Vczwkjsh5wuc2ht6ysci

パソコン

CATEGORY | パソコン

WindowsのPowerShellとは?活用例などを入門用に解説!

2019.02.06

Windowsに標準搭載されている「powershell」とは何かご存じですか?今回の記事では、Windowsの「powershell」についてあまりよく知らない方、そもそも「powershell」を知らない方向けに入門用の活用例などを紹介します。

  1. Windowsのpowershellとは?
  2. Windowsのpowershell入門:コマンドプロンプトとの違い
  3. Windowsのpowershell入門:コマンドプロンプトの上位互換
  4. Windowsのpowershell入門:PowerShellで出来ること
  5. Windowsのpowershell入門:コマンドレット
  6. Windowsのpowershell入門:powershellの使い方
  7. Windowsのpowershell入門:コマンドレットの活用例「Get-Help」
  8. Windowsのpowershell入門:コマンドレットの活用例「Get-Alias」
  9. Windowsのpowershell入門:コマンドレットの活用例「Get-Command」
  10. Windows・powershellがないパソコンにインストールすることは可能?
  11. Windows・powershellを便利に使おう
Aolqpm29uznbx3u75dzc
Windowsの「powershell」とは、最近発売されているWindowsには標準搭載、つまりプリインストールされている「CUI」のことです。「CUI」とはコマンド・ライン・インターフェースのことなのですが、これだけではちょっと分かりにくいですよね?入門編として、まず「powershell」とは何なのかを解説します。

powershellの初登場はWindows7から

Q1qhi6rj0lqoh7ajfszl
Windowsの「powershell」はWindows7/Windows Server 2008 R2から標準搭載されている、Windowsの管理用CLI ツールです。同じような機能をもつものとしては、コマンドプロンプトが使われていました。

コマンドプロンプト

こちらはWindowsのコマンドプロンプトの画面です。コマンドプロンプトとは画像のように黒い画面で、「コマンド」を入力することにより、システムに命令を出すことができました。あまり使ったことがない、という方もいらっしゃるでしょうが、以前はこちらが一般的に使われていました。

powershell

ではWindowsのpowershellとはどうなっているのかというと、こちらの画像のようにブルーになっているため一目でコマンドプロンプトとは違うことが分かります。powershellの入門としてまず押さえておきたいところは、powershellではコマンドではなく「コマンドレット」を使い、システムに命令するということです。
Windowsでコマンドプロンプトが標準搭載されていた頃は、コマンドを入力することで命令することしかできませんでしたが、Windows7以降にpowershellが標準搭載されるようになってからは、コマンドだけではできなかった複雑な処理などをコマドレットを用いて行うことができるようになりました。
Dogd9ferhdejelmyhord
コマンドレットは組み合わせることも出来るため、powershellではコマンドレットでスクリプトツールを作ることも出来ます。基本的にコマンドプロンプトで出来ていたことはpowershellでも出来ますし、コマンドプロンプトでは出来なかったことも出来るようになっているため、上位互換であると言えます。
1 / 4