Kk7lxypirrtyw33nacgr

化粧

CATEGORY | 化粧

化粧下地の色の選び方!良いオンナは色も効果で使い分ける!

2019.02.12

化粧下地の色はたくさんありますが、それぞれ効果が違います。使い分けをすることで、誰でも簡単に美肌を手に入れることができるんです。今回は、化粧下地の色の選び方と効果別の使い分けの方法についてご紹介します。ベースメイクにこだわることで女磨きに力を入れましょう。

  1. 化粧下地の色の種類と役割とは?
  2. 化粧下地の色その①ピンク:血色を良くして顔色を明るくする
  3. 化粧下地の色その②ブルー:くすみを抑えて透明感を引き出す
  4. 化粧下地の色その③:シミやそばかす・クマをカバーするイエロー
  5. 化粧下地の色④:肌の赤みやニキビ跡をカバーするグリーン
  6. 化粧下地の色その➄パープル:上品で女性らしい印象にする
  7. 化粧下地の色と選び方まとめ
170eabb2425dc6233234a1bd0ddb2a2b t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/17/170eabb2425dc6233234a1bd0ddb2a2b_t.jpeg
化粧下地とは、化粧の土台となるものです。毛穴のでこぼこを上手くカバーして、肌を滑らかに綺麗に見せる役割をしています。その後に使うファンデーションのノリをよくするという働きもあるものです。また、肌に潤いを与えて整える役割もあり、紫外線をブロックして肌を守る役割もあります。化粧でもっとも大事なベースとなるもので、色も大きく分けて5種類あります。
一般的なのはピンクやブルーで、イエローもよく使われます。グリーンは、部分的に使われることが多い色です。パープルは、使い勝手が良いのであると便利な色。目的に合わせて色々な選び方ができるので、色の種類とその役割を知り使い分けすることで自分に合った最適な化粧下地を選びましょう。
F2f768f65a143ee1d0ed3f1575699384 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f2/f2f768f65a143ee1d0ed3f1575699384_t.jpeg
51estpwnz7l. sl1100
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51EsTpWNz7L._SL1100_.jpg
もともと顔色があまり良くない人の場合、不健康そうな印象を与えてしまうことが少なくありません。どこか疲れていたり、元気がなかったりするような印象をもたれてしまうことがあります。そういった場合に、血色を良くして顔色を明るく見せるのがピンク色の化粧下地です。ピンク色の化粧下地を使うことで、顔色が良くなりパッと明るい印象になります。健康的で、元気な印象にすることができるでしょう。
舞妓はん 化粧下地 01 桜色(ピンクベージュ) 25g
価格 ¥ 1,404
3127schsl0l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/3127SchSL0L.jpg
ブルーの色の化粧下地は、くすみを抑えて透明感を引き出すことができます。年齢を重ねると、全体的に広がるくすみなどによって透明感がなくなってしまう人は多いです。そんな時にブルーの色の化粧下地を使うと、補正されてくすみが抑えられます。肌に透明感が出て、若々しい印象になるのです。赤ら顔の人であれば、顔の赤みを抑える効果もあるので良いでしょう。
セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 ライトブルー 30ml
価格 ¥ 648
61sq6ctcnql. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61SQ6CTcnqL._SL1500_.jpg
イエローの色の化粧下地は、もっとも定番の色です。イエローに近い色で同じような効果のある化粧下地には、オレンジがあります。どちらも日本人の肌色に合うので、使いやすい色になります。シミやそばかす、クマをカバーして肌を綺麗に見せる効果があります。どの色が自分の肌に合うのか選び方がよくわからない人、とにかく肌を綺麗に見せたい人に良いでしょう。
化粧下地 コントロールUV イエロー (補正 コントロールカラー 色むら くすみ) 【MCコレクション】
価格 ¥ 1,620
815%2bpglrkyl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/815%2BPglrKyL._SL1500_.jpg
グリーンの色の化粧下地は、赤みをカバーする効果があります。しかし、全体的に使うと血色が悪くなってしまうので部分的に使う方が良いです。小鼻の周りが赤くなってしまう人、頬の一部が赤くなってしまう人、赤いニキビやニキビ跡が部分的にある人などに良いでしょう。目立つ赤みを抑えて肌のトーンを整えるという目的で使います。全体に使いたい場合は他のカラーと使い分けするのが良いでしょう。
1 / 2