Sfkq1h9xwphbokecrjq5

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

コットンスーツでビジネスでも軽い着こなしを!【2019おすすめコーデ】

2019.02.20

コットンスーツはビジネス・プライベートと兼用で着られるため、働くメンズのセカンドスーツとして人気があります。カラーバリエーションも豊富にあり、さまざまな組み合わせを楽しむことができます。この記事では、今男性に人気のコットンスーツの着こなし術を紹介します。

  1. コットンスーツのおすすめコーデ
  2. コットンスーツのおすすめコーデ①
  3. コットンスーツのおすすめコーデ②
  4. コットンスーツのおすすめコーデ③
  5. コットンスーツのおすすめコーデ④
  6. コットンスーツのおすすめコーデ⑤
  7. コットンスーツのおすすめコーデ⑥
  8. コットンスーツのおすすめコーデ⑦
  9. コットンスーツのおすすめコーデ⑧
  10. コットンスーツのおすすめコーデ⑨
  11. コットンスーツのおすすめコーデ⑩
  12. コットンスーツのおすすめコーデ⑪
  13. コットンスーツのおすすめコーデ⑫
  14. コットンスーツのおすすめコーデ⑬
  15. コットンスーツのおすすめコーデ⑭
  16. コットンスーツのおすすめコーデ⑮
  17. 【まとめ】コットンスーツでビジネスでも軽い着こなしを!
コットンスーツは、スーツを着る人なら一度は耳にしたことがありますよね。軽くて涼しそうなコットンスーツは、いつかは着てみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。「コットンスーツをビジネス着として着用してもいいの?」「着こなし方がわからない」など、コットンスーツに興味があるけど購入をためらっている人に、今回は、メンズのコットンスーツの魅力と着こなしコーデを詳しく紹介します。

コットンスーツとは?

コットンスーツとはその名の通り、スーツの素材がコットンでできています。一般的なスーツはウール素材でできていることが多く、夏場はとても暑いのです。反対にコットンスーツは通気性もよいため、夏場でも涼しく着こなすことができるでしょう。通常のスーツはビジネス用として着ることが多いですが、コットンスーツはビジネスでもプライベートでも着こなしを楽しむことができます。
現代の紳士服のルーツは英国。コットンスーツも英国人が南方の植民地を統治するために開発したもの。夏でも涼しい英国では、バカンスの時期は太陽を求めて南欧で長期滞在する人が多い。コットンスーツは、そんな人たちのリゾートウェアとして広がった。

コットンスーツの選び方

コットンスーツを選ぶ際は、ジャストサイズを購入しましょう。サイズが大きすぎると、カジュアル感が増すため、ビジネス着として着られなくなります。コットンスーツの購入時期は、春から夏にかけて購入するのがおすすめです。時期的に暑くなるため、スーツを買い換える人は、この時期にセカンドスーツとして購入しているようです。コットンスーツは、色のバリーションが豊富で、さまざまなアイテムとの組み合わせも可能です。

コットンスーツのお手入れ方法

コットンスーツの素材は、シワができやすいためお手入れもしっかりおこなわなくてはいけません。コットンスーツは着れば着るほど素材に深みが増し魅力的なスーツになります。そのため、コットンスーツはこまめにアイロンをかけ、定期的にクリーニングに出すとよいでしょう。

関連記事

ここからは、メンズにおすすめのコットンスーツの着こなし方を紹介します。コットンスーツの購入を迷っている人は、着こなしを参考にしてみてくださいね。
濃いめのグレーのコットンスーツの着こなしコーデです。サイズ感もぴったり合っていて、ビジネス着としても全く違和感がありません。色合いと、ジャケットの中に着たベストがかっちりとした印象を与えています。
コットンスーツの中でもとくに人気のあるベージュのスーツです。裾をあげて着こなしていますね。裾をあげるとカジュアル感を楽しむことができます。インナーも合わせるアイテムを変えれば、コーデの幅が広がるでしょう。
ネイビーのメンズコットンスーツの着こなしコーデです。ネイビーと白が爽やかにマッチしています。普段ビジネス用のスーツとして着用していても、プライベートでは裾を曲げたり靴を変えることでカジュアルに着こなすことができます。
カーキのメンズコットンスーツの着こなしコーデです。カーキは春に人気のある色で、白と合わせると爽やかに着こなすことができます。ビジネス着として着る場合は、シャツや革靴を合わせると、仕事用でも十分に着こなすことができるでしょう。
カーキのメンズコットンスーツのジャケットに、デニムシャツを合わせたコーデです。コットンジャケットだからこそ、カジュアルなデニムの素材がぴったりマッチしています。コットンスーツの組み合わせに迷ったときは、デニムシャツを合わせると今っぽい着こなしができるでしょう。
ビジネス着として着用しているメンズコットンスーツの着こなしコーデです。ネクタイを合わせるとビジネス感がグッと増しますね。細身のコットンスーツにローファーを合わせることで全体的なバランスもよくなるでしょう。
爽やかなサックスブルーが目を引くメンズコットンスーツの着こなしコーデです。爽やかな色合いが、ギンガムチェックのシャツとよく合っています。ギンガムチェックはカジュアルなコーデになるので、街着コーデとしておすすめです。ビジネスで着用する場合は、インナーのシャツを変えてネクタイをするとよいでしょう。
引用: http://mensfashions.org/wp-content/uploads/2015/02/2015-02-22_001122.jpg
メンズコットンスーツはカラーバリエーションが豊富なため、いろいろな組み合わせコーデを楽しむことができます。上下の素材が一緒なので統一感もあり、コーデの幅も広がりますよ。ネイビーや白は王道の組み合わせなので、色の組み合わせ方に不安がある人は、まずネイビーと白を組み合わせてみるとよいでしょう。
引用: http://imgs.u-note.me/note/uploadimage/1507174108243.jpg
ツイード柄のメンズコットンスーツの着こなしコーデです。インナーや靴を変えるだけで印象が変わるため、年中着回せるおすすめのスーツです。ジャケットの中にベストを着れば、フォーマル着としても楽しめますよ。
引用: https://www.global-style.jp/enjoy-order/wp-content/uploads/2017/12/Casual-Suit20171222-24.jpg
鮮やかなブルーが大人っぽいメンズコットンスーツの着こなしコーデです。ブルーでもインナーによって不思議とフォーマルに見えますね。コットンスーツが人気なのは、色の組み合わせ方やインナーによって、さまざまなコーデを楽しむことができるからなのですね。
引用: http://bottone.jp/bc/wp-content/uploads/2017/04/86aa1129a1b5c0af67aedbca00876156-860x573.jpg
ベージュろ白のメンズコットンスーツの着こなしコーデです。中のシャツやネクタイの色で遊び心を演出できます。ベージュのコットンスーツは1年中着まわしが効くので、1着持っておくと便利ですよ。
引用: https://tasclap.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/2/2728/tasclapimage_2728_11_1.jpg?d=20170224143024
ベージュと黒のメンズコットンスーツの着こなしコーデです。先ほどの組み合わせは春っぽい印象でしたが、黒を合わせると秋らしいコーデになりますね。季節によっても組み合わせを変えるのも、ファッションの楽しみ方のひとつです。
引用: https://www.instagram.com/p/BkfEMh7noQX/media?size=l
カーキのジャケットと白のパンツの組み合わせが新鮮なコットンスーツのコーデです。パンツの裾がダブルになっているため、硬くなりすぎないところがおしゃれですね。また足元の肌を見せると、春らしい印象を与えることができます。ネクタイとシューズの色を合わせることで、全体的なバランスもよく見えますね。
引用: http://www.ozie.co.jp/blog/wp-content/uploads/2015/04/DSC_0016-5001.jpg
ネイビーのコットンスーツの組み合わせも無限にあります。一見全てバラバラな色で統一されてないように見えますが、淡い色を上半身に持ってくることで、全体的なバランスもよく、ネイビーのコットンスーツがより一層引き立ちます。足元をあえてスニーカーにするのは上級者ならではのテクニックですね。
引用: https://tshop.r10s.jp/stylife/cabinet/item/324/p99324-05_1.jpg?fitin=501:668
ベーシックな黒のコットンスーツです。黒は1着あると上下別々に着用することができるため、1着は欲しい色ですね。ブラックは重くなりがちなので、コーデする際はインナーの色を工夫をするとよいでしょう。
メンズコットンスーツは、素材が軽いため暑い季節に最適です。カラーバリエーションも豊富なため、いろいろなコーデを楽しむことができますよ。大人コーデに挑戦したい人は、ビジネスやプライベートでコットンスーツをぜひ楽しんでみてくださいね。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BgTCHitgzdZ/