S9kclt5wxsrss3iam46v

インテリア

CATEGORY | インテリア

ベッドの大きさを徹底比較!2人で寝るのに必要な最小サイズは?

2019.02.06

ベッドの大きさはどんな人が使うかによって、ベストなサイズが違ってきます。ベッドの大きさがどれくらい違うかによって、睡眠の質や疲れのとれ具合にも差が出るものです。2人で寝るのに必要な最小サイズのベッドの大きさはどれくらいかも比較して今回はお伝えします。

  1. 質の高い睡眠を確保するためにもベッド選びは大切!
  2. 小さめのベッドは疲れもとれにくい!
  3. ベッドの大きさを比較!どんなサイズがあるの?
  4. 知っておきたいベッドの大きさ①:セミシングルサイズ
  5. 知っておきたいベッドの大きさ②:シングルサイズ
  6. 知っておきたいベッドの大きさ③:セミダブルサイズ
  7. 知っておきたいベッドの大きさ④:ダブルサイズ
  8. 知っておきたいベッドの大きさ⑤:クイーンサイズ
  9. 知っておきたいベッドの大きさ⑥:キングサイズ
  10. 2人で使うベッド!最小限で必要な大きさはどれくらい?
  11. 2人で使うベッドに必要な最小限の大きさ①:どんな体格の人が使うかをチェック
  12. 2人で使うベッドに必要な最小限の大きさ②:小さな子供と3人で寝る可能性があるかチェック
  13. 2人で使える大きさのベッドを使う時のメリット・デメリットは?
  14. 2人で使える大きさのベッドを使う時のメリット①:寒い時期は同じ布団を使えばポカポカに
  15. 2人で使える大きさのベッドを使う時のメリット②:部屋を豪華に使うことができる
  16. 2人で使える大きさのベッドを使う時のデメリット①:どちらかが寝相が悪いと喧嘩になることも
  17. 2人で使える大きさのベッドを使う時のデメリット②:部屋に圧迫感を与えることも
  18. 2人で使う大きさのベッドはどうやって買うべき?
  19. 2人で使う大きさのベッドを買う方法①:家具屋さんに足を運んで買う
  20. 2人で使う大きさのベッドを買う方法②:ネット通販で買う
  21. 2人で使える大きさのベッド選びは慎重に
何だか最近、ぐっすり眠れないなという時はその原因はベッドの大きさにあるかもしれません。日頃の生活の中で切っても切り離せない睡眠は、できるだけ質の高いものにすることが理想です。睡眠の質を高めるためには何をすべきなのかと考えた時に注目しやすいのがマットレス選びです。それ以外にも、ベッドの大きさも睡眠の質と大きな関わりがあるのです。
1人で寝る時と2人で寝る時では、必要最小限なベッドの大きさも違ってきます。今回はベッドの大きさにはどんなものがあるか比較しながら、2人で寝る時のベッドについてメリットやデメリットも含めてお伝えします。
ベッドを新しく購入するとなると、新生活を始めるタイミングに購入を検討する場合は費用節約に力を入れる人も多いでしょう。自分の身長や体格なども考えるとワンサイズ上の大きさのベッドを選ぶのがベストな時でも、コスト削減のためにワンサイズ下の大きさのものを選ぶ人も中にはいます。
出ていく金額は少額で済みますが、ワンサイズ下の大きさのベッドだと芯から疲れを取ることは難しくいつまで経っても人によっては体のだるさを感じることもあります。毎日を快適に過ごすためには、ベッドの大きさは費用を重要視するよりも一番にチェックすべき項目だと言えるでしょう。
2人でベッドを使う時に最小限、必要な大きさのものを選ぶというのはとても大切なことです。具体的なことを知る前に、まずはベッドの大きさはどれくらいのサイズのものがあるのか知ることから始めましょう。1人でベッドを使う時、2人でベッドを使う時のベストな大きさをザックリと把握することができればベッド選びもスムーズにできます。
引用: https://www.instagram.com/p/BWPp93ChbiK/
知っておきたいベッドの大きさの1つ目は、セミシングルサイズ。大人や子供が1人でベッドを使うという時は、セミシングルサイズの大きさでも十分です。体格がしっかりしている人にはあまりおすすめできませんが、少し部屋が狭いという人や子供部屋に気軽に置ける大きさがいいという人にぴったりです。
セミシングルサイズのベッドの大きさにあまり馴染みが無い人も多いでしょう。サイズは縦が195cm、横は大体80cmから90cmとされています。そのため、標準的な身長の大人の男性や女性はもちろんですが子供が1人寝るにはぴったりの大きさだと考えていいでしょう。一般的なベッドのサイズとしては最小だと言えます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61kElYpcZSL._SL1500_.jpg
こちらはすのこタイプのベッドでセミシングルの大きさです。見た目もシンプルで、天然木なのでシンプルに木の温もりを感じたいという人にもおすすめです。角が丸みを帯びている設計になっているので、すのこベッドのフレームでケガをするという心配もありません。
角が丸くて足が出っぱってないので突っかかることがなく、下にカゴなどを滑り込ませることができるのですごく丁度いいです。 作りがしっかりしていて、組み立ても簡単です。

LOWYA (ロウヤ) ベッド すのこベッド 天然木 パイン無垢材 角丸 ハイタイプ フレームのみ セミシングル おしゃれ 新生活
価格 ¥ 7,990
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31Bp4KRQRzL.jpg
こちらは、マットレスタイプのベッドでセミシングルの大きさです。ワンルームくらいの大きさの部屋に、セミシングルの大きさのベッドはピッタリなのでおしゃれなインテリアに仕上げたいという人にもおすすめです。最小サイズでもおしゃれさを重視してベッドの大きさは選びたいという人は候補の1つに入れるといいでしょう。
何といってもサイズがぴったりでした。クッションもまずまずです。

新・ショート丈ボンネルコイルマットレスベッド 脚22cm セミシングル アイボリー
価格 ¥ 26,039
引用: https://www.instagram.com/p/BmkkyuynMoc/
知っておきたいベッドの大きさの2つ目は、シングルサイズ。日本でも一人暮らしでベッドを買うとなると、一番メジャーな大きさのベッドであると言えるでしょう。シングルサイズは、縦が195cmで横が100cmなので標準体型の大人はもちろん、子供であれば小さいうちから大きくなるまで長年使うことができます。
よく、子供部屋にベッドを置く時に比較されるのがセミシングルとシングルの2つのサイズです。初めから、子供の成長に合わせてベッドを買い替える予定は無いという場合は比較したうえでシングルサイズを選ぶ人も多いです。1人で寝るのに必要な最小の大きさはクリアしているので、あとは実用性で比較して決めるといいでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61JzybjRZmL._SL1100_.jpg
こちらのシングルサイズの大きさのベッドフレームもおすすめです。シングルサイズは、ベッドフレームも種類が豊富で自分の好みに合ったものを比較しながら選びやすい特徴もあります。こちらの商品は、高さを3段階で調節することができるので便利です。
このベッドを購入した人のレビューがあまり良く書かれてなかったので購入するのに躊躇しましたが実際買ってみたところ、思ったよりベッドの組み立ても簡単で1人で組みたてられました。想像以上に出来上がって使用してみると頑丈で、寝心地も凄く良く、この値段でこのクオリティは大変満足しています。もっと早く買えばよかったと後悔しています。

タンスのゲン 宮付き すのこベッド シングル 天然木 スマホスタンド 2口コンセント ブックシェルフ 3段階高さ調節 耐荷重:約200kg 面取り加工 ベッド下収納 ベッドフレーム ブラウン 49600033 04
価格 ¥ 12,999
引用: https://www.instagram.com/p/BdUmZl5HPqg/
知っておきたいベッドの大きさの3つ目は、セミダブルサイズ。ダブルとベッドの大きさに付くだけで何だか劇的に大きさが変わったように聞こえる人もいるでしょう。実はセミダブルサイズは、2人で寝る場合は少し狭く感じる可能性が高い大きさです。
サイズは縦が195cmで横が120cmのものがほとんどです。大人の男性であれば、こちらの大きさがゆったり眠れておすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Fb99driML.jpg
こちらはセミダブルサイズで、収納付きのベッドフレームです。ベッドを効率的に使いたいという人におすすめです。コンセントも付いているので、スマホを充電しながら眠りたいという人にもいいでしょう。
[セミダブル] ブラック 収納ベッド 【フレームのみ マットレス無し】 棚・2口コンセント付き
価格 ¥ 21,430
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61WyKVQxR5L._SL1500_.jpg
こちらは同じセミダブルサイズでも折り畳みができるベッドになります。収納できるものと比較して、自分にとってどちらが良いか考えてみるといいでしょう。ほぼ2人で寝るということであれば、セミダブルよりもワンサイズアップしたものが最小限必要なベッドの大きさだと言えます。
大きさの割には簡単に折りたためます。 簡単に折りたためられる分バネの反動が強いので、指を挟まない様に気をつける必要あり。

山善(YAMAZEN) 布団干し機能付きすのこ折りたたみベッド セミダブル ナチュラル SBB-7SD(NA)
価格 ¥ 19,809
引用: https://www.instagram.com/p/BeNEKxfAqBa/
知っておきたいベッドの大きさの4つ目は、ダブルサイズです。セミダブルに比べると少しだけ大きいサイズで、縦は195cmで横は140cmです。2人で一緒に寝るということであれば、こちらが最小限確保したい大きさだと言えるでしょう。大人2人でゆったり眠ることができる大きさです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61PeB3KicmL._SL1500_.jpg
こちらは組み立て式のベッドでダブルサイズの大きさです。引っ越しが多い人で組み立て式のダブルサイズのベッドを探しているという人にはおすすめです。2人でゆったり寝ることができる最小限のサイズなので、気軽に自分たちで組み立てたいという人にはいいでしょう。
めちゃくちゃいい! でも所々目立つ傷が付いてるけど 自分の場合は裏側(組み立てた際に目につかない所) 組み立ては当方男性20歳で1時間半から2時間弱です! オススメです!

DORIS ベッド ベッドフレーム ダブル ロータイプ 組立式 コンセント付 ブラック アトラス
価格 ¥ 11,990
引用: https://www.instagram.com/p/BYN9rIODnfD/
知っておきたいベッドの大きさの5つ目は、クイーンサイズ。2人で寝るゆとりあるベッドの大きさとしては、こちらのサイズがおすすめです。縦は195cmで横は160cmなので、大人2人でもゆったり寝返りもできる大きさです。また、大人2人にプラスして子供1人の計3人で寝れるベッドの大きさを求める場合はこちらが最小限のサイズでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ak2RPbXxL.jpg
クイーンサイズはダブルサイズと比較すると、寝転べば分かりますが気持ちにゆとりを持つことができます。また、クイーンサイズにするために2つのベッドをくっつける人も増えています。クイーンサイズだと見た目もゴージャスに仕上げるとより優雅な雰囲気になるのでおすすめです。
Haihuic クイーンサイズ シルク羽毛布団カバーセット、 グレー ベッドシーツ1枚、掛け布団カバー(220x240cm)1枚、枕2枚、 4ピースソフトサテンの寝具セット
価格 ¥ 5,120
引用: https://www.instagram.com/p/BpOKN-rHQk3/
知っておきたいベッドの大きさの6つ目は、キングサイズ。キングサイズのベッドは、縦が195cmで横が180cmです。市販でベッドのフレームを購入するとなると、キングサイズは商品が少なく大きさを意識して2つベッドをくっ付けるというケースも多いです。広めの寝室を思う存分楽しみたいという人にはおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/611adZ06gmL._SL1000_.jpg
キングサイズは、ベッドフレームの取り扱いは少ないですがベッドシーツなどの商品は割と取り扱っていることが多いです。サイズが大きめのベッドをくっ付けて寝室に置く時もベッドシーツはマットレスの上からそのまま被せて使えば特に問題ないでしょう。
見た目がシルクっぽいので、冬はちょっと冷たそうかな。 まだ秋口なので、今頃使うにはいい感じです。 新品なのにシワだらけ、というレビューの通り確かにシワだらけでした(写真参照)が、マチのある布をきれいに畳むのは難しいし、外に着ていくわけでもないので敷いてみたら全く気になりません。 マット厚は27cmですがピッタリでした。 縫いもしっかりしており、ゴムも特別問題なさそうです。

洗える 敷きパッド 綿100% 丸洗いOK ベッドパッド 四隅ズレ防止ゴムバンド付き ベッドシーツ (キング・180X200cm, ベージュ・敷きパッド)
価格 ¥ 3,880

関連記事

2人で使うベッドを買うとなると、悩みなのが最小限の大きさの目安です。ベッドのサイズはダブルサイズが最小限としたい目安だとお伝えしました。ここからは、もっと具体的にポイントを絞りながら2人で使うベッドの最小限必要な大きさについて紹介します。
2人で使うベッドに必要な最小限の大きさの目安としては、どんな体格の人が使うのかということも大きなポイントになります。例えば、大柄な男性と標準的な体系の女性の2人が同じベッドで寝る場合を例に考えましょう。この場合だと、ダブルベッドよりもワンサイズ上のベッドが最小限必要なベッドの大きさになるでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/0c/0c66c9b4f6affa16913661a3b350e035_t.jpeg
男性と女性の2人にプラスして、小さな子供も一緒に同じベッドで寝る可能性があるという場合は最小限のサイズとしてクイーンサイズがいいでしょう。ゆったり家族3人で睡眠の時間を楽しみたいという場合は、さらに上のキングサイズもいいでしょう。できれば、候補のベッドのサイズを比較して寝転んでみることが可能であれば実践してみるといいです。

関連記事

ここからは、2人で使える大きさのベッドを使う時のメリットとデメリットについて紹介します。質の高い睡眠を確保するためには、それなりのサイズのベッドを使うのが理想です。それにプラスして、メリットとデメリットについてもしっかり把握しておくことが大切です。比較しながら、頭に軽く入れておくようにしましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d1/d1f6636b2d3ce32531a1c1303dffef2b_t.jpeg
メリットの1つ目は、二人で使える大きさのベッドにすれば寒い時期も寒さ知らずの快適な環境で睡眠をとることができるという点です。
ポカポカした布団の中でぐっすり眠るためにも、できるだけ同じ布団を2人で使うようにするとメリットも感じやすくなるでしょう。シングルサイズの布団とダブルサイズの布団、それぞれを比較して使い心地を比較してみるといいです。
メリットの2つ目は、部屋を贅沢に使ことができるということです。ダブルサイズやクイーンサイズ、キングサイズのベッドを寝室に置くとなると部屋もそれなりの広さが求められます。ベッドメインの寝室に仕上げたいという時は、部屋を豪華に使うことができる大きめのサイズがおすすめです。
デメリットの1つ目は、同じ布団を使う場合でどちらかが寝相が悪いと喧嘩になりやすくなるということです。2人で同じ寝具を使うことで、どちらかが布団を取り上げられて風邪を引いてしまうという可能性もデメリットとしてあります。
喧嘩が増えたなと思ったら、シングルサイズ向けの寝具を2つ使った時と比較してトラブルが減るかどうか考えるといいでしょう。
デメリットの2つ目は、ベッドのサイズと部屋の広さのバランスが上手く取れていない時に部屋に圧迫感を与えてしまうということです。できるだけ、部屋の広さに見合った2人で寝るのに最小限の大きさのベッドを選ぶようにしましょう。
どうしても、部屋に圧迫感を感じてしまうと気持ちとしてもリラックスすることが難しくなります。候補のサイズをじっくり比較しましょう。

関連記事

ここからは、2人で使う大きさのベッドを買う方法について紹介します。どんな方法で買うのがベストなのか、2つの方法を比較しながら紹介していきます。もちろん、ベッドの大きさによっては買い方が限定されることもあるので気を付けましょう。
2人で使う大きさのベッドを買う方法の1つ目は、家具屋さんに足を運んで実際に商品を目で確認することです。また、家具屋さんに行けばベッドに詳しいスタッフさんから話も聞けたりします。使い心地重視で選びたい人は、ベッドフレームの比較もネット通販で買うより簡単にできるのでいいでしょう。
2人で使う大きさのベッドを買う方法の2つ目は、ネット通販でベッドを買うという方法です。口コミもすぐにチェックできて、サイズも詳しく表記されているのでデザイン性や手軽さを重視して購入したいという人はこちらの方法がいいでしょう。
今回は、2人で使うベッドの大きさについて紹介しました。ベッドの大きさを比較しながら、ピッタリな大きさのベッドを購入するようにしましょう。折り畳み式やすのこベッドなど種類もサイズによってたくさんあります。2人で使う場合は、パートナーをよく話し合ってから慎重に選ぶようにしましょう。

関連記事