような使い方もできます。ベッドの上でゆっくり読書などを楽しみたいという人にはぴったりだなのです。また、枕やクッションを上手に活用することで、ベッドの上でティータイムを楽しむこともできるでしょう。
さまざまな使い方に変化させることができるのも、布団とは違うベッドのメリットだと言えるでしょう。ベッドと布団とどっちがいいか迷っているときには、ソファーとしての活用ができる違いも考慮してみましょう。
引用: https://aimg.as-1.co.jp/c/61/0435/30/61043530.jpg?v=18e11efcb2efeaa7c67adb0294aed0ae4e757b94
引用: https://shop.r10s.jp/seikatsuzacca/cabinet/sz_26/25889-02_1.jpg
ベッドは布団に比べて縦の高さを有効活用している寝具です。そのため、デッドスペースを有効活用することができるのです。ベッドの下にはちょうどさまざまな物を収納できるスペースが見えるはずです。この部分に普段使用しない物を収納しておけば、無駄なスペースを有効活用することができるでしょう。
こうした使い方は、布団ではできません。布団はそのまま床に敷いてしまいますので、こうしたスペースを作ることはできないのです。収納ということを考慮した場合には、布団よりもベッドの方が有利だと感じることができるでしょう。ベッドと布団とどっちがいいか迷っているときには、掃除がしやすいという違いも考慮して考えるべきです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR-H9vyeZQ86U6rwDKgAO90M5tDRYQvMbHWBEio2I-OcI7ezMQk
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQywxRW89vdas-WX1B9h70vbdY12lehixs0t8s-XGb1vA2irS1x
意外に感じるかもしれませんが、ベッドよりも布団の方が部屋のスペースを広く使用することができます。ベッドはベッド分だけどうしても部屋のスペースを取ってしまいます。
しかし、ベッドの枠などがない布団は、自然とその分のスペースが広くなるのです。実際にベッドを設置したときと、布団のみを設置したときとを比べてみれば分かりますが、部屋の広さが全く違うことに気が付くでしょう。布団とベッドのどっちがいいかは、部屋の広さの違いからも検討してみましょう。
引用: https://www.cecile.co.jp/cmdty/img/85211/512/85211XI-1260_D1.jpg
引用: https://sp.cecile.co.jp/cmdty/img/81201/512/81201CR-953_U1.jpg
そして、掃除のしやすさを考えてもベッドよりも布団の方がかなり有利になります。ベッドはフレームなどを含めて掃除をする必要がありますが、布団の場合には布団を片付ければ床だけを掃除すれば綺麗にさせることができます。少ない工程で掃除を完了させることができる布団は、掃除という面ではかなり有利になるでしょう。
実際に掃除をしてみれば、布団の方が有利であることがすぐに分かるでしょう。布団とベッドとでは、どっちがいいかという違いは、掃除の方法が大きく異なりますので、こうしたことも選ぶ基準としておきましょう。
引用: https://i0.wp.com/iine-kenkyujo.com/wp-content/uploads/2017/12/ink0000938-2.jpg?fit=640%2C427
引用: https://dbcn1bdvswqbx.cloudfront.net/client_info/AIRWEAVE/itemimage/1_202011_1/640_shiki_s.jpg
ベッドよりも布団が優れている部分は、布団を干しやすいという点もあります。ベッドの場合には、マットレスを含めて天日干しをする必要がありますが、マットレスを外に出して天日干しをすることは簡単ではありません。マットレスはかなりの重量があるだけではなく、干すスペースも確保しなければならなくなります。
しかし、布団の場合には布団分のスペースがあればいつでも簡単に天日干しを行うことができるのです。こうした手軽さも布団の大きなメリットだと言えるポイントです。天日干しが簡単にできれば、ダニなどの害虫を駆除しやすくなります。ダニなどの害虫予防としても、布団を選んでみましょう。
引用: https://shop.r10s.jp/rack-kan/cabinet/jishahin2/559679-scn01-e.jpg
引用: http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/image/professional/technology/img_futon.jpg
もし、引越しをしなければならなくなったときには、どちらが有利に感じますか。間違いなく布団の方が有利だと感じることができるでしょう。間違いなく布団のほうが引っ越しには有利です。ベッドはマットレスを含めて、とても大掛かりな引っ越し作業になってしまいますが、布団であれば折りたたんで小さく、そして軽く引っ越しを済ませることができます。引っ越し作業で考えて、どっちがいいか考えた場合には、確実に布団の方が有利です。
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/hikkoshi/howto/packing30/img_36.jpg

関連記事

引用: https://care-tensyoku.com/column/wp-content/uploads/2016/02/s-TOP%E3%83%92%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%88.jpg
そして、布団の場合には落ちる心配がありません。ベッドは高さがありますので、寝相が悪いときには落ちてしまう心配がありますが、布団の場合には間違いなく落ちるということはありません。ベッドから落ちてしまえば、ベッドのタイプにもよりますが体に強い衝撃が加わり、怪我をしてしまうこともあります。しかし、布団の場合にはいくら寝相が悪くても、落ちて怪我をしてしまうことはないでしょう。こうした細かいメリットですが、実はとても重要なポイントになるのです。
引用: https://m.msmstatic.com/4660000000/%E4%BA%8C%E6%AE%B5%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E7%94%BB%E5%83%8F78.png
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ8Skp6Q5E1P7xydSvmv34xN4IT7bditY9Hg1fPK4mpJC424FCRgQ
こうしたそれぞれのメリットを踏まえて検証した場合、結局どちらが有利なのでしょうか。メリットの違いを比べても、どっちがいいかははっきりは決めれないでしょう。それぞれにメリットがあり、それぞれにデメリットがありますので、自分が求めているメリットに一致すればそちらを選べば良いです。しかし、忘れてはいけないのが、衛生面です。見た目だけではなく、衛生面についてもどっちがいいのか、どっちか有利なのかを考えて選ぶようにしましょう。
先程も説明したように、ベッドはマットレスを干したり洗濯したりすることが難しいので、湿気が溜まりやすくダニなどの害虫が発生しやすくなります。反対に布団は手軽に乾したりすることができますので、ダニなどの害虫の発生を防ぎやすくなります。こうした違いを考慮してベッドか布団かを選ぶようにしましょう。
引用: http://www.eeel.jp/wp-content/uploads/2015/06/futon.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRWyiin3iVw_pTC-rdMCdff-SxuJw3Vz_7YVjpMEQURHsVHO3R5
布団よりもベッドが有利になる場面は、部屋のスペースに余裕があり、さらに日当たりの良い部屋であるときです。ベッドは布団よりもスペースを取ってしまいますので、部屋に十分な余裕があるときには、ベッドの方が有利になります。見た目にもおしゃれで、さらに片付けも楽なので、こうした場面のときにはベッドを選んでみましょう。
また、日当たりが良い部屋であれば、湿気などが溜まりにくいため、ダニなどの害虫も発生しにくくなります。ダニなどの発生でアレルギーが起こってしまうような人は、ベッドを選んでみることも良いでしょう。
引用: http://www.sterior.com/otherbed/img/pmbed01.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRHdZjlL5B4yCx4rCx2r0uO-mwNNAtZnhnraVdh0OERlANNRWVF
ベッドよりも布団の方が有利になる場面は、余裕のない狭い部屋であり、かつ床が畳の部屋です。畳の部屋であれば、気になる湿気などが布団に付いてしまうことを防ぐことができます。畳は部屋の湿気を上手に取ってくれますので、布団湿気が移りにくくなるのです。結果的にダニなどの害虫から布団をまもることができるようになります。どっちがいいかとは、その部屋の違いなども含めて確かめる必要があります。違いを確認しながら、どちらが有利かを確認してみましょう。
引用: https://shufu-nabi.net/wp-content/uploads/2017/03/dcab06f17178a0207645d3712f74d52c.jpg
引用: https://www.tokyo-bed.co.jp/files/cache/293055cd86e120b644d8a272dd60d586_f756.jpg
東京ベッドは、日本の環境には適したベッドだと感じることができるでしょう。とくにマットレスに関しては、風通しが良くなるような工夫がされていますので、マットレスに湿気が溜まるようなことが少なく、ダニなどの害虫が発生しにくいと言えます。
ベッドを設置したいけれども、どうしても日当たりが悪く、湿気が溜まりやすい環境にいるというときには、東京ベッドを選んでみてください。腰痛持ちで硬い素材を選びたいというときにも、東京ベッドであれば満足できるマットレスを購入することができるはずです。
引用: http://www.tokyo-bed.co.jp/files/cache/02d0563cd61c959b82170db1684e223e_f215.jpg
引用: https://p1-f93320cb.imageflux.jp/c!/f=webp:auto/journal/wp-content/uploads/2015/07/top.jpg
リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、素材に力を入れている無印良品のベッドは定番とも言えるシンプルなデザインが特徴的です。しかし、ただシンプルがゆえにおすすめできるのではなく、素材にもしっかり注目して作られています。ベッドとしての良さを実感できるのは、ベッドとマットレスにしっりと風が通る構造になっていることです。
ダニなどの害虫が住みにくい環境にさせるために、下からマットレスに向かってしっかり風が通るようになっているのです。マットレスを含め、ベッドの場合にはなかなか干すという作業ができないので、こうした構造の無印良品のベッドはとても安かる存在だと感じることができるでしょう。
引用: https://www.muji.com/jp/img/store/panel/flannel2017aw_640.jpg

関連記事

引用: https://www.nitori-net.jp/wcsstore/ec/images/Image/catalog/2200453/646X1000/220045301.jpg
良い素材を、できる限り低価格で購入したいというときにはニトリを検討してみてください。今では安い家具と言えば最初にニトリがイメージできるほど有名になっていますが、ニトリはただ安く購入できるというメリットだけではなく、長く愛用できる物を安く販売しているのです。全て日本仕様として作られているため、湿度が高い日本の環境にも適した使い方ができるようになっているのです。
その違いは実際に海外製のベッドと比べれば違いを感じることができるはずです。とくにマットレスに関しては、汗などを吸着しやすいように作られていますが、同時に速乾性にも力を入れている素材になっているのです。こうしたメリットからダニなどの害虫が発生しにくく、海外製との違いをしっかり感じることができるはずです。ベッドと布団とどっちがいいか悩んだ場合には、ベッドのデメリットを感じにくいニトリのベッドからまずは検討してみましょう。
引用: https://www.nitori-net.jp/wcsstore/ec/Static/category/Bed/ctg200X200/LowBedFloorBed.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/614wq1HwKUL._SY355_.jpg
布団と言えば、最初に創造できるブランドは西川産業でしょう。信頼性のとても高い布団ブランドであり、とくに素材には力を入れているブランドです。西川産業の布団は、とくに日本の環境に合わせた速乾性が人気です。敷布団はどうしても敷きっぱなしになっていると、湿気が充満してしまいます。畳ではなく、フローリングに直接敷いている場合には、とくに湿気を布団が吸い込んでしまい発散されにくくなります。
しかし、西川産業の布団は、速乾性に優れていますので風通しの良い場所であればしっかり湿気を発散してくれます。無理に毎日干さなくても、窓などを開けて風通しを意識しておけば、長く愛用し続けることができる布団です。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/mamas-very/cabinet/item4200-4399/4353_2.jpg?_ex=300x300&s=0&r=1
引用: https://www.nitori-net.jp/wcsstore/ec/Static/category/Mattress/ctg200X200/MattressFolding.jpg
ベッドでもご紹介したニトリですが、布団もニトリがとてもおすすめです。価格以上の良さを実感できるニトリは、長く愛用していくことができる素材にも注目して作られています。
その違いは高級な布団を購入して比べてみれば分かります。ニトリの布団でも十分だと感じることができる耐久性と、湿気をため込まない素材感は実際に使ってみればその良さに感動してしまいます。どうしても布団は高価だというイメージが強いかもしれませんが、ニトリのリーズナブルな布団でも十分だと感じさせてくれるでしょう。
引用: https://www.nitori-net.jp/wcsstore/ec/images/Image/catalog/7542477/646X1000/754247701.jpg
引用: http://kumonoyasuragi409.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/09/25/photo.jpg
寝心地にこだわって作られているイッティは、とくに腰痛を抱えている人にはおすすめできる布団です。ベッドではなく布団にこだわっている人の場合、どうしても寝心地が硬すぎて腰痛を痛めてしまうと人も多いでしょう。床が畳でも布団が硬いと感じてしまう場合には、イッティの布団を試してみてください。
ウレタン素材で作られていますので、適度なクッション性が体を優しく包んでくれます。さらにこのウレタン素材は日本製で作られていますので、安心感を強く感じることができるでしょう。さらにイッティは、製造過程を自社のホームページで公開しているほど、素材や耐久性などに自信があるブランドなのです。信頼性のとても高いイッティの布団は、ぜひ一度は使用して欲しいです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTnSVPs8hAvwv47mV6ux8dTRTcLfw-fXdZomwIymRL2frUMQnXxUw
引用: https://mkagubed.com/lab/wp-content/uploads/i-airweave.jpg
どうしても布団に強いこだわりを持っているという人は、エアウィーヴを使ってみてください。有名なアスリートでも話題になっているこのエアウィーヴは、ブランド独自のエアファイバーと呼ばれる素材を使用しています。寝心地を一番に考えて作られていますので、そのまま床に直に置いて使用しても、腰痛になる心配はありません。
むしろ、体に痛みを感じている人でも、このエアウィーヴを使用することで悪化を防ぐことができるようになります。また、風通しが良い素材を使用していますので、ダニなどの害虫からも布団を守ることができます。天気が良い日はしっかり干せば、ダニなどが害虫知らずの状態にさせることができます。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20160723/11/aya-golf/46/3f/j/o0400026713704377140.jpg?caw=800
引用: https://img01.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y9/Y327319/Y327319185.jpg
ベッドと布団と、結局どっちがいいかは一概には決められないはずです。どちらにもメリットとデメリットがありますので、じっくりと今の部屋の環境などに合わせて決めてみましょう。また、ダニなどの害虫が発生しやすいのはどちらなのかも検討して選ぶべきです。ダニなどの害虫が発生してしまえば、睡眠に悪影響が及んでしまいます。こうしたことも考慮して、しっかりと決めていきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSLYTquAT2X4UltUcu90ul3wwmx9XPchlL0Ii72JpluFM9d1xba

関連記事