Euvnmzt4mtjw1z5fulpr

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

白髪はハイライトカラー染めが今注目?新しい白髪ケア方法とは?

2019.03.01

白髪をハイライトカラーで染めると白髪が目立たない!と、新しい白髪ケアの方法が今注目を集めています。白髪が生えてくると、そこだけが目立ってしまい憂鬱になりますよね。この記事では、白髪のハイライトカラー染めの魅力と白髪をセルフでハイライトにする方法を紹介します。

  1. 白髪はハイライトカラーが注目!
  2. 白髪はハイライトカラーが注目!【ハイライトカラーで染めるメリット】
  3. 白髪はハイライトカラーが注目!【ハイライトの入れかた】
  4. セルフで染める方法
  5. 白髪はハイライトカラーが注目!【おすすめのハイライトの例】
  6. ハイライトカラーで染めると白髪が伸びても気にならない!
白髪をハイライトカラーで染めると「新しい白髪が伸びてもあまり気にならない」と女性の間でハイライトカラーに注目が集まっています。ハイライトカラーとは、全体を一色で染めるのではなく、部分的に明るく染めることです。ハイライトカラーを入れることで立体感と動きが出るため、若々しくなれるのも人気の理由といえるでしょう。
白髪をハイライトカラーで染めると、伸びてきた白髪が目立ちにくいということが最大のメリットです。一色で髪を染めると、髪が伸びたときに頭部がプリン状態になります。そこに白髪があると目立ちますよね。ハイライトカラーで白髪を染めると髪全体にメッシュが入るため、根元が伸びてきても白髪が目立たないということになるのです。
今までの白髪染めは、明るく染めることができなかったため、新しく生えてきた白髪が目立っていましたよね。早い人では2週間もすれば根元が白くなる人もいたでしょう。ハイライトカラーで染めると今までの印象を変えることもできるため、今の髪型が飽きたという人にもおすすめですよ。
ハイライトカラーの入れかたは、白髪が生えてくる場所に少量の毛束をとって、明るめに染めていきます。全体的に白髪をぼかすようにハイライトカラーを入れることで、白髪が生えてきてもキレイに溶け込みます。このとき、髪全体の色は明るくすることで、ハイライトカラーとの組み合わせもキレイに見えますよ。
基本的に、ハイライトカラーは美容室で染めてもらう方がキレイに仕上がりますが、セルフで染める方法もあります。必要な道具を揃えれば、あとはちょっとした手間を加えるだけで、自宅でも簡単にハイライトカラーを入れることができますよ。まずはセルフで染めるための道具を紹介します。

【セルフ染めに必要な道具】①コーム

コームは平べったいクシが使いやすくて便利です。白髪染めを髪になじませるときや、細かい毛束を取るときに使用します。100均でも購入できますよ。

【セルフ染めに必要な道具】②ヘアクリップ

Fd9e452c9564dd36b1a63a6fdc57f73f 300x225
引用: https://matakuhair.net/wp-content/uploads/2018/02/fd9e452c9564dd36b1a63a6fdc57f73f-300x225.jpg
こちらも100均などで購入できます。5〜6本ほど髪の毛をブロッキングするときに使用します。髪を染めるときは、髪全体を分けておくと、染めやすくなりますよ。

【セルフ染めに必要な道具】③アルミホイル

4y3a0051 514x642
引用: https://www.r-wiz.com/wp-content/uploads/2017/01/4Y3A0051-514x642.jpg
1 / 2