Xixaq6t0r5mew0xvtvkp

原因

CATEGORY | 原因

若いのにほうれい線ができる原因は?男性も要注意!若者のための予防法!

2019.02.19

若いのにほうれい線に悩む女性は少なくありません。そして、ほうれい線は男性にも出現するものです。そこで今回は、若いのにほうれい線ができる原因と消すための方法について、お話ししたいと思います。男性ならではの原因や改善方法もあるので、早めに対処しましょう。

  1. 若いのにほうれい線ができる原因①骨格
  2. 若いのにほうれい線ができる原因②乾燥
  3. 若いのにほうれい線ができる原因③よく笑う
  4. 若いのにほうれい線ができる原因④口周辺のたるみ
  5. 若いのにほうれい線ができる原因⑤紫外線
  6. 若いのにほうれい線ができる原因⑥喫煙
  7. 若いのにほうれい線ができる原因⑦ヒゲソリ
  8. 若い人のほうれい線対策①口周辺のトレーニング
  9. 若い人のほうれい線対策②保湿
  10. 若い人のほうれい線対策③UV対策
  11. 若いうちからほうれい線対策を習慣にしよう
引用: https://wakamie-lab.com/wp-content/uploads/2017/05/w2-4-730x380.jpg
若いのにほうれい線ができる原因は、複数あります。まず、頭蓋骨の形である骨格です。女性に限らず男性にも、口の周辺が生まれつき出っ張っている人がいます。その場合、ほうれい線ができやすくなるのです。
引用: https://haritsuya-labo.jp/cmswp/wp-content/uploads/original/illust/face-type.jpg
顔の形で見ると、面長や細面の人はほうれい線ができやすく、四角あるいはホームベース方の人はできにくいといわれています。これは、男性でも女性でも同じです。この場合、若いころからほうれい線ができる可能性が高まるので、注意が必要です。
引用: https://www.skincare-univ.com/images/articles/3803/af9920067703x-003.jpg?1435126154
若いのにほうれい線ができる原因の二つめは、肌の乾燥です。若いうちから添加物の多いスキンケア化粧品を使っている、パテのように毛穴を消すファンデーションを使い続ける、そうしたメイクを落とすために刺激の強いクレンジング材を使うなどを続けていると、乾燥肌になりやすくなります。
引用: https://www.moonyu.jp/column/column_img/column_0527_08.jpg
若いのに、目の周りや口周辺が粉をふいたようになっている場合は、もともとも肌質に問題があります。ほうれい線を消すためには、保湿が不可欠なので、男性・女性問わず、しっかりスキンケアをすることをおすすめします。
引用: https://eijingukea.nahls.co.jp/wp-content/uploads/2017/08/Fotolia_74463073_XS-1-e1503900677822.jpg
笑顔は周囲の人の気持ちを明るくしてくれますが、残念ながらほうれい線ができる原因にもなります。モデルやタレント、キャビンアテンダントなど、笑顔でいることを求められる職業の若い人に、ほうれい線が目立つ方がいるのはそのせいです。
引用: http://dbcn1bdvswqbx.cloudfront.net/client_info/PROTEA/view/userweb/ext/images/allabout/column_page/image_column67_02.jpg?timestamp=1481087398000
日常的に笑顔を続けていると、頬と口の境目に、くっきりと線が刻まれてしまいます。刻まれたほうれい線を消す意味でも、改善するためのスキンケアを習慣かすることが大事です。
引用: https://eijingukea.nahls.co.jp/wp-content/uploads/2016/08/28570f213c0eff6491d65d4b5e11e171.jpg
加齢とともに皮膚がたるむのは、仕方がないとあきらめていませんか?実は20代のうちからケアしておかないと、たるみもほうれい線の原因になるので侮れないのです。20代の若い肌にはハリがありますが、35歳を過ぎると表情筋が弱まるので、ほうれい線が目立ちやすくなります。
引用: https://antiaging.akicomp.com/wp-content/uploads/2017/11/houreisen-20171116004552-20171116004552.jpg
若い人がダイエットのために急激に痩せたり、歯列矯正をした後にほうれい線ができることもあります。ほうれい線ができるタイプも、「皮膚たるみ型」「骨くぼみ型」「筋肉型」に大別されるので、自分がどこに分類されるのかを知ったうえで、ほうれい線を消すアプローチをすることをおすすめします。
引用: https://houlabo.com/chishiki/gazou/taiyou1.png
若い人に限らず、紫外線は肌にダメージを与えるので、ほうれい線ができる原因となります。男性の場合は特に、日焼け止めを日常使いしない人が多いので、注意が必要です。紫外線を多く浴びることで肌が乾燥するのはもちろん、老化が促されてしまいます。
引用: https://www.hali.kyoto/wp-content/uploads/2018/08/28678959-1208-4E7D-A973-BAAA98D93B56.jpeg
その結果、肌がごわごわすると、保湿成分が浸透しにくくなるので、ほうれい線を含めたしわができやすくなります。紫外線が原因のほうれい線を防ぐためには、日ごろからUV対策をするのが一番です。
引用: https://beauty-diet.school/wp-content/uploads/2018/09/a01e98e9e20a0035085b47107cce4e95.jpg
若い男性でも、女性より皮膚が保有している水分量が少ないので、もともとしわやほうれい線ができやすいものです。また、喫煙習慣のある男性は、肌の老化が早い傾向にあります。それは、たばこの煙のなかに、有害物質が含まれているからです。
引用: https://rpr.c.yimg.jp/im_siggKbfTFJIBJNZ8deY0LNYk.Q---x800-n1/amd/20170518-00071094-roupeiro-000-8-view.jpg
さらに喫煙習慣は、肌の弾力をキープしてくれるコラーゲンの生成を抑制してしまいます。喫煙習慣のある若い男性は、本数を減らしたり、禁煙するのもほうれい線を消す手段の一つなのです。

肌を傷める方法はNG

引用: https://bikenko.site/wp-content/uploads/2017/09/3e7704c94212ab9ae08ee535d73d7243_t-300x200.jpg
男性の身だしなみの一つに、ヒゲソリがあります。毎日している人も多いと思いますが、実はヒゲソリは肌を傷める行為です。その理由は、カミソリや電気シェーバーを使うことで、ヒゲだけでなく、皮膚の表皮や角質を削り取ることがあるからです。
引用: https://eijingukea.nahls.co.jp/wp-content/uploads/2017/03/Fotolia_128317125_XS-e1501832388882.jpg
皮膚が傷ついてダメージを受けると、ほうれい線ができる原因となります。そのため、シェービングクリームを使ったり、ヒゲソリ後にスキンケアする方がよいのです。

関連記事

毎日続けよう

引用: https://precious.jp/mwimgs/f/b/-/img_fbf5fe23a0bab07791986353f1aa240b273297.jpg
若いのにほうれい線ができることは、決してうれしいことではありません。ですが、骨格が原因の場合、それを変えるのは難しいものです。そこで、今以上にほうれい線を深くしないために、口周辺のトレーニングをすることをおすすめします。ほうれい線は皮膚が折れ曲がることでできるので、その部分を1日1回は伸ばすことを意識するのです。若いうちから、ほうれい線を消す口周辺のトレーニングをしておけば、しわが深くなるのを防げます。その方法も簡単で、口に空気を入れてから、右回りに10回、左回りに10回、ぐるぐると回すだけです。
動画でも、法令全を消すのに効果的なトレーニングが紹介されているので、若い男性もぜひ習慣にしましょう。具体的には、上下の唇を押しあったまま10秒キープする、唇を表側に思い切り突き出して5秒キープする、唇を思い切り内側に巻き込んで5秒キープするを、2セットくり返すのが基本です。

関連記事

保湿は欠かせない習慣

引用: https://img.asajo.jp/wp-content/uploads/2017/09/20170913_asajo_houreisen.jpg
若い人に限らず、男性にも女性にも徹底してほしい習慣が、肌の保湿対策です。乾燥や紫外線、ホコリ、花粉など、肌は常に外的な刺激を受けてダメージを受けています。表皮に負担がかかって皮膚のバリア機能が壊れてしまうと、若い人でもしわやシミ、そばかすに悩まされることになります。若い人は特に、ケミカル素材の化粧品を止めることから始めてみましょう。
そのうえで、毎日クレンジングと洗顔を徹底し、保湿効果の高い化粧水などで、不足している潤いを補ってあげます。近年は、ほうれい線を消す効果の高い美容液やクリームも豊富なので、肌の状態に合わせて加えてあげることをおすすめします。また、若い人の場合、高価な化粧品を使うより、プチプラ品を惜しみなく使う方が保湿効果が上がることがあります。肌を甘やかしすぎると、自己再生能力が下がってしまうので注意が必要です。

関連記事

紫外線カットを心掛ける

引用: https://care-smileline.com/wp-content/uploads/2018/10/shutterstock_558690592.jpg
ほうれい線対策としてだけでなく、若いうちからUV対策を徹底するのは、スキンケアの鉄則です。外出するときには若い男性であっても、日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。その際、1日に何度も塗りなおすのが原則です。
引用: http://fluffy0123.com/wp/wp-content/uploads/2017/06/12_4.jpg
若い女性の場合は、紫外線をカットしてくれる日傘や帽子を活用するのもよいでしょう。最近は、UVカットしてくれるマスクもあるので、花粉症の男性にもおすすめです。やむを得ず、紫外線を浴びてしまった日は、自宅でしっかり保湿ケアすることを心掛けてください。

関連記事

今回は、若いのにほうれい線ができる原因と消すための方法について、お話ししました。加齢とともにできるほうれい線は、人生を表していてステキなものですが、若いうちはない方がいいと考える人が多いでしょう。早くからほうれい線対策を習慣にすることで、若々しさを保てます。できることから、始めてみてくださいね。