Gkose9aprf80g1wnjq1m

マナー・作法

CATEGORY | マナー・作法

年賀状でボールペンを使うときの注意点!失礼にあたるパターンも?!

2019.03.21

年賀状でボールペンを使っている人は少なくありません。ですが、年賀状を出す相手が上司や取引先であった場合は、失礼にあたるケースも存在します。宛名を書くときにボールペンを使うのはOKなのでしょうか。おすすめの色や年賀状でボールペンを使うときの注意点をご紹介します!

  1. 年賀状でボールペンを使うのは失礼なのか?正しいマナーを徹底解説!
  2. ビジネスシーンの年賀状でボールペンを使って書くのはNG?
  3. 年賀状でボールペンを使って書くのは必ずNGという訳ではない!?
  4. 年賀状の宛名をボールペンで書くのはNG?知っておくべきマナーは?
  5. 年賀状の宛名をボールペンで書く際の正しいマナー
  6. ボールペンで書き損じた年賀状はどうするのが正解なのか?
  7. ボールペン以外でおすすめの年賀状に使えるペンは?
  8. ボールペン以外でおすすめの年賀状に使えるペンその① 呉竹 美文字 完美王
  9. ボールペン以外でおすすめの年賀状に使えるペンその② DUKE 黒い万年筆 中字 極太字(0.7- 1.2 MM)
  10. 年賀状をボールペンで書く際は送る相手に気を付けよう
Fspc3cwmedockhdbkrxb
年賀状は一年の終わりにやらなければいけない代表格と言えるものでしょう。年賀状を書く際にみなさんはどのようなペンを使っていますか?多くの方は、年賀状を書く際にボールペンを使っていることが多いのではないでしょうか。しかし、場合によっては、年賀状をボールペンで書くことは失礼にあたると思われてしまう可能性があるので要注意です。なぜ、年賀状をボールペンで書くことは失礼にあたるのでしょうか。年賀状をボールペンで書く際に気を付けるべきマナーとは、いったい何なのでしょうか。
Lfcjl1oddowqtxyiqu94
今回は、年賀状をボールペンで書くことは失礼になるのかどうかについて、詳しい解説を行っていきます。ボールペン以外でおすすめの、年賀状に使えるペンやおすすめの色、宛名を書く際に注意するべきことなどについても詳しく解説していきます。上司や取引先に年賀状を書く機会がある方は、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

関連記事

Eis9uknhaykejfvsntzq
上司や取引先など、ビジネスシーンで関わりがある方へ年賀状を出す際、ボールペンで年賀状を書くことは失礼に当たると言われています。その理由としては、年賀状で文字を書く際はボールペンのような細い文字ではなく、筆を使って書いたような太い豪快な文字が好まれるためです。年賀状は元旦を無事に迎えたことをお祝いするためのものなので、力強い文字で慶事を演出することで、受け取る側にお祝いの気持ちを伝える意味合いが強いのです。
Kburlapnx9weddvmjagh
そのため、ビジネスシーンだけではなく目上の人へ年賀状を送る際は、礼儀を重んじてボールペンではなく、できるだけ文字が太くなるようなペンで年賀状を書くことをおすすめします。せっかく年賀状を書いたのに、ボールペンで書いてしまったせいで、相手に失礼な人だと思われてしまったら悲しいですよね。具体的にどのようなペンがボールペン以外でおすすめなのかは後述します。
Btifb6y6hzhhvjntfo49
年賀状をビジネスシーンで関わりがある上司や取引先など、目上の人に送る際にボールペンで書くことは失礼にあたると前述しました。しかし、必ずしも目上の人にボールペンで年賀状を書くことがNGであるという訳ではありません。年賀状を太く力強い文字で書かないと失礼であると感じる方は、マナーを良く認識しているか礼儀に厳しい人であると言えます。ですが、全員が全員礼儀に厳しい上司や取引先であるという訳ではもちろんありません。
Qvyce5kqdfii7vxyq8bg
そのため、あまり礼儀にこだわりがないフランクな上司などには、そこまでマナーを重視せずに年賀状をボールペンで書いてしまっても問題はないでしょう。かなり年齢が離れている上司や取引先、お世話になっている人などに年賀状を書く際は、失礼だと思われないように、ボールペンではなくしっかりとした太文字を書けるタイプのペンを選びましょう。
Db8b3lvomorx50n1lgf8
年賀状の宛名の記入欄も同様に、ボールペンではなく太文字が書けるペンで記入することが推奨されています。年賀状の宛名を記入する際は、いくつか知っておいた方が良いマナーがあります。次の項目では、年賀状の宛名の記入欄に関するマナーについて、詳しい解説を行っていきます。
Kxdq6tyxntiunm2yuep1
年賀状の宛名は手書きで記入するもっとも大事な部分です。宛名をしっかりと正しい記入方法で書くことが、マナーを重んじた年賀状作成の第一歩であると言えます。しっかりと認識して、失礼のない年賀状作成を目指しましょう。
H6sku71nmehgmnnayhzr
まず、年賀状の宛名のマナーでもっとも重視する点は「色」です。年賀状は色の付いたカラーペンなどで書くことはNGです。そのため、基本的に年賀状の宛名は黒色の太文字で書くことが正しいマナーであるとされています。しかし、黒色だけではなく、場合によっては青色もOKであると言われているため、年賀状の宛名は黒色か青色で記入することが推奨されているということを覚えておきましょう。
U3veixzalnlushxeywv9
意外と間違えてしまいやすいのが、相手の名前です。相手の名字が普段から良く使われているような感じではなく、旧字体の文字であった場合などは、間違えてしまったときに目も当てられなくなってしまいます。しっかりと相手の名字を間違えないように、漢字を把握しておくことをおすすめします。
Oipdhxhblnvkxugicd0l
年賀状を書いていて良く起こりがちなのが、文字を間違えてしまうことです。「捨てるのももったいないし、修正液で直せばOKだろう。」と考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、年賀状に修正液や修正テープなどを使うことはマナー違反であると言われているため、基本的にはNGです。
Acf0icqw9pew3hp6dlu2
年賀状を書いている途中で、誤字脱字に気付いて間違いがあった場合は、どんなに間違っている箇所以外が丁寧に書けていたとしても、最初から書き直すようにしましょう。ちなみに、書き間違えた年賀はがきは郵便局に持っていけば1枚につき、5円と交換してくれます。
Jwcm8iqrg0rmo3kg3u4m
年賀状をボールペンで書くことは、細い文字となってしまうためNG。こう前述しましたが、具体的にどのようなペンが年賀状にふさわしいペンとしておすすめなのでしょうか。
L3lqhoihydrcgqc5lnj8
年賀状におすすめのペンは、ボールペンではなく筆ペンや毛筆、太字で書ける万年筆などです。次の項目では、ボールペン以外でおすすめの年賀状に使えるペンを、さらに具体的にご紹介していきます!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51P07CB0rmL._SL1000_.jpg
呉竹の「美文字 完美王」は、従来の筆ペンと違って、自動的に程良い具合でインクが出てきてくれるので、すらすらと楽に年賀状に適した太文字を書くことができる優れものです。筆ペンを使っていると良く起こってしまいがちな、インクのぼた落ちなども徹底的に防止された作りとなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51UAxdcIMgL._SL1000_.jpg
本格的な毛筆を使って年賀状を書くのには少し抵抗があるという方は、この「美文字 完美王」がおすすめです。楽に美しい太文字を書き上げて、マナーを重視した年賀状を完成させましょう。
呉竹 筆ペン 美文字 完美王 XO50-10S 毛筆中字
価格 ¥ 382
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Qc-VkyFoL._SL1156_.jpg
万年筆の中でも特におすすめなのが「DUKE 黒い万年筆 中字 極太字」です。この万年筆は、文字を書く際に角度を調整することで、自由に文字の太さを変えることができる優れものです。書きやすさもとても優れているので、年賀状だけでなく、さまざまなシーンで使うことが可能な万能タイプの一本。
DUKE 黒い万年筆 特殊ペン先 、中字 極太字(0.7- 1.2 MM)  ペン画 手書きとアートの描画‘
価格 ¥ 2,375
Yov3ocdfqrwaeinojoiw
年賀状をボールペンで書くことは、必ずしもマナー違反に当たる訳ではありません。しかし、相手が礼儀を重んじる人であった場合は、失礼だと思われてしまう可能性が高いです。年賀状を送る相手が仲の良い友人や、フランクな上司であった場合は年賀状をボールペンで書くのもありですが、年齢の離れた上司や取引先の人に年賀状を送る際は、マナーを重視した年賀状作成を心掛けるようにしましょう。

関連記事