U0xlrcerb79jdaf1gjz5

美容・健康

CATEGORY | 美容・健康

日焼けの効果を得るための時間はどれくらい?外と家やベランダでは違う?

2019.03.09

日焼けの効果を得るための時間を知っていますか?肌を焼きたい人、白肌を守りたい人、どちらも日焼けする時間の目安を知っておくと安心です。太陽の光は小麦色の肌を作ってくれますが、シミ・シワの原因にもなります。家の中でうっかり浴びてしまう紫外線についても必見です。

目次

  1. 日焼けする時間の目安はどれくらい?
  2. 日焼けする時間の目安はどれくらい?【天気】
  3. 日焼けする時間の目安はどれくらい?【時間帯】
  4. 日焼けする時間の目安はどれくらい?【場所】
  5. 日焼けする時間の目安はどれくらい?【家】
  6. 日焼けする時間の目安はどれくらい?【注意すること】
  7. 日焼けする時間の目安はどれくらい?【まとめ】

日焼けした小麦色の肌は健康的です。けれども、「絶対日焼けしたくない!」という人も多いですよね。正しい知識を身に付けて太陽と付き合わないと、シミや黒ずみの原因になることもあります。

20180514154427
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dtbh/20180514/20180514154427.jpg

実は、太陽を浴びて紫外線を受けると、なんと5秒で日焼けがスタートするのです。太陽光を浴びた瞬間、日焼けは始まっています。

加齢による肌の老化は、20%程度。太陽を浴びた紫外線の影響が80%を占めます。例えば、お尻や内ももなど太陽光の当たらない部分は、シミやシワはほとんどありません。

太陽と上手に付き合うにはどうすればいいのか?日焼けの正しい知識をご紹介します。

20160406 asano cover
引用: http://www.idokaba.net/dcms_media/image/20160406-Asano-cover.jpg

天気によって、日焼けする時間の目安は変わります。

紫外線の量は、

晴れ:100%
曇り:50~60%

です。天気が良い日の紫外線を100%とすると、くもりの時の紫外線は、約半分になります。

くもりのときは日焼けしないと油断しがちですが、実はくもりでも紫外線は降り注いでいます。日焼けにかかる時間の目安は、晴れのときに比べて約2倍です。

1日のうち、紫外線が非常に強い時間帯は、 

10時から14時頃 

です。

この時間帯に急激に日焼けをすると、皮膚が炎症を起こすこともあります。熱中症などのリスクも高まりますので、避けた方がよさそうです。 

1407175top
引用: https://googirl.jp/img/14/07/1407175top.jpg

小麦色の肌に日焼けをしたい場合は、夕方、日差しが落ち着いてくる時間帯がおすすめです。

場所による日焼けにかかる時間の目安は、 

海・プール:15分 
車の中:90分
都会:40分
田舎:60分
山:30分

です。場所によって、日焼けにかかる時間にはかなり差があります。

太陽の光を遮るものがない海やプールでは、水面に反射してさらに日焼しやすくなります。日焼けしたくない人は、しっかり衣類や日焼け止めで太陽の光をガードした方が良いでしょう。

Ecn18031114550004 p3
引用: https://prt.iza.ne.jp/kiji/economy/images/180311/ecn18031114550004-p3.jpg

外出しない日、家の中では日焼け止めも塗らないという人がほとんどですよね。けれども、家の中でも日焼けします。窓では、紫外線を防ぐことはできないのです。

紫外線にも種類があり、シミやしわの原因となるA波はすんなり通過して、家の中に入ってきます。ですから、日焼けしたくない人は、家の中にいても紫外線対策をする必要があります。

1 / 2