Wajsgsqzghnwplzhqufj

勉強

CATEGORY | 勉強

受験生の勉強時間はどれくらい?ただ時間を増やすだけではダメ?

2019.02.07

受験生はどのくらいの勉強時間が必要なのか、誰でも気になるところですよね。でも、勉強時間を増やすだけでは受験勉強として効果的ではありません。受験生は集中力を高めて、効率よく勉強することが大切です。睡眠も取りながら、どのくらいの勉強時間を取ればいいのか解説します。

  1. 受験生の勉強時間は長ければ長いほどよい?
  2. 受験生の勉強時間
  3. 受験生は勉強時間を増やすより効率よく勉強する
  4. 受験生の集中力を上げる方法は?
  5. 効率の良い受験生の勉強法は?
  6. まとめ:受験生は上手な時間の使い方で効果的な勉強法を!
Kj8jtp1mkqhest3utlpi
受験生の中には、もしかして自分の勉強時間が短すぎるかも…と心配している人がいるかもしれませんね。皆から遅れを取ったり、受験に失敗したくないという思いから、不安が駆け巡っている人もいるでしょう。
受験生がどのくらい勉強時間を取ればいいのかは後で詳しく解説しますが、勉強時間は長ければ長いほどいいのでしょうか。もちろん、受験生にとっては、勉強時間が長いに越したことはないという意見もありますが、ただそれだけでもないようです。

勉強時間より習慣づけが大切

Hzjjhgfgfxqmzy6h50oi
もともと勉強が好きだという受験生は、勉強時間が長いことにも抵抗がないかもしれません。でも、受験生の年頃では遊びたい気持ちもありますよね。勉強は、しなければならないと思うと苦痛に感じるものです。そういう気持ちで勉強をしても、集中ができないですし、逆効果です。
本当に受験が目前に迫って、焦らなくてもいいように、まずは受験に向けて勉強することを習慣づけることが大切です。習慣になってしまえば、少し勉強時間が増えても、それほどの苦痛は感じません。
Afqjzs5u2xkqcxjeyvoq
では、実際に受験生がどのくらい勉強時間を取ればいいのか、具体的に年代別に見てみましょう。

高校1年生

Im1awvz23cpgmqu0uykj
高校1年生は、新しい学校生活にも慣れてくるときですが、この時期は受験科目でもある英語や数学などの基礎をしっかりマスターしてくことが大切です。基礎ができていれば、応用にも活かせます。前述のように勉強を習慣づけることが重要なので、平日は最低でも1時間、休日には2時間程度の勉強時間を取りましょう。試験前には、さらに時間を増やしていくといいでしょう。

高校2年生

Jj9vtd7hrcgtla2j9zjj
高校2年生になると、高校1年生で行ってきた勉強の習慣の効果が出てきているはずなので、勉強時間を倍にするといいです。平日は2時間、休日は4時間程度の勉強時間をいうことですね。ただ、2年生の後半になると、受験まで残り1年ほどになってくるので、勉強時間を平日3時間、休日は少なくとも6時間ほど取るのがおすすめです。

高校3年生

Xvzsuoknlnkasdmkxuhi
2年生の後半からの勉強時間を、高校3年生でも引き続き習慣づけましょう。数学や英語だけでなく、高校2年生からは文型や理系など、選択科目も明確になっているので、その辺りの科目もしっかり覚え込んでいくことが大切です。

入試前

Gs6ftwxhtulmiketkoxv
引用: https://www.instagram.com/p/BthstudBgK-/
ここまで毎日の勉強を習慣づけてきたら、勉強時間が増えることもあまり辛さを感じないはずです。入試前になると、毎日10時間ぐらいは目標にして勉強したほうがいいでしょう。

関連記事

試験前や試験当日、心が折れそうになったときなど、自分を応援する言葉があれば励みになりますよ。詳しくは、こちらの記事をチェックしよう。

ただ勉強時間を増やすだけでは意味がない

Klksmcob8paqlrpwy6ks
受験生に必要な勉強時間を前述しましたが、ただ勉強時間を増やすだけでは意味がありません。同じ10時間勉強をしたとしても、その勉強時間中に集中していなければ、効果的な勉強ができておらず、結果につながらないからです。効率よく勉強するためには、集中力を上げて勉強することが大切です。

しっかり睡眠をとる

Vmfqlwy9j7afqe6xqhmy
普段から夜更かし傾向にある受験生もいるかもしれませんが、睡眠不足は集中力が欠ける原因になります。最低でも1日6時間は睡眠を取らなければ、思考力や記憶力の低下につながってしまうのです。夜の睡眠はもちろんですが、長時間勉強をしていて眠気に襲われたら、躊躇せず睡眠を取るのがおすすめです。ほんの数分でも休憩することができれば、その後の勉強の集中力を高めることができます。

環境を変える

Rubh8osr6tkxpggpvy1b
引用: https://www.instagram.com/p/BtiQDL3Aqqe/
毎日同じ所で環境を変えずに勉強をしていると、集中力が途切れがちになります。普段自宅メインで勉強している受験生は、学校の自習室や図書館を利用したり、時には気分転換にカフェやファミレスなどで勉強するのも効果的です。

志望校の傾向を知る

Qpxs5kwraxneiz35luna
引用: https://www.instagram.com/p/BtYTcjug1oF/
志望校がすでに決まっている受験生は、ひたすら志望校の過去問を解いて、どんな問題が出題されているのか、志望校の出題傾向や重点的に勉強するべき科目を知ることで、効率よく勉強することができます。

自分の状況を把握する

Pfcqth91dsjlufnyva6n
万遍なく勉強することも大切ですが、自分が本当に弱い部分を知ることが大切です。苦手分野と得意分野を理解して、自分の状況を把握することで、より効率よく勉強を進めることができます。

勉強時間や内容を管理

Hmtpyr91avv6sgzsolk0
手帳に毎日の勉強時間や勉強内容を書いて管理してみると、自分がどの科目を勉強したのか、どんな内容を勉強したのかをしっかりと把握できます。何度やっても進めないところは自分の弱点だともわかりますし、もしの結果も記録しておけば、学習の成果が出ているかを理解することもできます。
Wozi3odjyl2n0psbhow4
受験生の勉強時間はどのくらいかについて、解説しました。勉強時間を増やすことも重要ですが、そのまえに勉強することを習慣づけることが大切です。また、効率よく勉強することで、学習能力もアップし、受験勉強としての効果が期待できます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BrEtdmdF0co/