Njx2wicbtvsg4ew1ubnv

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

若いうちからやりたい白髪対策!黒髪を保つための生活習慣とは?

2019.03.07

白髪対策には、生活習慣が重要ポイントだとご存知でしょうか?後々白髪に悩まないためにも、今から対策を行っていくことが大切です。黒髪を保つためには、シャンプーや食べ物にも気をつけなければいけません。今回は、若いうちからやりたい白髪対策をご紹介します。

  1. 若いうちから白髪対策が必須?
  2. 白髪対策するまえに白髪の原因を知ろう
  3. 白髪を対策する方法①規則正しい生活習慣
  4. 白髪を対策する方法②血流をよくする
  5. 白髪を対策する方法③睡眠時間の確保
  6. 白髪を対策する方法④酒・タバコを控える
  7. 白髪を対策する方法⑤シャンプーの見直し
  8. 白髪対策におすすめの食べ物
  9. 白髪ができてしまったらどのように対策するべき?
  10. まとめ:白髪対策は正しい生活習慣が鍵!
Wnhcaa89otvvtwrdao5w
白髪は加齢によってできるものだから、若いうちから対策する必要はない…そう思っていませんか。確かに、年齢が上がれば上がるほど白髪ができやすくなるのは事実ですが、若くても白髪になる可能性はゼロではありません。
白髪ができてから対策をするのではなく、むしろ若いうちから白髪対策をして、しっかりケアしていくことで長く黒髪を保つことができますよ。
Lmujxc8mauwumseuhbk3
白髪を対策するためには、原因を正しく把握しておく必要があります。白髪の対策方法を知るまえに、まずは白髪ができるメカニズムと白髪になってしまう原因から探っていきましょう。

白髪ができるメカニズム

Yo8udf4h4xxubcqrccp8
髪は毛根から生え始めたとき、もともと白い色をしています。白い髪が頭皮から出てくるときに、メラノサイトというメラニンを生成する色素細胞によって黒く色付けされています。ところが、このメラノサイトの機能が低下すると、メラニンを生成することができなくなってしまうため、白髪になるのです。

白髪の原因①加齢や遺伝

Pmyfsuelgy8och6xj1iy
白髪ができるメカニズムはメラノサイトの機能低下ですが、その原因の多くは加齢や遺伝によるものです。年齢を重ねるにつれ、メラノサイトの機能は低下してしまいますが、若くてもメラノサイトの機能が低下することはあります。また、遺伝によって、メラノサイトの働きがよくないということもあります。

白髪の原因②血流が悪い

Ke1pni4wznhephivpsv0
血流に乗って必要な栄養分が、体の隅々まで届けられています。そのため、血流が悪いと、頭皮やメラノサイトにも栄養分が届かないことになります。栄養分が届けられなければ、メラノサイトの機能は低下してしまいます。体の血流が悪いことも白髪の原因になりますが、頭皮が硬いと頭皮の血行が悪くなり、白髪の原因になります。

白髪の原因③栄養不足

Abh2h6d7qvhi76zz9drm
食べ物から摂取した栄養分は、まず体の重要な部分に使われます。心臓など生命維持のために重要な臓器に最優先して栄養分が使われたあと、髪などに運ばれます。つまり、食べ物から摂取する栄養分が少ないと、髪や頭皮に届けられる栄養分は極端に少なくなります。その結果、メラノサイトではメラニンが生成できなくなり、白髪の原因になってしまうのです。
Zjkpcv0pbdfbrlg0thb2
白髪を対策するために、最も大切なことは規則正しい生活を送るということです。不規則な生活習慣で過ごしていると、体に負担をかけてしまいます。当然のことですが、体に負担がかかると、様々なトラブルが起こってきます。白髪の原因であるメラノサイトの機能低下も、例外ではありません。
1 / 4