T5qyxg7moebmn92qu2c6

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

白髪染めを美容院で!初めてするなら知っておきたい選び方や注意点!

2019.03.09

白髪染めに初めてチャレンジするなら、やはり美容院が安心です。とはいえ、白髪染めは身体に少なからず負担をかけるので、頻度や薬剤の選び方など、注意したいところもあります。そこで今回は、美容院で白髪染めをする際に、覚えておきたい注意点について紹介します。

  1. 美容院でも白髪染めを続けるリスクはある
  2. 美容院で白髪染めをする頻度の目安
  3. 美容院でリタッチという白髪染めがおすすめの理由
  4. 美容院と自宅での白髪染めの違い①技術力
  5. 美容院と自宅での白髪染めの違い②薬剤の配合
  6. 美容院と自宅での白髪染めの違い③メンテナンス性の高さ
  7. 美容院での白髪染め①ファッションカラー
  8. 美容院での白髪染め②ヘアマニキュア
  9. 美容院での白髪染め③ヘナカラー
  10. 美容院で白髪染めをするコツ
  11. 美容院で自分に似合う色に白髪を染めてもらおう!

髪にダメージを与える

近年は、家庭用の白髪染めの種類も豊富となり、定期的に美容院に行く人は少なくなったかもしれません。ですが、美容院のプロの技術があるからこそ、一人ひとりに合った白髪染めの選び方を熟知していたり、メンテナンスする頻度を少なくできるというメリットもあります。しかし、白髪染めは美容院でも家庭でも、身体によくない影響を与える可能性があることは、注意として覚えておく必要があります。通常のカラーリングであれ、白髪であれ、髪の毛にダメージを与えていることは忘れないでくださいね。

アレルギーが出る人もいる

白髪染めに限らず、すべてのカラーリング用の薬剤には、「ジアミン」と呼ばれるアレルギー物質が含まれています。そのため、美容院で行っても、白髪染めの選び方によっては、かゆみや湿疹、かぶれといった症状が出ることがあるので注意が必要です。美容院で白髪染めを塗ったとたん、地肌がピリピリするのは、アレルギー症状かもしれません。短い頻度で白髪染めをする、あるいは染めた後のシャンプーやすすぎが十分でないと、アレルギーを発症するリスクが高まるので注意しましょう。
現代は自宅でも白髪染めができますが、頭皮や髪の健康を考えると、やはり美容院で施術を受けるのがおすすめです。しかし、カラーリングとは違い、白髪は時間の経過とともに目立ち始めるので、頻度を考えて美容院に通う必要があります。
美容院で白髪染めをする頻度ですが、染め方によって異なります。髪の根元に白髪が目立つようになるのは、染めてから1ヵ月程度たってからです。そのため、月に1回の頻度で美容院に白髪染めに来る人が多いようです。また、白髪染めをして2~3週間で、カラーリング剤が内部まで浸透していない髪が、キラキラと目立ち始めます。そのタイミングで美容室に来る人もいます。さらに、明るめの色で白髪を染めると、褪色が早くなります。その場合、2週間ほどで目立ち始めるので、それが美容室に通う頻度という人もいます。
早ければ2週間、長くても1ヵ月という頻度で美容院に通うのでは、お金がかかって仕方がないと思う人もいそうです。ですが、美容院で白髪染めをするときに、毎回髪全体にカラーを入れる必要はないのです。美容院には、「リタッチカラー」あるいは「メンテナンスカラー」というメニューがあります。リタッチカラーは、新しく生えてきて白髪が目立つ部分だけを染めるという方法です。料金は、全体のカラーの半分程度が一般的なようです。
一方のメンテナンスカラーは、白髪が目立ちやすい髪の分け目と生え際のみを染めるというメニューです。料金は、リタッチカラーより低く設定している美容院が多いようです。このように、白髪染めの選び方によって、美容院にかけるお金を抑えることができます。美容院で白髪染めをする頻度を減らすことで、いつも全体を染める方が高くつくケースがあるので、注意が必要です。

関連記事

美容院で白髪染めをするのと、自宅でセルフケアすることには、大きな違いがあります。まず、美容院では国家資格を持ったプロが、知識に基づいて白髪染めをしてくれることです。白髪染めは、誰でも同じようにできるわけではなく、自分の頭皮や髪の状態に合った方法で施術を受けるのが一番だからです。
美容院なら、お客さま一人ひとりの髪質や毛量、伸び具合などを考慮して薬剤を塗る場所や浸透させる時間を管理してくれます。さらに、セルフケアで注意が必要なコーミングで過度に地肌や髪にダメージを与えるというリスクが減らせます。ただし、美容院の選び方も大事なポイントです。近年は白髪染め専門の美容院も登場しているので、選び方に配慮しましょう。
市販の白髪染めはカラーバリエーションが豊富ですが、これはどんな髪質の人でも染まるようなつくり方になっています。きちんと白髪を染めるために、強い薬剤を使っていることが少なくないのです。その場合、選び方を間違うと、肌の弱い人は頭皮に炎症を起こす可能性が高まるので注意しなければなりません。
ですが美容院の場合は、お客さま一人ひとりに合わせて、色や刺激を考慮した薬剤の配合を行います。また、部位によって塗り分けしてくれるところもあるようです。美容院によっては、白髪染めの薬剤も低刺激のものしか使わないところもあります。美容院の選び方によって、頭皮や髪の毛へのダメージを減らすこともできるのです。
美容院で白髪染めをするメリットの最後は、メンテナンス性の高さです。美容院であっても、薬剤で髪を染める点は変わりありませんが、きちんとシャンプーをして、適切に洗い流してくれるので、セルフケアより安心です。
また、トリートメントやブローに十分な時間をかけてくれるので、髪が傷みにくいのも魅力です。リタッチカラーやメンテナンスカラーであれば、通常の白髪染めよりずっとかかる負担も少ないです。メニューの選び方によっても、少ない負荷で効果的な白髪染めができます。
ここからは、美容院での白髪染めの選び方についてお話しします。美容院で行う白髪染めには、「グレイカラー」「ファッションカラー」「ヘアマニキュア」「ヘナカラー」など、いくつか種類があります。白髪を目立たせる意味で使わるのが、グレイカラーです。これは、髪の色を暗くして、ほかの部分をなじませることが目的の施術です。一方のファッションカラーはおしゃれ染めともいわれ、ダークブラウンなど明るめの色を指します。
ファッションカラーであれば、髪の毛を明るい色に染めながら、白髪をカバーできます。ただし、栗色など明るめに白髪染めしたい場合には、ダブルカラーといって、一度脱色してから白髪染めをしなければなりません。ファッションカラーでも、選び方によって頭皮や髪に与えるダメージが異なりますので、美容院でよく相談しましょう。
ヘアマニキュアは、色素を髪の毛の表面にコーティングするイメージで使います。カラーリングのように、キューティクルを破壊することがなく、髪に与えるダメージは少なくなります。近年はヘアマニキュアのカラーバリエーションも豊富で、おしゃれな印象を与えると人気です。
とはいえヘアマニキュアは黒髪を脱色することはないので、白髪部分はよく染まっても、そうでない部分に色が入りにくいです。また、地肌にヘアマニキュアがつくとなかなかとれないので、注意が必要です。さらに、美容院でもヘアマニキュアでのリタッチは難易度が高く、思うように生え際が染まらないこともあるようです。

身体にやさしい

オーガニックの白髪染めを標榜する美容院では、「ヘナカラー」を使っていることが多いようです。ヘナとは、赤い色素が含まれた植物で、原産地は北アフリカと中東です。この色素を使って、髪を染めるのです。天然成分なので、頭皮や髪への刺激は少ないですが、ヘアマニキュアと同様に髪の表面を色付けするだけです。
また、天然成分のヘナカラーの場合、カラーバリエーションが少ないので注意が必要です。基本的には、オレンジから濃い赤になります。ただし、藍色のヘナカラーもあり、これを調合することで、暗い色合いにする美容院もあります。ヘナカラーは、美容院の技術力で仕上がりに差が出るので、注意しましょう。

関連記事

美容院で白髪染めをするポイントは、自分でメニューを決めずに、美容師さんに相談することです。毛質やヘアスタイル、骨格などに基づき、グレイカラーとファッションカラーのどちらが適切か、似合う色は何かを、プロの目でアドバイスしてくれるからです。
最近は白髪染めを売りにした美容院も増えているので、予約の際は染める方法は来店時に相談したいと伝えておきましょう。髪が傷んでいる状態では、カラーリング剤ではなく、ヘアマニキュアやヘナカラーを勧められることもあります。必要以上に頭皮や髪を傷めることがないよう。アドバイスには耳を傾けることをおすすめします。
今回は、美容院で白髪染めをする際に、覚えておきたい注意点についてお話ししました。メニューの選び方によっては、セルフケアとそれほど変わらない費用で、メンテナンスができそうです。プロのアドバイスを受けながら、頭皮や髪へのダメージを最小限に抑えつつ、美容院で自分に似合う白髪染めをしてみるのもよいと思います。