Wbmhkdejy0fw3ivoidff

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

低身長メンズの春夏コーデのポイントは?身長を感じさせないテクニック!

2019.03.15

低身長コーデの春夏の着こなしについてご紹介します。小柄だと自分の体に合うちょうど良いサイズの服がなかなか見つからなかったり、上手く着こなせなかったりすることがあります。ポイントを押さえて低身長コーデを心がければメンズでも上手く着こなすことができるでしょう。

  1. 小柄な人におすすめのコーデ
  2. 低身長コーデの着こなしポイント①ウエストを高めの位置にする
  3. 低身長コーデの着こなしポイント②ジャストサイズよりワンサイズ上を選ぶ
  4. 低身長コーデの着こなしポイント③厚底靴を使う
  5. 低身長コーデの着こなしポイント④帽子を上手く使う
  6. 低身長コーデの着こなしポイント➄丈に気を付ける
  7. 春夏におすすめのメンズ低身長コーデ①ひざ丈トレンチコート×ゆったりパーカー×細身のパンツ
  8. 春夏におすすめのメンズ低身長コーデ②ひざ丈ロングシャツ×タイトパンツ
  9. 春夏におすすめのメンズ低身長コーデ③Tシャツ×ハイウエストワイドパンツ
  10. 春夏におすすめのメンズ低身長コーデ④ベルト×厚底靴
  11. 春夏におすすめのメンズ低身長コーデ➄ハット×ストライプシャツ
  12. 春夏におすすめのメンズ低身長コーデ⑥コンパクトなトップス×ワイドパンツ
  13. 春夏におすすめのメンズ低身長コーデ⑦ハット×厚底靴
  14. 春夏におすすめのメンズ低身長コーデ⑧ゆったりトップス×厚底靴
  15. 春夏におすすめのメンズ低身長コーデまとめ
20190228060326216 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/2wpexw/20190228060326216/20190228060326216_500.jpg
日本人男性の平均身長は172cmほどと言われているので、172cmよりも低いと低身長といえるでしょう。低身長の場合、パンツやアウターの丈が長すぎて上手く着こなすことができなかったり、小柄な体格が目立って上手くコーデができなかったりすることがあります。バランスの良い低身長コーデを心がけるには、いくつかのポイントを意識して組み合わせを考える必要があります。
低身長コーデのポイントは全部で5つあります。「ウエストを高めの位置にすること」「ジャストサイズよりもワンサイズ大きいサイズにすること」「厚底靴を使うこと」「帽子を上手く使うこと」「丈に気を付けること」です。これらのポイントに気を付けることで、バランスの取れた着こなしができるようになるでしょう。今回は、低身長コーデでおすすめの着こなしについても8選ご紹介します。
20190227205604574 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/l9juiy/20190227205604574/20190227205604574_500.jpg

関連記事

20190212064643654 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/igm67c/20190212064643654/20190212064643654_500.jpg
低身長コーデの着こなしポイント1は、ウエストを高めの位置にすることです。メンズの場合は、レディースと違ってスタイルアップに気を付けなくても良いことが多いですが、低身長の場合はできるだけスタイルアップを心がけたほうが良いです。ウエストを高めの位置にすることで、足が長く見えるのでコーディネートのバランスが良くなり低身長をカバーすることができます。
トップスの丈を少し短いものにするか、丈の長いものであればウエストに入れ込む形でスッキリと見せる工夫をしましょう。また、服装によってはベルトをしてウエストマークすることでさらにスタイルアップし、足長効果をねらうことができます。特に、春夏の服は素材的にも軽くて薄いものが多いので裾をウエストに入れ込むことでスッキリと見せることができます。
20190209074207174 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/igm67c/20190209074207174/20190209074207174_500.jpg
20190225074602846 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/hb7ibg/20190225074602846/20190225074602846_500.jpg
低身長コーデの着こなしポイント2は、ジャストサイズよりもワンサイズ上のものを選ぶことです。ジャストサイズのものを選ぶと小柄な体格が目立ってしまいます。少しでも体を大きく見せてバランスをよくするには、ワンサイズ大きいものを選ぶようにしましょう。特に、春夏の衣類は素材的に薄くてあまりボリュームがないものが多いのでワンサイズ大きくても問題なく着られることが多いです。
1 / 5