P06wupm7bxlkze1hmfqt

CATEGORY | 服

スーツのポケットに関するマナーを紹介!ふたの出し入れの使い分け方は?

2019.03.14

スーツのポケットのふたは入れるのと出すの、どちらが正しいかと聞かれて、即答できる若者は少ないことでしょう。実はスーツのポケットのふたに関するマナーは、場の種類によっても異なります。そこで今回は、マナー違反にならないスーツのポケットの扱い方について、お話しします。

目次

  1. スーツのポケットのふたの役割
  2. スーツのポケットのふたのマナーの基本
  3. スーツのポケットのふたのマナー①ビジネスシーン
  4. スーツのポケットのふたのマナー②結婚式
  5. スーツのポケットのふたのマナー③就職活動
  6. 人に会う前に必ず身だしなみを整えよう

スーツには「シングル」と「ダブル」の2種類があります。その種類の違いはボタンの並び方にありますが、若者はシングルを、役職がある方がダブルを着ることが多いです。どちらの種類のスーツにも、当然ポケットはついています。スーツのポケットはモノを入れるためのものですが、ふたは何のためについているか、改めて聞かれると戸惑うかもしれませんね。

スーツのぽいけっとのふたには、内部にホコリや汚れが入らないようにする役割を担っています。そのため、屋外にいる時と室内にいる時では、スーツのポケットの扱い方が異なるのです。それを知らないままでいると、マナー違反と思われることがあるので注意が必要です。

実はスーツのポケットのふたの扱い方にも、決まったマナーがあります。それは、雨や風、ホコリなどがポケットに入る可能性が高い屋外では、スーツのポケットのふたを必ず出すことです。

しかし、室内にいる時にはそうした配慮は不要なので、スーツのポケットのふたは中に入れ込むのがマナーです。営業職が取引先の担当者と会う際には、スーツのポケットのふたの状態を必ず確認したいところです。見る人が見れば、マナー違反だと気付かれ、マイナス評価につながる可能性があります。

では、スーツを着る場面の種類によって、ポケットのふたをどうすべきかについて、整理しておきましょう。まず、ビジネスシーンでのマナーです。取引先を訪問するなどの目的で屋外を歩く時、あるいは現地調査など外での作業の時には、ポケットのふたはきちんと出しておきましょう。

ですが、内勤職の方の場合は、オフィスに入る際にポケットのふたを中にしまうのがマナーです。その場合は、通勤時だけスーツのポケットのふたを外に出すようにしてください。年配者のなかでも、スーツに興味・関心の高い人は、着方のマナーをチェックしています。特に取引先の方と会う時には、細心の注意を払いましょう。

結婚式や披露宴といったフォーマルな席では、スーツのポケットのふたを出すべきかどうか、迷う男性が多いです。礼服をはじめとするフォーマルスーツのポケットには、ふたがついていないのが一般的です。

そのため、スーツでフォーマルな席に参加する時には、必ずポケットは中にしまいましょう。それがマナーです。

1 / 2