A1m0b6q8k65efnt0ncqz

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ほうれい線対策に効果が期待できる美容液・化粧品15選!【2019】

2019.02.12

ほうれい線に悩む女性は多いものです。そんなときに使ってみてほしいのが、美容液等の化粧品です。プチプラや敏感肌用など、ほうれい線の改善効果がある美容液はいろいろあります。そこで今回は、おすすめのほうれい線対策品を、美容液を中心にご紹介したいと思います。

  1. ほうれい線ができる理由とは
  2. ほうれい線に効く美容液1①資生堂のアルティミューン パワライジング コンセントレート
  3. ほうれい線に効く美容液②CLARINSのダブル セーラム EX
  4. ほうれい線に効く美容液③ナチュリエのハトムギ保湿ジェル
  5. ほうれい線に効く美容液④ettusaisの薬用スキンバージョンアップエッセンス
  6. ほうれい線に効く美容液⑤IPSAのザ・タイムRデイエッセンススティック
  7. ほうれい線に効く美容液⑥ビーグレンのQuSomeリフト
  8. ほうれい線に効く美容液⑦セルソースのシグナリフト
  9. ほうれい線に効く美容液⑧ディセンシアのアナヤス エッセンス コンセントレート
  10. ほうれい線に効く美容液⑨アフタリフトのジェリー アクアリスタ
  11. ほうれい線に効く美容液⑩ドクターソワのモイストリフトプリュスセラム
  12. ほうれい線に効く美容液⑪太陽のアロエ社のThe ヒアルロン酸 10ml
  13. ほうれい線に効く美容液⑫ヒアルロン酸原液100% 100ml
  14. ほうれい線に効く美容液⑬藍と紫根のホウレイスティック
  15. ほうれい線に効く美容液⑭エリクシールのシュペリエル レチノバイタルクリーム
  16. ほうれい線に効く美容液⑮POLAのリンクルショット メディカル セラム
  17. ほうれい線対策はきちんとしよう!

若くても油断大敵

ほうれい線は加齢とともに目立つようになるのが一般的ですが、スキンケアを怠れば、若くても出現します。そのため、ほうれい線対策に効果のある美容液などを、早くからスキンケアに取り入れておくのがおすすめです。ほうれい線対策の美容液というと高価な印象がありますが、近年はプチプラや敏感肌用など、商品も多様化しています。毎日のスキンケアに取り入れられる美容液を見つけて、ほうれい線対策を習慣にしましょう。

関連記事

デパコスのなかでも人気

引用: https://shop.r10s.jp/colorfulhome/cabinet/05338629/10000349.jpg
ここからは。ほうれい線対策に効果の高い化粧品を、敏感肌用やプチプラも交えながら、美容液を中心に紹介していきたいと思います。デパコスのなかでも人気が高い、ほうれい線改善効果がある美容液といえば、資生堂の「アルティミューン パワライジング コンセントレート」です。2018年にリニューアルされ、さらに効果がアップしたと評判です。
引用: https://warashibe.info/blog/wp-content/uploads/2014/09/IMG_95831.jpg
資生堂の長年の研究による産み出されたイミューンジェネレーションテクノロジー™により、どんなに過酷な環境からも肌を守るという触れ込みで人気を博しています。みずみずしいのにトロリとしたテクスチャーで、肌にのせるとすぐに浸透し、角質を潤いで満たしてくれます。敏感肌の人が使ってもヒリつくことがなく、肌のハリをもたらす効果もあります。30mlで8000円(税込み)となっています。

関連記事

引用: https://www.cosme-de.net/html/images/CL00807.jpg
デパコスのなかでも、アンチエイジング化粧品として口コミ評価が高いのが、CLARINSの「ダブル セーラム EX」です。厳選された21種類の植物エキスが、フレッシュな状態のまま肌に届けられるようにつくられています。そのため、肌の再生と保護、栄養・酸素・水分のチャージを担い、ほうれい線対策にピッタリの美容液です。
引用: https://beamy.jp/wp-content/uploads/2017/09/127.clarins_ex15.jpg
美容液のテクスチャーが肌の保護膜に近いように、水分70%、油分30%の黄金比を守ってつくられています。肌への親和性が高く、ほうれい線を含めたエイジングサインにいろいろな形でアプローチしてくれると評判です。30mlで11000円(税込み)となっています。

プチプラでも効果は抜群

引用: http://www.imju.jp/img/goods/1/4903335695551.jpg
ほうれい線は気になるものの、高額な美容液を購入するのはちょっと…という方には、プチプラのナチュリエの「ハトムギ保湿ジェル」がおすすめです。ほうれい線の原因の一つに肌が乾燥することがあげられますが、保湿化粧品として定評のあるナチュリエがつくっているこの美容液は保湿効果が抜群で、乳液代わりに使う人も多いです。
引用: https://cdn.clipkit.co/tenants/195/item_images/images/000/029/480/medium/4c56ec10-3236-477f-b9c6-bf42343d7e1f.jpg?1494304487
美容液といってもジェル状なのでべたつかす、トロリとしたテクスチャーで、肌にあっという間に浸透します。深部はもちろん、肌表面にも保湿成分が残るので、ほうれい線対策にばっちりです。敏感肌でも使える低刺激処方で、180g900円のプチプラ価格は魅力です。コスパ最強のほうれい線対策美容液といっても、過言ではなさそうです。

関連記事

引用: https://wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0401/users/1/0/6/2/erinkempmuhl2020-img1200x1200-1517036844a8pvgb24998.jpg&dc=1&sr.fs=20000
ほうれい線の原因である肌の乾燥を改善するなら、化粧水の保湿成分をしっかり深部に浸透させる必要があります。ですが、肌がごわついていると、その効果は半減します。そんなときに使ってほしい美容液といえば、ettusaisの「薬用スキンバージョンアップエッセンス」でしょう。これは、洗顔後に導入剤として使う美容液で、その後に化粧水をつけます。
引用: https://hayabusa.io/images.lulucos.jp/dc9cfe3a-b1cb-4ba0-8536-df053fdef835.jpg?format=png&width=420&height=420
ごわついている角質を柔らかくしたうえで、化粧水を浸透させ、閉じ込める役割を担います。この美容液を使えば、いつもの化粧水の効果をアップさせられるはずです。100mlで2000円(税抜き)とプチプラで、詰め替え用もあるので続けやすいのも魅力です。敏感肌の人も、試してほしい一品です。
引用: https://cache-cdn.cosme.net/media/product/10082/skuimg_677940_xl.jpg
ほうれい線対策を万全にしたいなら、自宅でのスキンケアだけでなく、外出先でも気を配るにこしたことはありません。ほうれい線ができる人は、口の周りが乾燥することが多いので、外出先でも使える美容液を持ち運びたいところです。そんなときにおすすめなのが、IPSAの「ザ・タイムRデイエッセンススティック」です。保湿効果の高い成分が配合されたスティックタイプの美容液で、メイクの上から使うこともできます。
引用: https://cache-cdn.cosme.net/media/collection/503/2404/4820701_wl.jpg
乾燥が気になるほうれい線や目元にダイレクトに美容液を塗ることができ、保湿効果も高いと評判です。化粧直しの前に使うと、ファンデーションのノリもアップします。1本2900円(税込み)とお求めやすい価格なので、試してみるとよいでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BexCjtCVL._SX466_.jpg
加齢とともに肌がたるんでくると、ほうれい線が目立つようになります。リフトアップ効果の高い美容液を探しているなら、ビーグレンの「QuSomeリフト」がピッタリでしょう。リフトアップ成分が5種類配合されているだけでなく、その形状を維持してくれる成分も含まれています。そのため、使うと肌をキュッと引き上げる効果があるのです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQj1C_JwImUhus7kIbMVOcRhchjoV1mRd7wJBycTr738z7sc0lQ
テクスチャーはみずみずしく、肌に均一に伸びると好評です。使ったときから、肌にハリをもたらしてくれます。着色料や香料、鉱物油、アルコール、パラベンが使われていないので、敏感肌でも安心して使えそうです。60gで7000円(税込み)となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51VyG402tTL._SX466_.jpg
ほうれい線対策には、ドクターズコスメの美容液を使いたいと考えているなら、セルソースの「シグナリフト」をおすすめします。これは、シグナペプチドと呼ばれる、再生医療センターが開発したコラーゲンを増やす成分が配合されている美容液だからです。そのため、表皮はもちろん、線維芽細胞や志望幹細胞にもアプローチしてくれるので、肌にハリと弾力をもたらす効果があります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRPN_2WFXJMvsQTA0gRIHPjDUelJoeymTy9Jahe0h4Vm_N-Lkyxsg
ゆるめのテクスチャーですが、肌にのせるとすぐに浸透するので問題はありません。肌が本来持っている、再生能力を引き上げる細胞再生因子もふんだんに配合されているので、ほうれい線対策にもバッチリの美容液です。香料や着色料、鉱物油、合成防腐剤、界面活性剤、シリコン、エタノールが一切使われていないので、敏感肌の方もほうれい線対策の美容液として使うことが可能です。33mlで10000円(税抜き)とプチプラとはいえませんが、その価値がある一品です。
引用: https://www.decencia.co.jp/common/img/thumbnail/k050.png?_w_rsz=240x240
加齢によるたるみだけでなく、ストレスによる肌の老化を改善することで、ほうれい線を目立たなくしてくれる美容液を探しているなら、ディセンシアの「アナヤス エッセンス コンセントレート」がピッタリです。ほうれい線の原因でもある肌の糖化を予防・改善してくれるコウキエキスとシモツケソウエキスに加え、独自に開発したストレスバリアコンプレックスも配合しています。さらにポーラ研究所と共同で開発したCVアルギネートが、コラーゲンの再生を促してくれます。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20181114/20/000shirokuro000/47/60/j/o1080108014303184999.jpg?caw=800
美容液はトロリとしたテクスチャーで、肌にのせると広がりながら浸透していきます。ほうれい線はもちろん、しわやたるみ、黄ぐすみにも効果があると評判です。着色料とアルコール、パラベンは不使用で、アレルギーテスト済なので、敏感肌の方にもおすすめです。36gで7500円(税込み)となっています。
引用: https://askul.c.yimg.jp/img/product/3L2/1854396_3L2.jpg
ほうれい線の原因でもある肌の老化の改善効果があるとして、活性酸素を除去してくれるアスタキサンチンが注目を集めています。そのアスタキサンチンを使っている化粧品といえば、富士フィルムのアフタリフトシリーズです。そのなかでも、ほうれい線対策におすすめの美容液といえば、アフタリフトの「ジェリー アクアリスタ」です。化粧水前に使う先行美容液で、洗顔で乾いた肌をすぐに潤してくれます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31d0TVmwh-L.jpg
テクスチャーは弾むようなジェリー状ですが、肌にのせるとなめらかに伸びます。ヒト型セラミドとヒト型ナノアシルセラミドという肌なじみの成分が配合されているので、その後の化粧水の保湿効果を最大限に引き出してくれます。40gで9000円(税抜き)となっています。
引用: https://www.shop.drsoie.com/wp-content/uploads/2018/09/mosit-3.jpg
ドクターソワの「モイストリフトプリュスセラム」は、化粧品メーカーと皮膚科の女医が共同で開発した美容液です。肌のコンディションを整えるとともに、ハリと弾力をアップさせるDMAE(酒石酸ジメチルエタノールアミン)をふんだんに配合しています。
引用: http://dokuta-sowakutikomi.xyz/wp-content/uploads/2018/06/IMG_2028-e1529897772937.jpg
美容液のなかには、保湿成分や抗糖化成分も配合されているので、ほうれいせんの原因でもあるたるみやくすみなどにアプローチしてくれます。着色料や香料、鉱物油、アルコール、パラベンは無添加のドクターズコスメなので、敏感肌の人も安心して使えるはずです。30mlで10000円(税抜き)となっています。
引用: https://www.rou-shop.jp/shop/item/rockourutopia/picture/goods/5100_1.jpg
これまではほうれい線対策の美容液のなかでも。高額な商品が続きましたが、プチプラでも効果の高いものはあります。プチプラでもほうれい線改善効果が高いといわれているのが、太陽のアロエ社の「The ヒアルロン酸 10ml」です。これはヒアルロン酸の水溶液で、顔だけでなく全身に使えます。
引用: https://shop.r10s.jp/cosmecomonline/cabinet/item-img20/item_1000000955_2.jpg
使い方は簡単で、化粧水やお手持ちの美容液、パックなどに数的落として使うだけです。それだけで、肌がしっとりと潤い、ほうれい線も改善されるのです。シャンプーに混ぜれば、髪もツヤツヤになります。10mlで500円(税抜き)と、圧倒的なプチプラ価格なので、まずは試してみることをおすすめします。敏感肌の人は、使用量に気をつけるとよいでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61kYsssAU7L._SX425_.jpg
ほうれい線を改善するために、保湿効果の高いプチプラ美容液を使いたいと考えているなら、「ヒアルロン酸原液100% 100ml」を試してみてください。これは、発酵法を用いることで抽出された、ヒアルロン酸原液をそのまま美容液にしています。そのため、使っている化粧水や美容液、乳液、クリームに数的混ぜて使うことで、肌の乾燥を防ぎ、潤いとハリで肌を満たします。敏感肌の場合は、パッチテストをした方がよいでしょう。100mlで1500円(税抜き)と、かなりのプチプラです。

持ち運びに便利

引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/tricycle_4562226251339
プチプラでも、持ち運びできるほうれい線対策の美容液が欲しいと考えているなら、「藍と紫根のホウレイスティック」がピッタリです。スティックタイプの美容液なので、ほうれい線や目元など、気になる部分をピンポイントケアすることができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41y5Nz2df0L._SX355_.jpg
キャップをとって中身をくり出すだけと、リップスティック感覚で使えます。ただし、人によっては赤みや晴れが出ることが報告されているので、敏感肌の人が使うには注意が必要です。1本1380円(税抜き)と、プチプラなのも魅力です。しみやそばかすにもアプローチしてくれるので、一度試してみましょう。

関連記事

引用: http://www.shiseido.co.jp/resources/sw/products/img/20170904/SHOHIN_PL_C1_012701_pc.jpg
価格より効果を優先する人におすすめなのが、エリクシールの「シュペリエル レチノバイタルクリーム」です。純水レチノールとスーパーヒアルロン酸が配合されているため、角質の奥までしっかり潤いを届けます。
引用: https://mode.rouxril.com/images/R1159176.JPG
テクスチャーはしっとりしており、肌に浸透するとハリをもたらしてくれます。15gで7800円(税抜き)となっていますが、1回の使用量はパール1粒程度なので、長持ちするはずです。リッチな使用感の美容液が好みの人は、きっと気に入るはずです。

値段以上の価値がある

引用: https://www.cosme-de.net/html/images/POL0121.jpg
ほうれい線やしわに特化した美容液を探しているなら、POLAの「リンクルショット メディカル セラム」がよいでしょう。ポーラが開発した独自成分のニールワンと、それを皮膚の真皮に届けるニールワン真皮浸透処方により、しわが改善されると好評です。
引用: https://1970agingcare.net/wp-content/uploads/2017/07/POLAwhiteshot-10.jpg
少し硬めのテクスチャーで、肌にはストレッチするイメージで、内側から外側、下から上に向かって伸ばして使います。20gで13500円(税抜き)となっていますが、その効果を思えば、安くないと思える一品です。

関連記事

いますぐケアを始めよう

今回は、おすすめのほうれい線対策品を、美容液を中心にご紹介しました。価格やテクスチャー、求める効果によって選ぶ美容液は違っても、ほうれい線対策は少しでも早く始めた方がよいことは共通しています。使い心地のよい美容液を見つけて、ほうれい線対策をスキンケアの習慣にしましょう。

関連記事