Hk9oaazppccnsqtf5r49

仕方

CATEGORY | 仕方

正しいお辞儀の仕方を紹介!接客や面接での仕方や練習方法は?

2019.02.12

お辞儀の仕方は知っておきたい大人のマナーです。お辞儀の仕方には色々な種類があり、挨拶から謝罪までシーンに合わせて正しいお辞儀をすることが大切です。この記事では、接客や面接での正しいお辞儀の仕方と、その練習方法をわかりやすく解説します。

  1. 正しいお辞儀の仕方とは
  2. お辞儀をするときの手の位置
  3. 正しいお辞儀の仕方【練習方法】
  4. 正しいお辞儀の仕方【接客編】
  5. 正しいお辞儀の仕方【面接編】
  6. マナー違反なお辞儀の仕方とは
  7. 正しいお辞儀を練習して接客や面接に活かそう!
Green20160902294716 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/GREEN20160902294716_TP_V.jpg
お辞儀はただ頭を下げるだけと思っていませんか?お辞儀の仕方にはいろいろな種類があり、シーンに分けて使いこなさなくてはいけません。「なんとなくお辞儀の仕方はわかるけど、しっかり練習して正しいお辞儀をマスターしたい!」という人に、今回は社会人に役立つお辞儀の仕方を紹介します。簡単な挨拶のお辞儀から、接客業にも使えるお辞儀の仕方をみていきましょう。

正しいお辞儀の仕方①会釈

B03496c8f53ecc8327170abdcc01cfbd t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b0/b03496c8f53ecc8327170abdcc01cfbd_t.jpeg
お辞儀の種類は大きく分けて3つあります。基本的な挨拶のお辞儀は「会釈」をするとよいでしょう。会釈は軽い一礼で、上体を15度の角度に傾けるのが理想です。お客さまと目が合ったり、すれ違いざまに「会釈」をするのが基本です。挨拶として会釈をおこないますが、きちんと立ち止まってお辞儀をするとよいでしょう。

正しいお辞儀の仕方②敬礼

44c372221a44b4d25050f6e855b9b712 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/44/44c372221a44b4d25050f6e855b9b712_t.jpeg
1番使われるお辞儀の仕方が「敬礼」です。接客業ではお客さまに、また会社などでは目上の人に敬礼をすることで、相手に敬意を表します。敬礼の仕方は、しっかり背筋を伸ばして30度体を倒すとキレイなお辞儀になりますよ。視線を足元から1mほど離れた場所を見ると、より一層キレイなお辞儀になるでしょう。

正しいお辞儀の仕方③最敬礼

383ebd37bc968c1ccd858966773d3554 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/38/383ebd37bc968c1ccd858966773d3554_t.jpeg
もっとも丁寧なお辞儀が「最敬礼」です。謝罪や感謝を表すときに使うお辞儀で、接客業ではお客様のお見送りによく使います。お辞儀の仕方は、頭を深く下げ、45度の角度まで倒します。お辞儀の際は、首が折れないようにしっかり背筋を伸ばすのがポイントです。
3924 300x225
引用: https://www.sozai-library.com/wp-content/uploads/2015/02/3924-300x225.jpg
お辞儀をするときに手の位置がいまいちわからない人は多いでしょう。手の位置は左手を右手の上にかぶせるのが基本です。お辞儀の際は、肘をしっかり横に出すようにすると姿勢もよくなります。右手を下にする理由ですが、ほとんどの人は右手が利き手なため、利き手を隠すことで相手を攻撃しないという意味が込められています。右手を隠して相手へ不信感を抱かせないという意味が、手の位置に込められているのですね。
正しいお辞儀の仕方をまずは練習しましょう。接客業のときや面接のときに、いきなりやろうと思ってもなかなかうまくいきません。自分ではうまくやれているつもりでも、角度が違ったりする可能性もあるため、練習するときは他の人に角度などを確認してもらうといいかもしれません。日頃から練習しておけば、いざというとき正しいお辞儀ができますよ。
1 / 2