Yqukkgpbm3js512i3hdn

美容・健康

CATEGORY | 美容・健康

ニキビとチョコの関係の真実!肌荒れに繋がる原因と正しい摂取量とは!

2019.02.01

ニキビができる原因は、チョコを食べることと関係があるのでしょうか。チョコを食べてニキビができてしまったと言う話は聞いたことがあります。ニキビとチョコとの関係は、実はその量に関係があるのです。チョコでニキビができてしまう原因を解説します。

  1. ニキビとチョコの関係
  2. チョコを食べればニキビができる?
  3. チョコでニキビができてしまう原因
  4. ニキビができるのはチョコだけではない
  5. ニキビができにくいチョコの摂取量
  6. チョコを食べてもニキビはできない!
引用: https://mens-skincare-univ.com/images/articles/7390/px0010023649m-005.jpg
チョコレートを食べると、ニキビができやすくなると言う話は、誰でも聞いたことがあるでしょう。ニキビがたくさんできてしまったときに、前の日にたくさんチョコを食べた記憶があれば、チョコが原因だと結びつけて考えてしまうはずです。しかし、本当にチョコとニキビとの関係はあるのでしょうか。チョコをたくさん食べてしまえば、ニキビができやすくなってしまうのかを考えていきます。
引用: https://atopimom.com/wp-content/uploads/2015/12/zzz1.jpg
結論から言えば、チョコを食べたからと言ってニキビができることはありません。つまり、チョコとニキビとの因果関係は、科学的には証明されていないのです。チョコが原因となるニキビは関係なく、もしチョコを食べた後にニキビができてしまった場合には、他の原因が考えられるのです。つまり、バレンタインでたくさんチョコをもらったけれども、ニキビが気になって食べられないと言う考えはもなくていいと言うことです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTbXmPvgg0cR-NVhwTYlVm3-RQ0Ist7Mt-e3un3MmmXG0Rpn6R9bw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQQxziv8JUyV3Du8dQN8BX3Q00wENCCDPoFY_igqbEdcJsRd_lP
しかし、チョコを食べてニキビができてしまうことはあります。先程の説明をさらに否定したような表現になってしまいますが、正確にはチョコを食べてニキビができるではなく、チョコを大量に食べてしまってニキビができると言うことです。つまり、チョコとニキビとの関係は完全には否定はできないと言うことになります。
ニキビができてしまう原因は、栄養バランスの乱れです。例えば、チョコだけを大量に食べてしまうと、それだけでお腹が一杯になって、他の栄養素を摂取しようと考えないでしょう。これが栄養の偏りになってしまい、結果的にチョコでニキビができてしまったと言う原因を招いてしまうのです。
引用: https://kishiraito.com/wp-content/uploads/2017/11/candy-676757_640.jpg
引用: http://hakusan-hari.com/wp-content/uploads/Should-Not-Pop-Pimples1.jpg
チョコをたくさん食べれば、栄養の偏りでニキビができやすくなってしまいます。つまり、チョコに限らず、栄養の偏りが起こりやすい食べ物をたくさん食べてしまえば、同じようにニキビができやすくなるのです。
例えば揚げ物についても同じことが言えます。揚げ物もよく、ニキビができやすい食べ物とされていますが、この揚げ物もたくさん食べてしまうからこそニキビができやすくなってしまうのです。ニキビとチョコの関係、ニキビと揚げ物との関係は、栄養バランスの偏りが原因になっていると考えましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQtCTIaJU0xf0FlymWlZa3d4LxjKx6sLweDWrfMm30a0HVmotQU
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR2a48YIpu-VwTuWhDz6yUDl_D6bLqKzzDIeLHE2f2pNFpKWU0H
では、チョコは1日にどのくらいの量を食べればニキビができないのでしょうか。これはその人の体質などによって大きく異なりますが、1日に摂取しても体に負担がかからないチョコの量はカロリーにして200キロカロリーほどです。2枚から3枚程度のチョコの量であれば、それほど栄養のバランスの偏りを感じることはないでしょう。
つまり、ニキビができてしまうということは起こりにくくなります。必ずこの量を守れということではありませんが、このくらいの摂取量がさまざまなバランスを考慮すればベターだと考えておきましょう。
引用: https://news.mynavi.jp/article/20170106-a144/images/001.jpg
引用: https://www.statusclub.jp/elite/wp-content/uploads/2017/07/invite-on-a-date.jpg
チョコとニキビとの関係は、昔から言われていることです。しかし、チョコ食べればニキビができると言うことは、いわゆる都市伝説のようなものだと考えておきましょう。大切なことは、一度にたくさん食べてしまわないことです。チョコに限らず、どのような食べ物でも、たくさん一度に食べてしまえば栄養の偏りが起こりニキビができやすくなってしまうのです。
栄養の偏りで起こるニキビは、口の周りにできやすいとされています。もし、口の周りにニキビができやすくなったときには、栄養バランスの偏りが起こっていると考えてみましょう。チョコが原因だと考えないようにしましょう。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://chocolatenoyakata.info/wp-content/uploads/2015/04/86d346bcd57e32274a55c6ec6dd0888f.jpg