Cayvpve9jcjvdjzs2xvp

CATEGORY | 服

タートルネックの首元の折り方!流行の着こなしは?【レディース】

2019.03.19

タートルネックは、レディースコーデのヘビロテアイテムの一つです。ですが、タートルネックの折り方によって、首元のラインが変わり着こなしの妨げになることもあります。そこで今回は、タートルネックの折り方について、内側に折る方法なども含めて紹介します。

  1. タートルネックの折り方の基本
  2. タートルネックの折り方①ざっくりしたニット
  3. タートルネックの折り方②ピッタリしたニット
  4. タートルネックの折り方③大きめのニット
  5. タートルネックの折り方④ニットのワンピース
  6. タートルネックの折り方⑤ニットのポンチョ
  7. タートルネックの織り方で着こなしを楽しもう!

ラフに折るのが基本

タートルネックを着る時、折り方をどうしたらよいかわからないという人が、案外多いようです。首元のあしらいは、レディースコーデに大きな影響を与えるので、キレイに見える折り方にしたいですよね。タートルネックは、外側に1~2回折ってスッキリ見せるのが、折り方の基本です。1回折って首元が長く感じる人は、2回折ると覚えましょう。ですが、レディースコーデによっては、首元の内側に折ることもあります。

関連記事

折る方法

首元がゆるめのざっくりしたタートルネックセーターなどを着る時の折り方は、外側に1回がよいでしょう。タートルネックの首元の重みで前に倒れてくるので、オフタートルのような印象を与えます。上半身にボリュームがあるので、ボトムスはシンプルなものを合わせたレディースコーデがおすすめです。

折らない方法

タートルネックの首元が長くない場合は、折らずにたてるのもおすすめです。これなら首元が温かいので、防寒対策にも一役かってくれます。ボトムスを黒スキニーにすると、足が細く見えるシンプルなレディースコーデになります。

外側に折る方法

身体のラインがわかるピッタリとしたニットの多くは、首元が長めにできています。そのため、外側に1回折るのが基本的な折り方です。ピッタリニットの場合は、首元をスッキリ見せる方がコーデしやすいので、首の長さに合わせて折る回数は調整しましょう。

内側に折る方法

人とは違う折り方にしたいなら、タートルネックを内側に折ってみましょう。タートルネックを内側に折ると、まるでハイネックのように見えるのです。外側・内側の折り方を日によって変えれば、同じタートルネックでも着こなしのバリエーションが増えるのでおすすめです。

首元でくしゅくしゅにする方法

さらにピッタリニットの場合は、タートルネックを首元でくしゅくしゅにするという方法があります。ラフにたるませるだけで、ニュアンスが生まれるのです。この方法なら、トップスとして1枚で着る時でも、ワンピースやカットソーのインナーとして使う時も重宝します。

折らない方法

やわらかい素材のタートルネックなら、折らないもの一つの選択肢です。袖口が広がるなど、ニュアンスのあるピッタリニットを着る時には、首元がスッキリしている方がおしゃれに見えることがあるからです。
1 / 2