Yxsgcybhyhqpk8f4unan

日焼け止め

CATEGORY | 日焼け止め

日焼け止めスプレーの飛行機への持ち込みは?【化粧品の機内持ち込み】

2019.02.19

日焼け止めスプレーは、飛行機への持ち込みは可能なのでしょうか。国内線や国際線との違いはあるのでしょうか。日焼け止めスプレーは、化粧品として取り扱われるために、飛行機への持ち込みは一般的には可能です。しかし、ルールもありますので、しっかり理解しておきましょう。

  1. 日焼け止めスプレーを飛行機への持ち込み
  2. 日焼け止めスプレー国内線飛行機の場合
  3. 日焼け止めスプレー国際線飛行機の場合
  4. 日焼け止めスプレー以外の物を飛行機に持ち込む
  5. 日焼け止めスプレーを飛行機に持ち込む場合には下準備を
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTnE5uKRPuR5Je8-n2n80_4Iq6Owlbq1Wp-ghXhfFnGzAuTFmpu
夏に海や山への旅行を予定している人は多いでしょう。飛行機を利用して、今まで行ったことがない観光スポットへの旅行を計画している人が多いと思いますが、気になるのは飛行機への持ち込みが可能な化粧品はどのような物があるのかということではないでしょうか。とくに気になるのが、夏には欠かせないアイテムの日焼け止めスプレーです。スプレーと聞くと、どうしても持ち込みが不可のように感じてしまいますが、実際はどうなのでしょうか。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcThZfP-yXO0E5WNB5i14QnLolqZQWocBNULcNFBJbhJ2YAHLU87Rw
引用: https://www.smartmagazine.jp/okinawa/wp-content/uploads/2015/06/ht-hoan_03.jpg
まず、国内線の場合には、日焼け止めスプレーは飛行機へ持ち込むことは可能なのでしょうか。国内線は最近ではテロ対策として、飛行機への持ち込みは厳しく管理されていますが、実は国内線の飛行機の場合には、日焼け止めスプレーの持ち込みは可能なのです。移動距離が短いことなどがその理由ですが、日焼け止めスプレーが持ち込めるのは比較的小さなサイズのみの場合だと考えておきましょう。
大きな日焼け止めスプレーの場合には、危険性が高いと判断される場合がありますので、注意が必要です。小さなサイズの日焼け止めスプレーの場合には、化粧品だと判断され問題なく持ち込めます。また、もし持ち物チェックの場合にはとがめられた場合でも、しっかりと説明をすれば問題ありません。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTqFZyEvO_Sj9zHZoAEDSL62PFAILEsp3jerqsqr83Mn-5SHN6i
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSzhPvMid9uUqUUwIxAcTeVRxH5Gm_iBTbfxEg-tinWFT2XDC9SDA
では、国際線の場合には日焼け止めスプレーの持ち込みは可能なのでしょうか。国際線の場合には、危険物に関する持ち込みは、党是厳しくチェックされることになります。また、スプレー缶は気圧の変化によって爆発を招く危険性がとても高まります。日焼け止めスプレーは、基本的には火気厳禁に指定されており、気圧が高まってしまうことで爆発を招く可能性も否定できません。
ここまで聞けば、日焼け止めスプレーは、国際線の飛行機には持ち込みはできない化粧品だと考えられますが、実は日焼け止めスプレーはれっきとした化粧品扱いとなりますので、スーツケースに入れて持ち運ぶのであれば、持ち込みは可能なのです。もちろん、国内線と同じように日焼け止めスプレーのサイズはポイントになってきますが、問題なく持ち込むことが可能です。
引用: https://www.haneda-airport-server.com/wp-content/uploads/2016/10/20161015211957.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSMeUb7-xoiNwhTthgV5srzYHPJTR9q6lFyPCZV7Ipf3fr9qgw1Pw
日焼け止めスプレーについては理解ができたでしょう。では、日焼け止めスプレーではなく、液体タイプの日焼け止めの場合には飛行機への持ち込みは可能なのでしょうか。スプレータイプの日焼け止めよりも、危険性から考えれば液体タイプの日焼け止めの方が持ち込みは簡単なような気がします。確かに、日焼け止めスプレーよりも液体タイプの日焼け止めの方が問題視されることは少ないと言えます。
しかし、液体物については容器制限があることを理解しておきましょう。液体物に関しては、100ミリリットルを超えるものについては、機内に持ち込むことはできません。これは化粧品であっても同じです。また、こうした液体物の化粧品の場合には、ジッパー付きのビニールに入れておく必要があります。ビニール袋のサイズもきちんと決まっており、そのサイズに入らない場合には飛行機に持ち込めないものと判断され、没収されることになりますので、注意が必要です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRY_8MQhKx3Tuz5CM_BRvVeVhbfdktmGDBwc5Ue_-bzgFyewNWPXg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSRwjpYsSpCp2SEd78CQ9Zq74n8vVLPQz40mQPrdmmnqEBXrJiGEg
日焼け止めスプレーを飛行機へ持ち込むことは可能です。これは国内線でも国際線でも同じことが言えます。しかし、下準備はしっかりと行っておきましょう。もし、持ち物検査が行われても、しっかりと下準備を整えておけば、飛行機への持ち込みは問題なくできます。飛行機への持ち込み制限は、とてもたくさんの項目があります。国内線でも国際線ても、そのルールをしっかりと理解した上で、飛行機を利用するように心がけましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQZjyrVDUMtUYRPUybMbbbu1I_Tb7qQnic9K-dIAZFwNmP1ZdQF

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.toyama-airport.jp/wp-content/themes/toyama-airport/images/child/flightInfo1.jpg