Gdamklt2mtcvzeryjsak

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

バンダナを使ったヘアアレンジ特集!簡単にできるかわいいアレンジ方法は?

2018.10.15

最近流行りのバンダナを使った可愛いヘアアレンジをご紹介します。ロングヘアの方もショートヘアの方も、色んなタイプのバンダナを使ったアレンジのやり方があります。ダンス衣装のワンポイントに使える、簡単で可愛いヘアアレンジ技をマスターしておしゃれを楽しみましょう!

  1. バンダナヘアアレンジ ➀【ポニーテール】
  2. バンダナヘアアレンジ ②【ショートヘアカチューシャ風】
  3. バンダナヘアアレンジ ③【ロングヘアカチューシャ風】
  4. バンダナヘアアレンジ ④【ボブヘアカチューシャ風】
  5. バンダナヘアアレンジ ⑤【ロングヘアターバン風】
  6. バンダナヘアアレンジ ⑥【ミディアムヘアターバン風】
  7. バンダナヘアアレンジ ⑦【ショートヘアターバン風】
  8. バンダナヘアアレンジ ⑧【すっぽりカバー編】
  9. ヘアアレンジ用のバンダナがおすすめ
  10. 【まとめ】バンダナヘアアレンジ 
Jmkafmysr0dxvxynwv8c
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRmNaOID7jtianAyQxv82o5k4fsX0QB7A13eni2jvs0SMeuvaSw
断然おすすめでダントツ人気があるのは「ポニーテール」です。簡単にひとくくりするポニーテールもアレンジ次第でとてもかわいく変身することができます。くくっているだけとは言われないようにアレンジに挑戦してみましょう。
Hy2ansahlckos3eqnkxo
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTxcl_sU0deZ6uEtS9PzF7TbyBFLvYtNIFUllCWHx95Qktdeni3Eg
ポニーテールは髪の長さによってやり方が変わってきますが、短めの髪型の女子でも頭の高い部分でひとくくりして、髪が少々崩れたり落ちてきたりしても大丈夫です。自然に流れ落ちてくる雰囲気がナチュラルで今風なスタイルにもなります。
Kd1ecgxitzdyozpquvud
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSzbK4y50wRnM3kFWx4QpGt93WC9v3R9jPRsiv2QfWFd0zNYG8pFA
ロングの方もあえてナチュラルにゆるい感じでくくる方法もおすすめです。ただ、ダンスをしたり、アクティブに動く予定のある時は、キッチリとくくっておいて髪がボサボサにならないようにしておきましょう。激しく踊るダンスの時は髪の長さに余裕があるときは、高めの位置でくくっておくと髪が揺れてパワフルにみえますね。
C41lijkxzjbwpcnhjhdb
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTVgzISvLwVxU1hbGwaOgDVpUqA4xNh64rJLsYygt1izPEiE2nsSw
自分の好みの位置で髪をくくり留めポニーテールが完成したら後はバンダナでゴムの部分を隠すように巻き付けると簡単に完成します。バンダナの長さや大きさにもよりますが、長さが足りない時はくくり目を一周まわしてくくりつけて丸結びをし、長さに余裕があるときはリボン結びをすると超キュートでおすすめです。
Klabpusmc4ytwvl4ouyt
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSJoweOQFeGDm2OwQvkJ-A-5Es5nSysQei8eEfoVWPXNO7Uw1Fi
「カチューシャ風」のヘアアレンジは難しいテクニックは必要なく簡単にアレンジが可能でおすすめです。ショートヘアは髪が短い分普段からヘアアレンジの方法があまりなく悩んでいる方も多いようで、バンダナやヘアクリップなどが強い味方となるようです。
バンダナを使うやり方はショートヘアとの相性もばちっりで、バンダナ本来のデザインやカラーが仕上がりのポイントとなります。バンダナはクルクルと巻いて細めにすると髪の毛の見える割合が多くなるので華やかなイメージになります。
バンダナを太めに折りターバンのようにするやり方は、髪の毛のボリューム感をおさえるスタイルで、とてもシックな大人のイメージを作り上げます。くるくる巻きにした時よりもさらにバンダナの柄やデザインがバッチリ見えるのでお気に入りのバンダナをフルに活用したいですね。

関連記事

ロングヘアのアレンジは無限です。髪をくくらずラフにおろしておいてバンダナで頭を包み込む方法が一番簡単なやり方です。こちらのアレンジは時間がない時などは時短でおすすめですが、アレンジ度が低いのがネックなのでバンダナの結び目リボン結びにしたり、バンダナのデザインや柄を広く見せてコーデをカバーしましょう。
髪を後ろでくくってアレンジする方法は難しいイメージがありますが、意外と簡単なやり方もあります。先にヘアアレンジをしてから最後にバンダナで仕上げる方法は、三つ編みやフィッシュボーンなどのアレンジをして少し崩したニュアンスヘアがおすすめです。
Xa3b0z4ylhm5w0qyytuz
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQr-A8KYsYIpwFeXwpcK-7yTDhdzx96JsATaPxR55CoZtZzhf9-uw
少しテクニックが必要なのが髪をくくりながら、バンダナを一緒に結びくくりつけていく方法です。こちらの方法は動画や写真を見ながら時間のある時にチャレンジしておくのも良いですね。結び始めが少し難しいように思いますが、髪をくくる際に一緒にまとめるため、取れないようにしっかりしておけば少々の乱れも問題ありません。
Tmkmzbqmuhfu2vcuwzcu
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTCiDrrbhTp1IEJ_hTG_3grtn8IPx3_lotiHTt3yVi8aWhFd3XH
Mp4pre9dcmkdx8gztmzh
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQRxOU8f80Gy5lB1YeOYMY19NwpV38cNMaP5w-yMN_if0ltui3N6w
ここでもバンダナの巻き方はクルクル巻きとターバン巻きのように、簡単なやり方で折ったものを使いましょう。頭を軽く包み込むように巻き付けます。くくりつけた結び目はおでこ上部分で一つ結びかリボン結びで留めます。ここでもリボン結びがキュートでおすすめですが、一つくくりはナチュラル感がでておすすめです。
Hyakwty7yeuttoaq69rv
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRTHD3_bhEIppZQFkzPaZTfL_JXkR4G3Qs4xr-2TOWJ9iqTm3i57w
バンダナの合間から髪の毛を少しずつつ摘みだしてナチュラル感を出すとさらにおしゃれで無造作な雰囲気を簡単に表現できます。こちらのスタイルはダンスをしたり自転車に乗ったり、体を動かすような時はアレンジが崩れてしまいますのでふんわりニュアンスは失敗となります。
N0hamurwjllsq11rh5wo
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTIWFhOAsUj_VDP0G9FEe3BsLIES3S7fkb3BswCfKVmRitpwvPC
Ukhwbfurpzwdempeot48
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS_pHrK-JQyeUBqoPzD7zqNYduVeWrp7uTmA4vK_DOB_JdtCWq9
「ターバン風」はこれまでのクルクル巻きやカチューシャ風よりもバンダナを少し太めに折りみせる範囲を広くするやり方です。このやり方はダンスをする時にはキッチリとまとめられるのでおすすめです。ヘアアレンジは三つ編みやおさげフィッシュボーンスタイルに仕上げでバンダナを巻き付ける方法が簡単です。
Bxlleiquqykldhnqc8ek
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSOB1PShko8iTHQP_7Zhe0OsIW_kq8_HuGqouTMQ9s32eQSDWZb
ダンスを踊る時のようにしっかりとまとめておきたい時は、髪を団子ヘアやクルンパ、三つ編みなどである程度しっかりくくっておき崩れないようにしておきます。そのあと全体をくるくるまとめておきバンダナを使って髪全体をすっぽり包み込んでしまいます。これならスッキリ感がでてシャープな仕上がりになります。
Mdbmtfp9dpkzfgkqjhit
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSrKzvzpZXX1mmZsJ65_qIa22-DB-8zdobI0EPnLPxGaFJkiOkc
ミディアムヘアも後ろで髪をまとめておける長さの人は一つにまとめておきます。まとめた髪をすっぽりとバンダナで包み込んで仕上がるので少々髪が短く乱れた感じでもバンダナにしまい込めばカバーできて時短で簡単おすすめ技です。
T9t3sgcwxfi1njs7olmv
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSLI4Cx7l5-MjRjMMFsEUlrlegkdGOFZ6SZox06-ZZAdeU3-UcaHA
髪をおろしてアレンジしたい時はバンダナから出す髪の量を調整しましょう。全体のバランスを見ながら前後左右の髪を出すのですが、髪の長さが少し足りないとバンダナから出した髪の毛がピーンとはねたようになってしまうので注意が必要なので仕上がり確認をお忘れなく。
Jpfy2w1nezdirn3lnt5h
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS0-CSeV1J6kGzj-SiI06lh0786T8j4wyXFmjETWTQn5rRwQB356A
A7ir8fctpobmioqezq4l
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRvVJ504xrUUegQrEwt17C3cTT2zIJ_XYx53f2co4E2JLepFmbrDg
案外セットの難しいショートヘアアレンジもターバン風の太めのバンダナで巻いてまとめます。バンダナでくるっと頭を巻いた後に、ヘアワックスなどで髪の毛に動きを付けるとおしゃれです。寝癖があってもターバンを巻いてしまえば時短ヘアアレンジの完成です。ショートヘアでもアレンジは無限です。
Aavxwyi9isopmqm08uzi
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSNtr-7TSm7YrLvgTGNvLSNE_zVgCs_xVh9D8IZtlRVkHcy7VVtGQ
完全に頭半分くらいをバンダナですっぽりと包む方法です。正方形のバンダナを三角巾のように半分に折っただけで簡単スタイルです。髪はラフにおろしておくのも良いですが、最初に三つ編みなどをしておき、最後にギュッと強めに後ろでくくり留めます。ヒップホップ系などのダンススタイルでよくみかけますね。
M3dbddpnq3smtwspaqvr
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRyeCWdzPOJ8k04o2px5BxG3TcQNZWePlg4MlKsdU7Es7HL9O9yYA
ダンスサークルやクラブなどで活動する方に人気のスタイルです。チームでダンスを踊ったりする時には、バンダナの柄やカラーを合わせたりコーデすることでチームとしてのまとまりもでき、ダンスもワンランクうえのダンスが完成することでしょう。
Sgckn2qt7r7oekaej5sa
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRbAWk0lX0SkQtz9bc-4bRXmCln-YIeeEaUmQ5CdMPk2CmJCztwwA
Db9grgcm0ds1pmv354kh
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR61wF70p0yHMmcE5pj2rEoDY7THDTW9PUXObJY2y0uKZTCQkGV
バンダナをヘアアレンジに使う時におすすめの一点が「ヘアアレンジ用のバンダナ」です。こちらのバンダナは髪をまとめたり頭を包み込みやすいように幅を細く、長さを通常より長くしたバンダナで、簡単にヘアアレンジができるタイプです。最近では各ブランドやショップでも商品展開されており簡単に購入が可能です。
ヘアアレンジの際に結び目をリボン結びにしたい時や、髪と一緒にくくりつけて三つ編みなどをしたい時にはおすすめです。長さに余裕のあるバンダナなのでもたつかずにスムーズに使用できます。価格も数百円程度で販売されているものもあり気軽に購入できそうです。
Fiujbvlvlmoizdhnb6jq
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTAgTo9bWF3agNggbgI--TS1V68O8Cf8OSgdBrysFsg0X7e7kDy
色んなバンダナを使って様々なヘアアレンジをご紹介しました。ロングヘアの方もショートヘアの方もテクニック次第で、比較的簡単にヘアアレンジを楽しむ事ができたるのではないでしょうか。バンダナのカラーやタイプによって変わる印象や表情を楽しめます。最初はなかなかスムーズにいかないアレンジも回を重ねると慣れも出てきて簡単にまとめることができるでしょう。やりながら自分流の簡単技も発見できるかもしれません。諦めずにチャレンジし楽しんでください。

関連記事